夢をかなえる勉強術

中学受験 高校受験 大学受験 勉強法 1対1個別指導 

【英語】長文読解&リスニング パワーアップトレーニング教材15(2/2)Olympics: Tokyo 2020 pictograms unveiled

time 2022/08/23

【英語】長文読解&リスニング パワーアップトレーニング教材15(2/2)Olympics: Tokyo 2020 pictograms unveiled

リスニングトレーニング教材文

※リスニングトレーニングの仕方については記事後半で解説しています。

※この記事は読売中高生新聞に掲載されたものです。

音声(YouTube動画)

英文スクリプト

The ’64 Games introduced 20 pictograms related to Olympic sports as well as 39 symbols to indicate the locations of such amenities as toilets and locker rooms. Based on the design and concept adopted for the ’64 Games symbols, the team in charge of the 2020 pictograms made some changes so that people would be able to better understand the characteristics of each event.

For example, the’64 judo pictogram featured a judoka wearing a black belt, while the new symbol depicts a competitor being thrown. Basketball is represented by a player dunking a ball. The creators “paid respect to designs from the previous Games,” an organizing committee official said.

Printmaker Tsunao Harada, 80, who was a member of the design team for the ’64 Tokyo Games, said: “The new designs inherit the simplicity of the ’64 pictograms, and also reflect the dynamism [of the events]. They are great to look at, and I think they will be cherished for many years to come.”

和訳

64年大会では、オリンピック競技に関連する20のピクトグラムと、トイレやロッカールームなどの設備を示す39のシンボルマークが導入されました。2020年のピクトグラムは、64年大会で採用されたデザインやコンセプトをもとに、各競技の特徴をよりわかりやすくするために、担当チームが工夫を凝らしました。

例えば、64年の柔道ピクトグラムは黒帯を締めた柔道家が描かれていたが、今回のピクトグラムは投げられた選手が描かれている。バスケットボールは、ダンクシュートをする選手で表現している。前回大会のデザインに敬意を払った」(組織委員会)という。

64年東京大会のデザインチームの一員だった版画家のハラダツネオさん(80)は言う。64年東京大会のデザインチームの一員だった版画家の原田綱雄さん(80)は「64年のピクトグラムのシンプルさを受け継ぎながら、競技のダイナミズムを反映したデザインになりました。見て楽しいし、長く愛されるピクトグラムになると思います」と語った。

スラッシュ

The ’64 Games introduced /20 pictograms/ related to Olympic sports /as well as 39 symbols/ to indicate /the locations of such amenities /as toilets and locker rooms.//

64年大会は紹介した/20のピクトグラムを/オリンピックスポーツと関係する/同様に39のシンボルを/表示するための/アメニティなどの場所を/トイレやロッカールームのような//

Based /on the design and concept /adopted /for the ’64 Games symbols,/

基礎は/デザインとコンセプトの/採用している/64年大会のシンボルの/

the team in charge /of the 2020 pictograms /made some changes/ so that people would be able /to better understand /the characteristics of each event.//

担当チームは/2020ピクトグラムの/いくつか変えた/人々ができるように/より理解することを/それぞれの競技の特徴を

For example, the’64 judo pictogram featured/ a judoka wearing /a black belt, /while the new symbol depicts /a competitor being thrown.//

例えば64年の柔道ピクトグラムは容貌をしている/柔道家が着ている/黒帯を/一方新しいシンボルは描写している/競技者が投げられているのを//

Basketball is represented /by a player dunking/ a ball.//

バスケットボールは示されている/選手がダンクしていることによって/ボールを//

The creators “paid respect/ to designs/ from the previous Games,”/ an organizing committee official said.//

クリエイターは「敬意を払った/デザインに/前回大会からの」/組織員会は公式に語った//

Printmaker Tsunao Harada, 80, who was a member of the design team for the ’64 Tokyo Games, said:

版画家のハラダツナオ80歳/デザインチームの一員/64東京大会の/は言った/

“The new designs inherit the simplicity of the ’64 pictograms, and also reflect the dynamism [of the events].

「新しいデザインは受け継ぐ/シンプルさを/64年ピクトグラムの/そしてまた反映する/ダイナミズムを(その大会の)//

They are great /to look at,/ and I think /they will be cherished/ for many years/ to come.”//

それらはすばらしい/見ていて/そして私は考える/それらは愛される/何年間も/これから//

単語・イディオム

indicate (指・手などで)(…を)指し示す、(…を)示す、表わす、(身ぶりなどで)暗に示す、暗に示す、簡単に述べる

amenity (場所・気候などの)心地よさ、快適さ、快適環境、(人柄などの)好ましさ、感じのよさ、快適な設備、文化的な設備、アメニティ

adopt 採用する、(自分のものとして)取り入れる

in charge (…を)預かって、(…の)担任の、係の

feature 〈…を〉呼び物にする.〈俳優を〉主演させる.〈新聞・雑誌などが事件などを〉特集する.〈…の〉特色をなす.

while …する間、…するうち、…と同時に、…する限り、…とは言え、…としても、ところが一方、しかるに、同時に

depict (絵画・映画などで)(…を)描く、(…を)(言葉で)描写する、叙述する

competitor 競争者

represent 代表する、代理する、(…の)代議士となる、(…の)代表として出ている、(…を)表わす、示す、象徴する、意味する、(…を)意味する、(…の)意義がある

printmaker 版画家(はんがか、英: printmaker)とは、版画を媒介にして表現する人。、版画家

inherit 受け継ぐ、相続する、受ける、遺伝する

reflect 反射する、反響する、映す、(…に)映す、映し出す、(…を)反映する、表わす、(…を)(…に)反映する、示す、(結果として)(…に)招く

cherish (愛情をこめて)大事にする、かわいがる、大事にする、心に抱く

リスニングトレーニングの仕方

1.聞き読み

「聞き読み」とは、英語の音声を聞きながら、スクリプトを黙読する練習です。この学習方法を実践すれば、英語を語順通りに読み下す習慣が身につきます。英文を日本語に訳しながら聞いているため、音声のスピードでは内容を理解できない場合に有効です。

音声を聴きながらスクリプトを読み、その意味を把握しましょう。「聞き読み」のポイントは、英語の語順に慣れることです。英語の音声にリードしてもらいながら英語を読んでいきましょう。

最初は1.5倍の速度で聴いてみてください。ある程度聞き取れるようになってきたら、標準の速度に戻してみましょう。1.5倍に慣れておくと、標準速度の音声が聞き取りやすくなります。

2.オーバーラッピング

「オーバーラッピング」とは、英語の音声を聞きながら、自分でスクリプトを音読することです。自分で発音してみることで、頭の中で想像している音と実際に耳で聞いた音の違いに気づくことができます。英語の音声についていけない場合は一文ずつ音声を再生し、一時停止して、英語の文章のリズムや音の強弱をよく聞いて、聞こえてくる音を真似して発音してみます。

3.シャドーイング

「シャドーイング」は、英語の音が流れるとそれを真似して発音し、できるだけ早く復唱するというものです。これは、前項の繰り返し(一文ずつ暗唱する)よりも、間髪入れずに聞き取り、話さなければならないので、より厳しいものとなっています。詰め込みすぎや繰り返しと同様、聞き慣れない音が多い方におすすめです。スクリプトを見ないで「シャドーイング」をするのが理想ですが、負担が大きいと感じたら、スクリプトを補助的に見ることもできます。最終的には、スクリプトを見なくても、その文章を真似して暗唱できるようになることを目標にしましょう。

「シャドーイング」のポイントは、抑揚、音の強弱をよく聞いて真似することです。そうすると、重要な単語が力強く、リズミカルに発音されていることが納得でき、聴いたときにその重要なポイントを聞き取ることができます。最初は時間が足りず、ついて行くのに精一杯かもしれませんが、同じパッセージを何度も辿って、正確に言えるようになるまで頑張ってください。

「シャドーイング」の仕上げの段階では、スマートフォンやテープレコーダーで録音するとよいでしょう。録音して客観的に聞くと、自分の発音とお手本となるネイティブスピーカーの発音の違いを明確に認識することができるようになります。面倒くさい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、リスニングと同時にスピーキングも鍛えられるので一石二鳥です。

4.ディクテーション

「ディクテーション」とは、音声を聞いて、一つ一つの単語を正確に書き取る学習方法です。この方法は、ある音が聞き取れないが、なぜ聞き取れないのかがわからないという方におすすめです。

「ディクテーション」はリスニング力を高める方法の一つですが、リスニング力だけでなく、ライティング力を強化することもできます。単語は聞こえても、スペルがわからないところがあるかもしれません。正しいスペルをチェックして、文章力をアップさせましょう。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

TOPへもどる

Count per Day

  • 650567総閲覧数:
  • 35今日の閲覧数:
  • 93昨日の閲覧数:
  • 26今日の訪問者数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

カテゴリー