夢をかなえる勉強術

最高の学習環境で完全1対1個別指導授業 学習塾と家庭教師のいいとこどりの新しい学習スタイル 郡山市のプロ家庭教師集団:駿英家庭教師学院専任講師スズキが成績がぐんぐん上がる勉強法のノウハウを教えます!駿英家庭教師学院の専任講師は勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

【大学受験】過去問を制する者は受験を制する!過去問の使い方

time 2022/02/10

【大学受験】過去問を制する者は受験を制する!過去問の使い方

受験生にとって、過去問演習は避けて通れないものです。しかし、多くの受験生が過去問の利用で失敗していることをご存じでしょうか。”高3の冬から練習を始めよう!”と思っている方。このままでは、合格からどんどんと遠のいてしまうかもしれません。過去問は試験勉強の中で最も重要なものであると言っても過言ではありません。過去問をうまく使えば、どうすれば最短で合格点を取れるかがわかるからです。難関大学に合格する人は、みんな過去問の使い方がうまいんです。過去問を使うことで、合格するために何をすればいいのかがよくわかる。今回は、最短で合格点を取るための過去問の活用法を解説します

目次

過去問の活用方法には2種類ある

過去問の活用には2つのタイプがあります。まず、大学入試の勉強を始めるにあたって、「経験的」な意味で試験の最終目標を知っておく必要があります。そして、ある程度基礎が固まったら、志望校に最短距離で近づくための「分析」があるのです。要するに、過去問を使うかどうかは、今の実力次第ということです。過去問を自分に合った形で活用すれば、学習の質はより高まります。

実力が合格レベルに達していない時期の過去問活用

1.とりあえず1回解いてみる

「過去問は点数が取れるようになったら落ち着こう」と思ったことはありませんか?

たしかに、基本がわかっていないと全然点数が取れないし、過去問も無駄だと感じるかもしれません。しかし、これは大きな間違いです。志望校を決めたその日に、過去問を精算することが大切です。なぜなら、早い段階で明確な目標を持たなければ、学習プログラムは無駄だらけになってしまうからです。例えば、「ゴールがどこかわからないマラソンを走れ」と言われたら、あなたはどうしますか?「どこまで走ればいいんだ?」「この道でいいのか?」「どれくらいの速さで走ればいいんだ?」 と思ってしまうと思います。

過去問を解かずに受験勉強をするのは、ゴールを知らずにマラソンをするようなものです。過去問を解き、学習目標を明確にすることで、「どれくらいのスピードで勉強すればいいのか」「どんな勉強をすればいいのか」が明確になります。しかし、もちろん最初は、過去問に取り組むことに抵抗を感じるかもしれません。「もし、まったく点数が取れなかったらどうしよう」とか、「ここから本当にスコアが伸びるのか?」とか不安になりますよね。しかし、遅かれ早かれ、これらのことをやらなければならなくなるのです。冬になってから過去問を解いてみたら、全く歯が立たたなかった…なんてことになったら、もう手遅れです。最初は合格最低点に達していなくてもかまいません。正しい手順を踏めば必ず点数は上がります。「もっと早く解いておけばよかった」と後悔する前に、一刻も早く過去問を解いて、相手より一歩先に進みましょう。

経験として過去問を解く場合は、志望大学の3~5年前の試験問題を解いてみてください。あまり時間が経ってしまうと、出題傾向が変わってしまい、参考にしづらくなってしまいます。自分が応募する学科を使うのがベストですが、学科間であまり問題が違わないのであれば、文理の区別だけで学科でも大丈夫です。また、直近の過去問は冬になってからの力試しにとっておきましょう。

2.過去問分析をする

過去問を解いたら、”どうしたらスコアが伸びるか?”を一生懸命分析することです。

過去問は、過去の試験で出題された問題です。つまり、過去の試験で高い点数を取ることができれば、本番の試験でも高い点数を取ることができるのです。そのため、どうすればスコアを伸ばせるかを考えることができれば、無駄なく勉強計画を立てることができます。勉強の計画をしっかり立てれば、点数はすぐに上がります。例えば、英語なら、単語で失敗しているのか、文法で失敗しているのか、判断する必要があります。そうすることで、最短の時間で勉強することで点数を上げることができます。分析するときは、必ずメモを使い、丁寧に分析することが大切です。ただし、質問を書き写すのは時間の無駄なので、必要最低限の情報のみをノートに書き留めるようにしましょう。過去問の分析がうまくいけば、点数アップにつながる質の高い学習プランをいち早く作成することができます。効率的な学習計画とは、過去の試験で合格点をできるだけ早く取れるようにすることです。効率的な学習計画を立てるには、過去問に取り組んだ後に、できるだけ丁寧に分析するようにしましょう。

3.3か月後にもう一度解いてみる

数ヶ月勉強していると、最初は全くわからなかった問題がだんだんわかるようになってくるはずです。ちなみに、この「わからない部分の理解」を早い段階で感じている学生は、成績がどんどん伸びていきます。分かれば分かるほどモチベーションが上がり、過去の問題の分析もしやすくなります。「こうすれば、点を取れる!」というようなものが見つかったらしめたものです。勉強計画が間違っていないという証なので、その調子で勉強を進めていきましょう。最も重要なことは、試験の途中で計画がうまくいかなくなり、変更を余儀なくされる場合があるということです。計画通りに学習がすすむひとは稀です。うまくいかないことを受け入れて、少しずつでも前に進んでいくように心がけましょう。そうすれば、少しずつ点数が上がっていき、いつか「本当に志望校に合格できる!」と思えるようになるはずです。

実力が格圏に近づいてきてからの過去問活用法

次に、参考書がある程度完成し、基礎が固まり、志望校対策ができるようになったら、過去問の使い方を紹介します。過去問をうまく活用できなければ、単純に点数が伸びず、ほとんどの学生がここで勉強をやめ、志望校を変更してしまいます。ところが、学生が最もつまづきやすいところはチャンスなのです。過去問をうまく活用して点数を上げることができれば、他の受験生に大きく差をつけることができるからです。

1.本番を想定して、丁寧に問題に取り組む

基本を学び終えたら、いよいよ本番、過去作に挑みます。基礎が完成していない過去の試験とは違い、これからは本気で合格点を目指してください。過去問に取り組む際は、時間制限を意識する必要があります。最初のうちは、制限時間内に終わらせることが難しいかもしれません。その場合、制限時間内に終了した箇所に印を付けてください。そうすることで、実際にどれくらいのスピードでパズルに取り組めばいいのかがわかります。そして、最も重要なことは、時間内に終わらない場合でも、すべての問題を完成させることです。進まない学生にありがちなのが、制限時間内に終わらなかった箇所を解かず、答えだけ見てしまうことです。そんなことをしていては、点数は伸びません。過去問をやれば点数が上がると思っている受験生はたくさんいます。しかし、過去問だけでは点数は伸びません。大切なのは、過去問を解いた後に分析し、次にどんな勉強をするかを決めることです。

2.欠点を丁寧に分析し、目標点数と次回の対策を決める

過去問に取り組んだ上で、どうすれば点数が伸びるかを分析しましょう。この分析で重要なのは、どうすればプラス10%を獲得できるかを考えることです。配点が分からないときは正答率で構いません。今回の過去問で40%の正答率だったら、どうすれば、50%まで上げられるか分析するのです。私立大学入試や国公立の2次試験で合格するには、概ね60%の得点が求められます。いきなり正答率を20~30%も上げようとするとやることが多くなりすぎてしまい、何から手を付けてよいか分からなくなってしまいます。「あと10%アップするにはどうすればよいか?」と考えることで、次に取り組むべき勉強が絞り込めるのです。こうすればもっといい点数が取れる!というのがわかると、モチベーションも高まります。

また、問題集や参考書を使って勉強するときも、いつまでに終わらせるかを期日を決めておく必要があります。目標が明確に定義されていないものは、成功しません。現実的な数字に基づいた計画を立てれば、成功率はぐっと高まります。ただし、前述したようにほとんどの計画は失敗するので、改善できることを前提に、余裕のがる計画を立てることが大切です。苦手克服をしたら、もう一度過去問に挑戦してみましょう。

3.実際の入試に即した対策をする

ある程度実力がついたら、自分なりに工夫して過去問を解いてみてください。問題の解き方を工夫することで、自分の力を100%発揮することができるようになります。

もし、時間が無制限ならもっといいスコアが出るのに、と思うのなら、問題を解く順番を変えるだけで、大幅にスコアが伸びるかもしれません。以下に、問題の解き方を工夫するヒントをあげておきます。

・出題傾向を把握しておく。

・制限時間をフル活用できるように解く順番を工夫する。

・問題数を把握し、捨て問題を決める。

・核問題への時間配分を決めておく。

・何分間考えるか決めておく。

それぞれの問題に対して、どのように向き合っていくかを考えることで、冷静に問題を解決することができます。また、各問題にかかる時間を測定することで、どこが不足しているのかを確認することができます。過去問を徹底的に分析し、自分なりの解き方を作り上げてきましょう。

過去問演習3つのポイント

(1)過去問には必ず時間を計って取り組むこと

過去問は必ず時間を計ってください。過去問は、本番の試験に最も近い練習ができるものです。時間を計って練習しないと、問題の解き方や時間配分を頭の中で練習する本当の効果が薄れてしまいます。もちろん、最初から時間内に全部の問題を解けるとは限りません。時間内に解けない場合は、時間を延長して解いてもかまいません。しかし、時間を計って過去問演習をすることで、限りなく本番に近い練習ができます。

(2)演習に活用する

手に入った全ての過去問を分析に使ってしまうのはもったいありません。実力を試したいときに過去問がそれほど残っていないこともあります。ですから基本的にはこれまでインプットしたも知識を試すために過去問を使うのがいいと思います。ただし、解きっぱなしにせず、ミスした問題はしっかり解き直しをしておくようにしましょう。

(3)最低でも5年以上行う

過去問は最低でも5年分やりましょう。過去問は、志望校から与えられる重要なデータです。一度だけでは、学校の傾向や特徴を把握することはできません。これを5年ぐらいやれば、志望校の問題の傾向や特徴がわかるようになります。

 


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

おすすめ教材

ここからは、中学生にお勧めの教材を紹介します。高校生にお勧めの教材はこちらをご覧ください。

英語

キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル 改訂版 キクタン【Entry】2000

キクタンは文字通り耳で覚える単語集(CD2枚収録)。教科書に出てくる単語だけでは不十分。定期テストは乗り切ることができても、実力テストでは教科書に出ていないものもバンバン出てきます。中学生必携の単語集です。

ひとつずつすこしずつホントにわかる

文法事項が詳しく説明されています。この参考書の良いところは動画で授業をしてくれるところ。英語嫌いの生徒でもすんなり頭に入るでしょう。

英語をひとつひとつわかりやすく

「ホントにわかる」シリーズよりも内容は易しめ。監修は山田暢彦先生。このテキストを使ってYouTubeでとってもわかりやすい授業を公開しています。

NOBU先生のやさしい解説で中学英語

こちらのテキストは教科書準拠。丁寧な解説に教科書の内容に沿った問題で学習を進めることが可能です。付属のCDでリスニング対策もばっちり!

高校入試合格BON!英語

中学3年間の基礎がコンパクトにまとまっています。高校入試の準備として使うと効果的です。

数学

ひとつずつすこしずつホントにわかる 

とても見やすく、動画付きで理解もしやすい教材。基礎から徹底的に学習するのにぴったりです。

中学チャート式数学

数学と言えば数研出版。中学生用のシリーズもご多聞に漏れず秀逸です。数学が好きな生徒にはピッタリ。自学でもメキメキ実力アップ。

高校入試合格BON!数学

中学数学の総まとめ教材。カラーページが多く、数学嫌いの生徒や数学が苦手な生徒でも取り組みやすくなっています。

国語

出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)

現代文のカリスマ講師、出口汪による教材です。中学生向けに書かれていますので、わかりやすい表現になっています。文章の読み方、問題の解き方などを徹底的に解説。現代文が苦手な高校生にもおすすめです。

出口の国語レベル別問題集 (基礎編)

国語は一度得意科目にしてしまえば、勉強をしなくてもコンスタントに高得点がとれる教科です。理論編で問題の解き方を学んだあとは、こちらの問題集で力を定着させましょう。

理科

マイスタディガイド 中学理科

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。理科の暗記学習はこれでばっちり!

ひとつずつすこしずつホントにわか

付属のネット動画がとてもわかりやすく、まるで家庭教師の授業!基礎から標準レベルの力をつけるためには最適なテキストです。

図でわかる中学理科1分野・2分野

タイトル通り、図や表がふんだんに盛り込まれたビジュアル参考書。勉強の仕方も説明されているので、テキスト通りに勉強を進めていけば、中学理科の各分野の理解が深まります。

高校入試合格BON!理科

基礎から標準レベルの知識を効率的に身に着けることができます。一人でも学習を進めやすく、編者のこだわりが随所に感じされます。

社会

マイスタディガイド中学社会

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。社会の暗記学習はこれでばっちり!

学研パーフェクトコース

ハイレベルな参考書。社会が大好きな生徒はこの一冊でどんどん自学を進めるとぐんぐん実力がアップします。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学地理

地理はやみくもに暗記してモス部に忘れてしまいます。地図と関連付けながら覚えていくのがポイントです。こちら教材の動画を見なが具体的なイメージを描いて勉強を進めていくことができます。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学歴史

歴史の勉強は、頭の中に年表を作ることが重要。この教材は動画と連動した学習で、現代までの時代の流れを無理なく覚えていくことができます。

チャート式基礎からの中学歴史

数学に定評のある数研出版社のテキスト。社会の教材ではことらがおススメです。演習書が付属しており、定期試験対策だけでなく、自高校入試の対策にも最適です。

まんが攻略BON!中学歴史 

こちらの教材は問題集ではありませんが、苦手教科の対策の第一歩としておすすめの教材です。名前の通りマンガで解説されていますので、スイスイ読み進めることができます苦手な人が多い歴史、公民、古文などをはじめとして、ほぼ全教科がそろっています。毎日気軽に触れることで苦手意識がなくなっていきます。

中学公民をひとつひとつわかりやすく。

公民は身の回りの生活に深くかかわっており、内容的に社会の中で最も理解しやすい分野です。こちらのシリーズで定評のある動画授業でぐんぐん理解が進みます。

わからないをわかるにかえる中学公民

公民が苦手な生徒にはこちらがおススメ。基本からしっかり教えてくれるます。

高校入試対策

「やさしくまるごと」シリーズ

基礎基本をしっかりと身に着けたい生徒向け。YouTube動画の授業で無理なく勉強を進めることができます。この教材でまずは偏差値40台を目指しましょう。

「高校入試合格BON!」シリーズ

偏差値50を目指す生徒におススメ。標準レベルの内容で3年間の学習内容を総復習できます。このテキストを完ぺきにこなせるようになったら、上のレベルにすってっぷアップしましょう。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 

受験生の50%以上が正解できた入試問題だけを集めているため効率的に基本問題を復習することができます。全ての問題に「受験生のどれくらいが解けた問題なのか」という正答率が表示されています。1ページあたりの問題量も少ないため無理なく進められ、モチベーションアップにつながります。

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題

こちらの問題集は受験生の50%以下の生徒しか解くことができなかった難しい問題を集めた問題集です。偏差値は相対評価なので、みんなが解けない問題を解くことができるようになれば偏差値60が突破できるようになってきます。こちらの問題集もすべての問題に正答率がついています。正答率30%以下の問題が解けるようなれば、実力は相当なものです。何度も何度も繰り返し解いて応用力を伸ばしましょう。

「高校入試 塾技」シリーズ

Z会の現役塾講師が、塾独自の理科「塾技」を公開。  学校では教えてくれない「塾技」が学べます。偏差値60台前半の子には難しいところがあるようですが、偏差値70超の子にはほどよいらしく、よくまとまっていて良いと喜ばれました。基礎的なことを勉強したい人より、さらに難しいことを勉強したい人向けです。著者運営サイト「塾講師が公開! 高校入試 理科 塾技80」で、無料補充問題を公開しています。

 全国高校入試問題正解シリーズ

偏差値60以上の生徒向け。前年度の公立高校と主な国立・私立および高等専門学校の入試問題を収録した過去問集。電話帳並みのボリュームなので、自分の苦手なパターンの問題をピックアップして取り組んでみましょう。過去問は、入試のための実力養成に最適の問題集です。

「高校入試虎の巻」シリーズ

都道府県ごとに出版されています。自分が受験する都道府県の虎の巻を使って過去問練習をすることで、自分の実力を確認することができます。各教科単元別に編集されていますので、苦手分野を集中的にトレーニングすることも可能です。

最高水準問題集高校入試数学 

難関国私立高校入試で出題された問題を中心に編集されています。学校や塾の勉強では全く物足りない方はこちらの問題集でトレーニングをしましょう。こちらの問題集は超難問でも得点できる力をつけるための勉強として取り組んでほしい教材です。かなり骨のある問題が掲載されていますが、この問題集の良いところは解説が丁寧である点です。この問題集の全問制覇はとてつもなく難しいです。偏差値70未満の生徒は手出しをしないでください。

おすすめ教材

コラム

中学受験

勉強のコツ

受験情報

受験生の保護者様へ

国語

大学受験対策

数学

未分類

生徒募集

社会・理科

英語

試験対策

資産運用

Count per Day

  • 631147総閲覧数:
  • 192今日の閲覧数:
  • 271昨日の閲覧数:
  • 135今日の訪問者数:
  • 229昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー