福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】中学生にとって最も効果的な勉強法とは?時間を有効に使うための秘訣

time 2022/11/22

【高校受験】中学生にとって最も効果的な勉強法とは?時間を有効に使うための秘訣

中学生にとって最も効果的な勉強方法とは?時間を有効に使うための秘訣

頑張っているのになかなか成績が上がらないと悩む中学生も多いのではないでしょうか。成績が思うように伸びない理由のひとつに、勉強の効率が悪いことが考えられます。今の勉強方法を見直すだけで、効率が上がり、より効果的な勉強ができるようになります。中学校生活の3年間という限られた時間の中で、効率的な学習方法を学び、実践することで、より高い成績を収め、志望校に合格することができるのです。今回は、中学生が効率的な学習方法を実践することの必要性と、その具体的な方法について詳しく解説していきます。

中学生に効果的な学習方法が必要な理由

中学生にとって、効果的な学習方法を学び、実践することは大切なことです。ここでは、その理由を説明します。

現在、中学を卒業してすぐに就職する人はほとんどいません。中学校を卒業すると、多くは高校に進学します。入学する高校に特にこだわりがないと言う人は少ないだろう。多くは希望する高校への進学を希望しています。その結果、効率的な勉強方法を身につけ、志望校に合格するために常に学力向上に努めています。中学生は授業や部活、習い事などの活動で毎日が忙しい。近年、中学校の部活動は縮小され、部活動の時間も少なくなっていますが、友達と遊んだり、仲間と協力して目標に向かって努力する時間も大切です。中学校でやるべきことは、勉強だけではありません。効率よく勉強することは、他の活動の時間を確保するためにも必要なことです。

「効率的な勉強法」とは何でしょうか。

良い成績を取るには、たくさん勉強するしかない。しかし、無心に時間をかけて勉強しても、効率が悪ければ成績アップにはつながりません。では、「効果的な勉強法」とは何でしょうか。

短時間で高い成果を上げる

勉強に使える時間は限られています。特に中学生で部活や授業がある人は、帰宅時間が遅くなることがあります。また、家に帰れば食事やシャワーなど、やらなければならないことがたくさんあります。そのため、多くの中学生が「勉強する時間がない」と悩んでいます。このような多忙な生活の中で高い学力を発揮するためには、学習の効率を上げることが必要です。短期間で高い成果を上げる勉強法は、効率的な学習方法といえます。ストレスや疲労が少なく、高い成果を上げることができます。
勉強を始めるのが億劫になったり、短時間で疲れてしまったりする人も多いのではないでしょうか。勉強は頭をフル回転させ、覚える単語も多く、難しいことを考え理解しなければならないので、かなり負担がかかり疲れる。負担に感じるときや疲れて集中できないときに勉強するよりも、無理なく自然に勉強するほうが効率的です。また、効率的な勉強法とは、勉強している本人が負担や疲れを感じることなく学習に取り組めることだとも言えます。

中学生のための効率的な勉強法

具体的な「効率的な勉強法」を紹介しよう。

授業時間の有効活用

学校の時間を有効活用することは、効果的な学習方法です。中学生にとって、授業時間は自習時間を捻出することなく勉強できる時間です。しかし、学習の効果は、授業への取り組み方次第です。ただ漫然と聞いているだけでは、内容を吸収し、記憶に定着させることは難しいでしょう。一方、教室でアクティブに学習する人は、多くのことを吸収することができます。わからないことは自分なりに調べ、その都度先生に質問して理解を深めてください。また、学習内容に対する発展的な質問など、視野を広げることも重要です。

テストの徹底活用

試験の結果が発表されると、その点数に一喜一憂してしまいがちです。しかし、受験は自分の実力を試すものです。結果が発表されたら、点数ではなく「間違い」に注目することです。問題を間違えたら、答えを確認するだけでなく、何を間違えたのか、なぜ正解がそうなっているのかがわかるまで何度も読み、答えを見ずに解けるようになるまで解き直しましょう。テストの解答は、記憶の定着にとても有効です。次に同じような質問をされたときに、正しく答えられるように準備しておく必要があります。テストの解答は、弱点の発見と克服を同時に行えるので、効率的な勉強法だと思います。

短時間の反復学習

教科書やノートを広げて机に向かうのは、必ずしも「効率的な勉強法」とは言えません。特に、勉強に集中せず、参考書を読むだけというのは非効率です。勉強するときは、集中力を高めて取り組むことが大切です。短時間でも集中して繰り返し勉強することで、勉強の効率は上がります。また、勉強時間を有効に使うこと。勉強時間に単語やフレーズを暗唱するのは数分でも、積み重ねれば積み重ねただけ知識が増えます。勉強時間とデスクワークの時間を使い分ければ、より効果的な勉強ができるはずです。

わからない問題を素早く解決する

問題をそのままにするのではなく、できるだけ早く解決することが大切です。中学校の学習はだんだん難しくなっていくので、わからないことを放っておくと、どんどん範囲が広がっていくんです。わからないことをそのままにしておくと、授業や自主学習で先生の言うことがわからなくなり、勉強でつまずく可能性が高くなります。効果的に学習するために、問題を早めに解決して、うまくフォローできるようにしましょう。一人で解決できない場合は、学校の先生や塾の先生など、気軽に相談できる人がいる環境を作るとよいでしょう。

徹底した基礎学習

効率的な学習方法を考える上で、「基本」はとても重要です。何度復習してもわからないことがある場合、基礎が身についていない可能性が高いです。どこでつまずいているのかを理解し、基本に立ち返って勉強し直すようにしましょう。中学生は、小学校で習ったことを基本に学習しています。必要であれば、小学生レベルまで学習を広げ、基本を欠かさず身につけましょう。

集中的かつ効果的な学習方法

受験という長い戦いを生き抜くためのスタミナをつける。効率よく勉強するためには、集中力が大切です。集中力は、勉強する環境、勉強する時間帯、健康状態などに大きく関係します。

気が散らない勉強環境を作る

集中力を高めるには、まず気が散らない学習環境を整えることが必要です。気が散るような環境で勉強すると、学習内容を身につけるのが難しくなります。パソコン、スマートフォン、雑誌、漫画などが近くにあると、気が散ってしまうかもしれません。気が散るものが目に入らないような環境を整えれば、効率よく勉強できるようになります。また、部屋やテーブルが散らかっていたり、照明が暗かったりするのも、理想的な勉強環境とは言えません。教科書、辞書、参考書などは整理整頓し、すぐに取り出せるように配置する。また、目に優しい明るい照明を使用するなど、学習しやすい環境づくりに努めることも重要です。

夜より朝早く勉強する

学習は早朝の方が生産性が高いという話を聞いたことがあるかもしれません。前日の疲れやストレスがない朝は、脳が新しい情報を吸収しやすい状態になっているのだそうです。朝、特に早朝は脳が活性化するゴールデンタイムと言われています。夕方は、部活や授業などの行事で毎日同じ時間に勉強できないため、同じ時間に帰宅することが難しい場合があります。朝は、毎日同じ時間に起きれば、勉強時間を確保しやすいはずです。朝型に切り替え、早朝に勉強することで、生産性が上がります。

十分な睡眠をとる

十分な睡眠をとることも、効果的な学習には重要です。人間の記憶は、夜寝るときに集約されます。睡眠不足のまま勉強すると、寝不足になることが多く、勉強が辛くなります。学力向上には7~8時間の睡眠が効果的と言われていますが、最低でも6時間以上の睡眠を心がけましょう。中学生が効率的な学習方法を実践するために
普段から勉強時間を確保していても、「体調不良」や「心配事」があると、勉強の効率は悪くなります。効率よく勉強するためには、健康や心への配慮も必要です。

健康に留意する

定期的に健康管理をする。体調が悪いと、勉強に集中できない。大病を患い、熱を出して寝込んでしまうと、数日間勉強ができなくなり、その分時間がかかってしまいます。また、1日3食をしっかり食べることも大切です。特に朝食は重要で、欠かすことができません。朝食を抜くと、脳の活動が低下し、授業への集中力が低下する可能性があります。その他、免疫系の栄養状態を改善したり、胃もたれしないように消化の良いものを食べたりすることも必要です。体調が悪いと、勉強もはかどりません。食事や運動、生活ペースなどを考えて、ベストな状態を保つようにしましょう。

不安やストレスを解消する。

人間関係のトラブルで勉強に集中できない、という人もいるかもしれません。不安やストレスが大きいと、結果的に勉強に集中できなくなります。不安やストレスの原因となるような行動は避けるようにする。例えば、知人とのSNSが不安なら、勉強に集中している間は会わない、連絡しないなど、ストレスの原因を取り除くことが大切です。

動機を明確にする。

勉強しなければならないという義務感で机に向かうと、すぐに気持ちを切り替えて勉強を続けることは難しいかもしれません。まず、勉強する理由を確立し、モチベーションを明確にする。勉強を始めても、集中力が続かず、退屈してしまうかもしれません。勉強する理由が漠然としていると、続けることが難しくなります。学ぶ目的がはっきりしていれば、たとえ勉強に飽きたとしても、すぐに「勉強しよう」と気合を入れ直すことができます。また、勉強で悩んでいるときは、明確なモチベーションを持つことが大切です。次の試験でいい成績を残したい」「絶対に志望校に合格したい」など、常に自分のモチベーションを意識して、「自分のため」に勉強するようにしましょう。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 658956総閲覧数:
  • 441今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 200今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー