福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【英語】長文読解&リスニング パワーアップトレーニング教材 10(1/2)人と車の共生の道

time 2022/07/19

【英語】長文読解&リスニング パワーアップトレーニング教材 10(1/2)人と車の共生の道

リスニングトレーニング教材文

※リスニングトレーニングの仕方については記事後半で解説しています。

※この記事は読売中高生新聞に掲載されたものです。

音声(YouTube動画)

英文スクリプト

What’s projected in the eyes of children trudging on a road?

When looking at the “Kodomo no Shi” (children’s poems) section carried in The Yomiu’ri Shimbun for decades, I often encounter poems on the subject of a stroll.

There are poems about listening to little birds singing, finding insects and wildflowers, and one third-grade elementary school boy wonders at his shadow sticking to his feet and never leaving.

“My shadow goes back and forth

like the shadow is taking a walk by itself.”

The day before, the sky over Otsu, Shiga Prefecture, was bright and clear. Under the sun, some children might have been admiring little birds, butterflies, flowers or shadow. A vehicle rammed into a group of nursery school children. The scene of the incident is too horrifying for the eyes of small children.

和訳

道をとぼとぼ歩く子どもたちの目に映るものは?読売新聞に何十年も連載されている「こどもの詩」のコーナーを見ていると、散歩を題材にした詩によく出会います。

小鳥のさえずりを聞いたり、虫や野草を見つけたり、小学校3年生の男の子は、自分の影が自分の足にくっついて離れないことを不思議に思っている。
ある小学校3年生の男の子は、自分の影が足にくっついて離れないことを不思議に思っています。

「僕の影は行ったり来たりして

影が一人で散歩しているようだ”。

前日、滋賀県大津市の空は明るく晴れ渡っていた。その太陽の下で、小鳥や蝶、花や影に見とれていた子供たちもいたかもしれない。その保育園児の集団に車が突っ込む。その光景は、小さな子どもたちの目にはあまりにも恐ろしく映る。

スラッシュ

What’s projected/ in the eyes /of children/ trudging /on a road?//

何が映った/その目に/子供の/てくてく歩いている/路上を//

When looking /at the “Kodomo no Shi” (children’s poems) section /carried/ in The Yomiu’ri Shimbun/ for decades,

見ている時/「子どもの詩」のセクションを/掲載されている/読売新聞に/何十年も

I often encounter/ poems /on the subject /of a stroll.//

私はよく出くわす/詩に/題材とした/散歩を//

There are poems /about listening /to little birds singing,/ finding insects /and wildflowers,/

詩がある/聞いたことについての/小鳥の歌を/虫を見つけたこと(についての)/そして野の花(についての)

and one third-grade elementary school boy wonders/ at his shadow sticking/ to his feet /and never leaving.//

そして一人の小学三年生の男の子が不思議に思った/彼の影がくっついていることを/彼の肢に/そして決して離れないことに//

“My shadow goes /back and forth/

僕の影は行く/後ろと前へ/

like the shadow is taking a walk by itself.”

にている/が怪我散歩している/それ自身で//

The day before,/ the sky /over Otsu, Shiga Prefecture, /was bright and clear.//

先日/その空は/滋賀県大津市上の/輝いて澄んでいた//

Under the sun, some children /might have been admiring /little birds, butterflies, flowers or shadow.//

太陽のした/何人かの子供たちは/眺めていたかもしれない/小鳥や蝶々や花や影を

A vehicle rammed into a group of nursery school children.

自動車が激しくぶつかった/グループに/保育園児の//

The scene/of the incident/ is too horrifying/ for the eyes /of small children.//

そのシーンは/その事故の/とても恐るべきものだ/目にとって/小さい子供の//

単語・イディオム

project「prάdʒekt」動詞 映す

trudge「trˈʌdʒ」動詞 てくてく[とぼとぼ]歩く

on the subject of ~に関して、~について

forth「fˈɔɚθ」 前へ

admire (…を)感心して眺める

ram 〈…に〉激しくぶつかる

horrifying 恐るべき、ぞっとさせる(ような)

リスニングトレーニングの仕方

1.聞き読み

「聞き読み」とは、英語の音声を聞きながら、スクリプトを黙読する練習です。この学習方法を実践すれば、英語を語順通りに読み下す習慣が身につきます。英文を日本語に訳しながら聞いているため、音声のスピードでは内容を理解できない場合に有効です。

音声を聴きながらスクリプトを読み、その意味を把握しましょう。「聞き読み」のポイントは、英語の語順に慣れることです。英語の音声にリードしてもらいながら英語を読んでいきましょう。

最初は1.5倍の速度で聴いてみてください。ある程度聞き取れるようになってきたら、標準の速度に戻してみましょう。1.5倍に慣れておくと、標準速度の音声が聞き取りやすくなります。

2.オーバーラッピング

「オーバーラッピング」とは、英語の音声を聞きながら、自分でスクリプトを音読することです。自分で発音してみることで、頭の中で想像している音と実際に耳で聞いた音の違いに気づくことができます。英語の音声についていけない場合は一文ずつ音声を再生し、一時停止して、英語の文章のリズムや音の強弱をよく聞いて、聞こえてくる音を真似して発音してみます。

3.シャドーイング

「シャドーイング」は、英語の音が流れるとそれを真似して発音し、できるだけ早く復唱するというものです。これは、前項の繰り返し(一文ずつ暗唱する)よりも、間髪入れずに聞き取り、話さなければならないので、より厳しいものとなっています。詰め込みすぎや繰り返しと同様、聞き慣れない音が多い方におすすめです。スクリプトを見ないで「シャドーイング」をするのが理想ですが、負担が大きいと感じたら、スクリプトを補助的に見ることもできます。最終的には、スクリプトを見なくても、その文章を真似して暗唱できるようになることを目標にしましょう。

「シャドーイング」のポイントは、抑揚、音の強弱をよく聞いて真似することです。そうすると、重要な単語が力強く、リズミカルに発音されていることが納得でき、聴いたときにその重要なポイントを聞き取ることができます。最初は時間が足りず、ついて行くのに精一杯かもしれませんが、同じパッセージを何度も辿って、正確に言えるようになるまで頑張ってください。

「シャドーイング」の仕上げの段階では、スマートフォンやテープレコーダーで録音するとよいでしょう。録音して客観的に聞くと、自分の発音とお手本となるネイティブスピーカーの発音の違いを明確に認識することができるようになります。面倒くさい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、リスニングと同時にスピーキングも鍛えられるので一石二鳥です。

4.ディクテーション

「ディクテーション」とは、音声を聞いて、一つ一つの単語を正確に書き取る学習方法です。この方法は、ある音が聞き取れないが、なぜ聞き取れないのかがわからないという方におすすめです。

「ディクテーション」はリスニング力を高める方法の一つですが、リスニング力だけでなく、ライティング力を強化することもできます。単語は聞こえても、スペルがわからないところがあるかもしれません。正しいスペルをチェックして、文章力をアップさせましょう。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

TOPへもどる

 

Count per Day

  • 661392総閲覧数:
  • 349今日の閲覧数:
  • 347昨日の閲覧数:
  • 202今日の訪問者数:
  • 211昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー