福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【英語】英語長文読解力&リスニング力パワーアップトレーニング教材 2 全文 ”八村塁を育てた名伯楽(Mei Hakuraku who nurtured Rui Hachimura)”

time 2022/05/30

【英語】英語長文読解力&リスニング力パワーアップトレーニング教材 2 全文 ”八村塁を育てた名伯楽(Mei Hakuraku who nurtured Rui Hachimura)”

リスニングトレーニング教材文

※リスニングトレーニングの仕方については記事後半で解説しています。

※この記事は読売中高生新聞2019/08/23に掲載されたものです。

音声

 

英文スクリプト

Mei Hakuraku who nurtured Rui Hachimura.

“Hakuraku” was originally the name of a legendary horse appraiser in ancient China, but now the word has become a term to refer to a person who has the ability to see the superb talents inside other people.

There is a basketball coach who denies any suggestion that he is a “mei [great] Hakuraku.” Today, his responses are known nationwide. He is Joji Sakamoto, 59, who coached Rui Hachimura, the 21-year-old from Gonzaga University in the United States, when Hachimura was a junior high school student. I told him to target the NBA,but that was an excuse to make him practice hard. Sakamoto recalled.

However, Hachimura took it seriously. He went to the gym earlier than anybody else to practice and the dream came true nine years later.
In the NBA draft, Hachimura became the first Japanese person to be selected in the first round. Sakamoto was at a company he runs in Toyama. There, 2-1/2 hours after the draft pick, Sakamoto received a phone call. “I did it.Everything started with you, coach.” I saw a photo of Sakamoto crying with a cellphone to his ear in The Yomiuri Shimbun’s Tokyo evening edition yesterday. A conscientious student, an austere “mei hakuraku” – a refreshing breeze came from Toyama.

I never knew such an “excuse” could foster such a large, prosperous person.

和訳

八村塁を育てた名伯楽

「白楽」とは、古代中国の伝説的な馬の鑑定士の名前であるが、今では「人の中にある優れた才能を見抜く力」を持つ人を指す言葉になっている。

あるバスケットボールのコーチが、自分は “名伯楽 “ではないと否定している。今、その答えは全国に知れ渡っている。米国ゴンザガ大学出身の八村塁選手(21歳)を中学時代に指導した坂本穰治さん(59歳)である。NBAを目指せと言ったが、それは厳しい練習をさせるための口実だった。坂本は、こう振り返った。

しかし、八村はそれを真に受けた。誰よりも早くジムに行って練習し、9年後にその夢が実現した。

NBAのドラフトで、八村は日本人として初めて1巡目に指名されたのだ。坂本は、富山で経営している会社にいた。そこで、ドラフト指名から2時間半後、坂本に電話がかかってきた。「やりましたよ、すべては監督から始まりました」。携帯電話を耳に当てて泣いている坂本の写真を、読売新聞の東京版夕刊で見た。

昨日の読売新聞東京夕刊で、坂本が携帯電話を耳に当てて泣いている写真を見た。良心的な学生、渋い名伯楽、富山からさわやかな風が吹いてきた。

これほど人を大きく豊かに育てた口実を私は知らない。

スラッシュ

Mei Hakuraku

名伯楽

who nurtured Rui Hachimura.

八村塁を育てた

“Hakuraku” was originally the name

伯楽はもともと名前である

of a legendary horse appraiser

伝説的な馬の鑑定人の

in ancient China,

古代中国において

but now

しかし今は

the word has become a term

その言葉は用語なっている

to refer to a person

人を指す

who has the ability

能力を持っている

to see the superb talents

優れた才能を見る

inside other people.

他者の内面の

There is a basketball coach

バスケットボールコーチがいる

who denies any suggestion

提示を否定している

that he is a “mei [great] Hakuraku.”

彼が名伯楽であるという

Today, his responses are known

今日、彼の返答は知られている

nationwide.

国中に

He is Joji Sakamoto, 59,

彼は坂本穰治、59歳

who coached Rui Hachimura,

八村塁をコーチした

the 21-year-old from Gonzaga University in the United States,

21歳アメリカのゴンザガ大学出身大学出身

when Hachimura was a junior high school student.

八村が中学生だった時

I told him

私たちは言った

to target the NBA,

NBAを狙え

but that was an excuse

しかしそれは言い訳だった

to make him practice hard.

彼をハードに練習させるための

Sakamoto recalled.

坂本は振り返った

However, Hachimura took

しかしながら 八村は受け止めた

it seriously.

それを 深刻に

He went to the gym

彼は行った 体育館に

earlier than anybody else

早く 他の誰よりも

to practice

練習のために

and the dream came true

そして夢をかなえた

nine years later.

9年後

In the NBA draft,

NBAドラフトで

Hachimura became

八村はなった

the first Japanese person

最初の日本人に

to be selected in the first round.

1巡目で選ばれた

Sakamoto was at a company

坂本は会社にいた

he runs in Toyama.

彼が富山で経営している

There, 2-1/2 hours after

そこで、2時間半後

the draft pick,

ドラフト選択の

Sakamoto received a

坂本は受け取った

phone call.

電話の着信を

“I did it.

私はやりました

Everything started with you, coach.”

全ては始まりました あなたと共に コーチ

I saw a photo

私は写真を見た

of Sakamoto crying with a cellphone to his ear

坂本の泣いている 携帯電話と共に 彼の耳に当てた

in The Yomiuri Shimbun’s Tokyo evening edition

読売新聞の東京夕刊で

yesterday.

昨日

A conscientious student,

誠実な生徒

an austere “mei hakuraku

飾り気のない名伯楽

– a refreshing breeze came from Toyama.

さわやかな風が来た 富山から

I never knew such an “excuse”

私は今まで知らない そんな言い訳を

could foster such a large, prosperous person.

育てることができる そんなに大きく、成功した人を

単語・イディオム

nurture「nˈɚːtʃɚ」他動詞 育てる

appraiser「əpréɪzər」名詞 鑑定人

refer to 言及する, 〈代名詞が〉〔名詞などを〕さす

superb 「sʊpˈɚːb」形容詞 すばらしい

conscientious 「kὰnʃiénʃəs」 形容詞 誠実な

austere 「ɔːstíɚ」形容詞 (道徳的で)厳しい,質素な 飾り気のない,簡素な.

foster 「fˈɔːstɚ」動詞〈実子でない子供などを〉(実子のように)育てる,養育する; 世話する.

prosperous 「prάsp(ə)rəs」形容詞 繁栄した 成功した

リスニングトレーニングの仕方

1.聞き読み

「聞き読み」とは、英語の音声を聞きながら、スクリプトを黙読する練習です。この学習方法を実践すれば、英語を語順通りに読み下す習慣が身につきます。英文を日本語に訳しながら聞いているため、音声のスピードでは内容を理解できない場合に有効です。

音声を聴きながらスクリプトを読み、その意味を把握しましょう。「聞き読み」のポイントは、英語の語順に慣れることです。英語の音声にリードしてもらいながら英語を読んでいきましょう。

以外かもしれませんが、最初は1.5倍の速度で聴いてみてください。ある程度聞き取れるようになってきたら、標準の速度に戻してみましょう。1.5倍に慣れておくと、標準の音声を驚くくらい聞き取れるようになっています。

2.オーバーラッピング

「オーバーラッピング」とは、英語の音声を聞きながら、自分でスクリプトを音読することです。自分で発音してみることで、頭の中で想像している音と実際に耳で聞いた音の違いに気づくことができます。英語の音声についていけない場合は一文ずつ音声を再生し、一時停止して、英語の文章のリズムや音の強弱をよく聞いて、聞こえてくる音を真似して発音してみます。

3.シャドーイング

「シャドーイング」は、英語の音が流れるとそれを真似して発音し、できるだけ早く復唱するというものです。これは、前項の繰り返し(一文ずつ暗唱する)よりも、間髪入れずに聞き取り、話さなければならないので、より厳しいものとなっています。詰め込みすぎや繰り返しと同様、聞き慣れない音が多い方におすすめです。スクリプトを見ないで「シャドーイング」をするのが理想ですが、負担が大きいと感じたら、スクリプトを補助的に見ることもできます。最終的には、スクリプトを見なくても、その文章を真似して暗唱できるようになることを目標にしましょう。

「シャドーイング」のポイントは、抑揚、音の強弱をよく聞いて真似することです。そうすると、重要な単語が力強く、リズミカルに発音されていることが納得でき、聴いたときにその重要なポイントを聞き取ることができます。最初は時間が足りず、ついて行くのに精一杯かもしれませんが、同じパッセージを何度も辿って、正確に言えるようになるまで頑張ってください。

「シャドーイング」の仕上げの段階では、スマートフォンやテープレコーダーで録音するとよいでしょう。録音して客観的に聞くと、自分の発音とお手本となるネイティブスピーカーの発音の違いを明確に認識することができるようになります。面倒くさい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、リスニングと同時にスピーキングも鍛えられるので一石二鳥です。

4.ディクテーション

「ディクテーション」とは、音声を聞いて、一つ一つの単語を正確に書き取る学習方法です。この方法は、ある音が聞き取れないが、なぜ聞き取れないのかがわからないという方におすすめです。

「ディクテーション」はリスニング力を高める方法の一つですが、リスニング力だけでなく、ライティング力を強化することもできます。単語は聞こえても、スペルがわからないところがあるかもしれません。正しいスペルをチェックして、文章力をアップさせましょう。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

TOPへもどる

Count per Day

  • 661311総閲覧数:
  • 268今日の閲覧数:
  • 347昨日の閲覧数:
  • 180今日の訪問者数:
  • 211昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー