福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】不満のない高校の選び方とは?高校選びのコンセプトとチェックポイント

time 2022/11/21

【高校受験】不満のない高校の選び方とは?高校選びのコンセプトとチェックポイント

後悔しない高校の選び方とは?高校選びのコンセプトとチェックポイント

高校受験を控えた中学生の中には、どのような基準で高校を選べばいいのか悩んでいる人もいるかもしれません。高校を選ぶときは、高校に入ることを目標にするのではなく、高校に入ってから何ができるのかという視点で選ぶと、充実した高校生活を送ることができると思います。さらに、高校選びが大学進学に影響することもあります。今回は、後悔しないための高校選びの方法と、高校選びの際のチェックポイントを解説します。

高校の種類を確認する。

どの高校を受験するか、どの高校に進学するかを決めるためには、高校の種類について知っておく必要があります。ここでは、高校の種類について見ていきます。

高校を選ぶとき、多くの人はまず、公立高校か私立高校か国立高校か、大まかなカテゴリーを決めます。公立、私立、州立の学校は、授業料、学科、難易度、生徒数比率などがすべて異なるので、まずはそれぞれの違いを明確に理解することが重要です。

県立高校や市立高校は、東京では「都立」、北海道では「道立」というように名称が異なるが、公立高校として知られている。公立高校も候補に入れれば、より多くの選択肢が生まれます。公立高校も入試が難しいので、自分の実力に合った学校を選ぶことができます。また、県によって異なりますが、公立高校入試では、入試の点数だけでなく、中学校の内申書も合否に影響することがあるので注意が必要です。地区によっては、中学校1年の成績を評価の対象としているところもある。この場合、中学3年生で入試の準備をしたとしても、内申点が低くなる可能性が高いです。そのため、中学校に入学したときから内申書を意識することが望ましい。

私立高校は、民間の組織(学校法人)によって設立された学校である。学校にはそれぞれ指導方針(建学の精神)や校風があり、それを魅力に感じて選ぶ学生もいるだろう。私立高校では、さまざまな入試が行われています。当日の試験結果そのもので入学が決まる入試、書類や面接を重視する推薦入試、中学校の成績でほぼ入学が決まる単科入試、公立高校と私立高校を併願できる二科目入試があり、難易度と入学資格に違いがある。

国立高校は、国立大学の附属校です。学校名に「附属」とありますが、大学と連携している高校の特別入試は、狭義の入試です。また、ほとんどの国立高校は5教科の入試を行う進学校である。総じて水準は高い。一方、校風は自由を特徴としています。

大学付属の学校は、高校から大学まで一貫した教育を行っています。大学受験をしなくても附属の大学に入学できる制度もありますが、条件は学校によって異なります。附属高校への進学率は、必ずしも附属大学への進学を意味するものではありません。多くの生徒が附属の大学に進学する学校を「純附属校」、附属校でありながら多くの生徒が他大学への進学を目指す学校を「準附属校」「準進学校」と呼ぶこともある。

現在、男女が一緒に学ぶ共学校が増加しているが、伝統的な男子校、女子校もある。男女共学では、男女の違いが認識され、それぞれの良いところを吸収することができます。一方、男子校や女子校では、性別による役割分担がないため、生徒が主体的に学習や活動に取り組めるという利点があります。高校の教育方針と自分の性格によって、どのような状況が自分に合っているのかをよく考える必要があります。

中高一貫校は、中学入試合格から高校卒業までの6年間、一貫した教育を行っています。総合中高一貫校の中には、高校からの入学を認めている学校もあり、高校への選抜候補として検討することができます。

通信制高校は、通信教育で学び、各教科の決められた回数の授業を受けることで高校卒業資格を得ることができる学校です。また、通信制高校の特徴として、成績評価ではなく「単位制」であることが挙げられます。近年、通信制高校を積極的に選択する中学生が増え、通信制高校から大学や専門学校へ進学する生徒が増加しています。自分に合った学校を選ぶ候補として、このことを念頭に置いておくとよいでしょう。

普通科・専門学科・総合学科。大学進学を希望する場合は、一般コース(理数系を含む)を選択することになると思いますが、自分の学びたいことがはっきりしている場合は、専門コースや一般コースも視野に入れておくとよいでしょう。将来の進学や就職に直接つながる専攻もあります。また、統合コースでは、通常のコースに加え、いくつかの専門分野を学ぶことができます。科目や時間割を独自に選択できるため、大学への進学を考えている学生だけでなく、専攻に興味がある学生にも適しています。

高校選びの情報収集はどのように?

自分の目標に合った高校を選ぶためには、情報収集が大切です。ここでは、高校選びのための情報収集の方法について見ていきます。

情報収集の際、まず確認するのは高校の公式サイトです。入試情報はもちろん、学校生活や各種行事、部活動、卒業後の進路など、さまざまな情報を掲載しています。高校によっては特別コースを設けているところもあるので、ホームページで確認してください。今回のコロナの震災で、時期によっては直接学校を訪れて特色を確認することができないため、公式サイトからの情報収集がますます重要になってきています。また、学校によってはオンライン説明会を開催しているところもあるので、事前に日時を確認し、参加するようにしましょう。

実際に高校を訪問することで、その学校の生徒たちの学びの雰囲気を感じることができます。高校が主催する説明会やオープンスクールには必ず参加しましょう。先生方と入試の相談ができたり、在校生と話す機会もあるかもしれません。文化祭を見学するのも、生徒の素顔を見たり、校風を知るためにおすすめです。

情報収集したい高校の卒業生に話を聞く機会があれば、その高校の現状をより詳しく知ることができるだろう。オープンスクールでは質問しにくいことでも、OB・OGの女性には質問しやすいでしょう。中学校も高校に関するさまざまな情報を持っています。先生方に、すでに在籍している生徒からのアドバイスや情報を聞いてみる。

塾や予備校も独自の高校情報を持っていて、成績などの相談にのってくれる。どの高校を志望しても、成績が合わないと入試に合格できない。塾や予備校のメリットは、自分の成績を評価してもらえたり、現実的なアドバイスがもらえることです。

高校選びのチェックポイント

高校を選ぶ際の7つのチェックポイントは以下の通りです。

あなたの学力

高校に入るためには、入試に合格しなければならない。そのためには、普段の成績や模試の結果をもとに、志望校への合格可能性や相性などを客観的に判断する必要があります。自分の意見だけでなく、学校の先生や補習のチューターのアドバイスも参考に、これから計画を立てて勉強すれば合格できるのかどうかなど、よく考えてみることをお勧めします。今の成績からして入るのが難しくても、目標を決めて勉強を続ければ入れるかもしれません。

校風・雰囲気

どんなに名門高校でも、どんなに大学合格率が高くても、自分に合わなければ勉強を続けることができないかもしれません。楽しい高校生活を送るためには、校風が自分に合っているかどうかを確認することが大切です。キリスト教や仏教など、特定の宗教に基づいた学校もあります。信者でなくても入学はできますが、「典礼」や「花祭り」など、宗教に関連した活動や授業がある場合がありますので、注意が必要です。

コースの内容

また、カリキュラムや教育方針が自分に合っているかを確認することも重要です。入学前に思っていた授業内容と違うと、高校生活が楽しくなくなり、むしろ嫌いになってしまうかもしれません。

大学受験の実績

高校卒業後の進路を考えている人は、その学校に自分の目指す進学先があるかどうかも確認しておくとよいでしょう。学校の実績だけでなく、志望大学への推薦制度があるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

課外活動

また、勉強だけでなく、やりたい部活があるか、高校生活の中で十分なボランティア活動が行われているか、などを確認することも大切です。中学時代にやっていた部活を続けたい人は、高校選びのポイントになりそうですね。部活動の比重は高校によって異なり、全国大会を目指すところもあれば、週に1、2回しかやらないところもある。

通学状況

学校が遠い、交通の便が悪いなどの理由で長時間通学しなければならない場合、勉強に割ける時間が少なくなってしまいます。体力がある人はいいのですが、高校生活自体が負担になることもあるので、慎重に検討する必要があります。

授業料・交通費

私立高校や遠方の高校に通う場合、経済的負担は無視できない問題です。学校が遠ければ交通費もかかるし、場合によっては寮など親元を離れて生活しなければならないこともある。この場合、合理的な費用が発生します。学校教育支援金や特待生制度、県の奨学金などを利用することで、授業料の減額が可能です。高校を選ぶときは、この2つを必ずチェックしましょう。

不満のない高校の選び方

高校選びは慎重に行わないと、入学してから思いもよらないことで後悔することになりかねません。楽しい高校生活を送るためには、自分に合った高校をどう選ぶかが重要です。ここでは、後悔しない高校選びの方法をチェックします。

1、2年生から志望校を考え始める

自分の将来を決めるのは難しいかもしれませんが、早くから行きたい高校を考えておくと、勉強のモチベーションも上がります。目標を設定すると、「○○高校に合格するためには、模試で何点取ればいいのか」など、将来達成したいことが明確になり、目標達成のために必要な準備や行動も見えてくるはずです。志望校をいくつか考えておく。”この高校に入りたい!”という強い意志を持つことも大切です。しかし、必ずしも願望を実現できるわけではありません。また、勉強を進める中で学力を向上させることも可能ですので、いろいろな可能性を検討されるとよいでしょう。

偏差値だけで考えないでください。

この高校は自分の成績に合っている」と、偏差値だけで高校を選ぶと、残念な高校生活を送ることになりかねません。もちろん、成績がよくなければ志望校に合格することはできません。しかし、高校で何をしたいのか、どんな高校生になりたいのかを考え、納得のいく高校選びをすることも大切です。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

 

Count per Day

  • 658981総閲覧数:
  • 466今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 210今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー