福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】中学生におすすめの英語の学習法

time 2022/11/23

【高校受験】中学生におすすめの英語の学習法

中学1年生で英語が難しいと言われるのはなぜですか?

中学1年生は英語が難しいと言われることがあります。その理由は、be動詞、一般動詞、現在形、過去形など、低学年で言語の基礎となる文法構造が多く存在するからである。そのため、中学校で1年の単元を正しく理解しないまま2年、3年と学習を積み上げていくと、つまずきがちになってしまいます。しかし、裏を返せば、中1でこれらの単元をしっかり理解していれば、2年、3年の新単元はそれほど苦労せずに進めることができるということです。小学校英語に慣れ、遊び感覚でさまざまなフレーズに触れることで、文法の学習と合わせて中学1年生からの英語学習の流れにスムーズに移行することができます。

2021年4月の教科書改訂で、中学英語はどう変わるのか?

新しい学習カリキュラムに伴い、2021年4月に中学校の教科書が改訂されます。中学英語の変更点は主に2つです。1つ目は、改定前に比べて学習すべき単語数が約2倍に増えたことです。改訂前は中学校で学ぶ単語数の目安が1,200語程度だったのに対し、改訂後は小学校で600〜700語程度、中学校で1,600〜1,800語程度が目安となっています。 改訂前と改訂後の小中学校の語数の合計を比較すると、およそ2倍の語数になっていることがわかります。ちなみに、改訂前の高校生の字数も1800字前後でしたが、改訂後は1800字から2500字になりました。全体として、小学校から高校までで覚えるべき単語はかなり増えています。そのため、これまでと同じように学習することは難しくなっています。

2つ目の変更点は、全体の学習単位が前倒しされたことです。これまで中学生の英語学習はアルファベットが最初でしたが、今回の改訂で、小学校でアルファベットに触れていることを前提にカリキュラムが組まれています。教科書でも、新しい単元ではなく、復習として扱われています。アルファベットを復習として扱う場合、中学校1年の2学期に学習する内容が1学期に繰り上がり、2年、3年の単元も同じように繰り上がります。また、従属節や原形定冠詞など、高校で学習する単元がYear3に前倒しされたため、これまでよりも速いスピードで追加学習が必要になると思われる。

中学生におすすめの英語学習法

学習量が増えれば、中学校での英語の授業はスピードアップします。中学生の英語学習で重要なのは、授業以外の学習をより効果的に行うことです。どのように勉強したらいいのでしょうか?” ここでは、中学生にお勧めの具体的な英語学習法を紹介します。

英語力アップのためには、どんな学習にも音読が必要です。これから、英語力アップに必要な文法、長文、リスニング、語彙の学習方法を説明しますが、すべての基本は「音読」です。理解した英文を繰り返し音読することは、英語力全体の向上につながりますので、中学生の皆さんにはぜひ取り入れていただきたい学習方法です。

音読に使用する素材は問いません。手持ちのテキストを使って、英語の文章を音読してみましょう。ただし、音読するだけでは単に声に出すだけなので、自分が理解できる英文で練習することが大切です。

文法の学習方法

文法の間違った学習方法の例として、わからないことを長い時間考えることが挙げられます。しばらく考えてからわからないことに時間をかけるのは生産的ではないので、わからない文法が出てきたら、その場で解説を読むとよいでしょう。

長文の学習方法

長文回答はスピードが命ですが、回答に時間がかかるのは、「逆から読む」「長文全体を訳そうとする癖」の2つの要因がある場合が多いようです。逆読みとは、英文を最後まで読んでから、その続きを後ろから訳しながら読む方法です。これは、長い文章を丸ごと訳そうとする場合にも共通することだが、すべてを訳さなければ問題の処理が始まらないと感じるのは、日本人特有のものかもしれない。

この2つの問題を解決するために推奨されているのが、「スラッシュリーディング」と呼ばれる読み方である。スラッシュ読みでは、”I know / a girl / who speaks English “のように、それぞれの文がスラッシュで区切られる。 と語順に訳されています。前から訳していくと、「私は/英語を話す女の子を知っている/いる」という自然な日本語にはならないが、頭の中で意味を整理することはできるはずである。斜め読みする習慣をつけると、逆から読む必要がなくなり、全部訳さなくてもある程度意味がわかるので、長文読解のスピードが上がります。

聴く力を身につけるには

読み上げられた音声を受け身で聞いているだけでは、リスニング力はなかなか向上しません。リスニングの学習法としてお勧めなのは、シャドウ・ラーニングです。シャドーイングとは、録音された英文を聞き、その内容をイメージしながら、録音と同じスピードと発音で声に出して追いかける学習方法です。この場合、聞こえたものだけを読み取るのは正しくありません。また、聞いたものをそのまま読むのは正しくありません。 短い文章から始めて、英文の意味を理解し、頭の中に入れておくようにしましょう。

語彙の学習方法

単語を覚えるには、何度も書いて覚えるのが一般的ですが、覚えたい単語をノートに書くだけでは、記憶に定着させることはできません。書いて覚える場合、発音を一緒に覚えることが肝心です。例えば、「apple」という単語を書くときに、英語と日本語で「apple=リンゴ」という意味だと頭の中で想像して、「アップル」と声に出してみるのです。また、知らない言葉を覚える方法として、インターネットの画像検索機能を利用するのもおすすめです。画像検索では、単語の意味に合った絵が表示されるので、視覚的な理解で単語を覚えやすくなります。単語の意味を頭の中でイメージできることは、学習する単語数が増えるほど重要になります。

中学生がつまずきがちな英語の単元をポイント解説

学年が上がるにつれて徐々に難しくなる中学英語ですが、ここでは中学生が3年間の学習でつまずきやすい単元と、その克服のためのポイントをご紹介します。日常の学習が苦手な中学生は参考にしてください。

be動詞と一般動詞

be動詞と一般動詞は、中学生がつまずきやすい最初の単元です。英語学習は、学習の積み重ねによって、徐々に難しい単元に移行していきます。中学1年生でbe動詞や一般動詞につまずくと、この後の文法学習で理解に苦しむことになります。英語が苦手な中学生は、まず主語と動詞の位置関係を理解しているかどうかをチェックします。be動詞と一般動詞を繰り返すことで、つまずきが見えてくることが多いのです。

不定詞、受動態、完了形

中学2年、3年になると、英語の単元が難しくなる。特に不定詞、受動態、完了時制を苦手とする生徒が多い。これらは、高等学校入試の高確率な問題対策に欠かせないものですが、習得すべき用法が多く、この分野で苦労している生徒も少なくありません。不定詞、受動態、完了形の学習は、英文の意味をすぐに理解し、意味と時制をセットで確認できるようになるまで理解を深めることがポイントです。問題を解くだけでなく、なぜそのような答えになるのかを説明できるようになれば、穴埋め問題にも取り組めるようになるはずです。また、教科書の特定の単元のページを学習する場合、その単元の問題しか見ていないため、その単元を「理解した」と思い込んでしまいがちです。問題を見るだけでなく、解答・解説ページをよく読み、間違えた問題には印をつけ、復習しましょう。解答・解説ページをすぐに読むのはよくないという印象を持つ学生も多いのですが、英語はわからない問題を考え続けていると答えが見つからなくなるものです。解説と日本語訳をよく読んで理解し、次に出題されたときに答えられるように準備しておくことが大切です。

中学生対策

中学生は3年間で何度も英語のテストを受けますが、テストの内容によって対策が異なります。このセクションでは、一般的に何を見るべきか、テストが近づくにつれて何を重視すべきかを具体的に説明します。

英語の定期テスト対策

英語のテスト対策として日頃からやっておくべきことは、語彙の勉強、音読、シャドーイングです。これらを中心に、英語力そのものを向上させる。これらのスキルは定期テストだけでなく、すべてのテストに活用できますので、家庭学習の中で積極的に取り入れてみてください。定期テスト1週間前までに、授業や仕事で間違えたところを重点的に対策し、説明できるところまで理解を深めることが大切です。そこで役立つのが、勉強中にわからない問題を書き出す習慣です。テストの直前に、もう一度テスト範囲シートを確認する。テスト問題は、ワークブックの「このプリント」「から」「ページ」と指定されている部分に出題されやすくなっています。指定された箇所を欠かさず勉強することで、確実に良い点数を取ることができます。試験日の約1ヶ月前からスタートし、時間配分に気をつけながら、勉強だけでなく過去問を使った実力養成を繰り返す。自分が受験するレベルの試験問題の傾向を十分に把握し、試験当日に万全の体制で臨めるようにしましょう。過去問を飛ばして問題集ページに直行しがちですが、実は各レベルの出題傾向は最初のページにまとめられています。これは定期テスト範囲の一覧のようなものなので、問題に取り組む前にそのページを確認する習慣をつけましょう。

高校入試英語対策

高校英語のテスト対策に必要な継続的な学習方法は、定期テスト対策と同じです。語彙力、音読、フォローアップを定期的にコツコツと行うことが成果を生みます。ただし、以前より多くの語彙を習得するためには、より多くの学習時間を確保する必要があることを心に留めておいてください。「口頭試問はないのに、なぜ音読の勉強が必要なんですか?口頭試問がないのだから、音読の勉強をする必要はないだろう」と思っている人もいるかもしれません。しかし、言葉や文章を聞き取れないと理解しにくいと言われているので、音と意味をセットで覚える必要があり、そのためには継続することが大切なのです。また、問題の2~3割がリスニング問題であることを考えると、対策としてシャドーイングは有効な学習方法であると言えます。また、高校受験の特徴である長文問題を克服するために、日頃からスラッシュリーディングの練習をすることが大切です。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 659035総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー