福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】中学生のための勉強法! 成績アップのための日々の習慣づけや学習時間の確保などのコツ

time 2022/11/09

【高校受験】中学生のための勉強法! 成績アップのための日々の習慣づけや学習時間の確保などのコツ

中学生のための勉強法! 成績アップのための日々の習慣づけや学習時間の確保などのコツ。

中学生になると、勉強に真剣に取り組む子どもたちが増えてきます。周りの子どもたちが勉強に力を入れ、競争が厳しくなってくると、「小学校の時は成績が良かったのに、中学校に入ったら成績が下がった」「個別指導教室に通わせたのに、テストの点数が思ったほど伸びなかった」ということがあります。こんなこともあり得るのです。お子さんの成績が上がらない場合は、学習への取り組み方を見直す時期です。そんな悩みを持つお子さんを持つ親御さんにぜひチェックしていただきたい、中学生の勉強法についてご紹介します。

失敗の根本原因?中学生の学びを阻む4つのこと。

まず、お子さんが勉強に集中できない原因として考えられることをお伝えします。以下の4つの項目のうち、お子さんに当てはまるものがあれば、それが成績不振の原因になっていないかチェックしてみてください。

スマートフォン

中学生のお子さんにスマートフォンを持たせる場合は、適切な使い方をしているかどうかを意識する必要があります。SNSやゲーム、動画アプリは便利で楽しい反面、長時間の使い過ぎにつながり、中学生にはまだコントロールが難しい場合があります。勉強や学校の授業の妨げにならないよう、「リビングで使う」「夜8時まで」など、お子さんと一緒にルールを決めておくとよいでしょう。

ゲーム

ゲーム好きなお子さんは、やりすぎにも注意が必要です。ゲームは勉強の邪魔になるし、気が散ってしまう。勉強と遊びの区別がつくように、ゲームは勉強机の上や自分の部屋には置かないなど、子どもと話し合ってルールを決めましょう。

趣味・関心事

もし、お子さんが勉強以外の趣味に熱中しているのであれば、それに時間を取られすぎて勉強が疎かになっていないか、再度確認してみてください。スマホやゲームと違って、趣味は制限が難しく、親がコントロールしにくいものですが、「家に帰ったらまず宿題をする」「休みの日は必ず3時間勉強する」など、趣味と勉強の両立を提案することで、お子さんを楽にさせることができます。

部活動・学校行事

また、部活や学校行事に時間を取られすぎると、学習意欲が阻害されることもあります。部活で疲れて勉強せずに寝てしまったり、学校行事に集中して帰宅が遅くなったりすると、授業の復習ができず、成績が悪くなってしまいます。部活終了後の帰宅時間は「18時~19時」が32.6%と最も多く、「19時以降」を含めると7割以上の中学生が18時以降に帰宅していることになります。部活を終えて帰宅し、夕食をとり、シャワーを浴びてから遅くまで勉強を始める人が多かったと推測されます。もちろん、部活や学校行事は子どもたちに良い影響を与えるので、禁止することが必ずしも正しいわけではありません。夜は寝てもいいけど、その代わり朝は早く起きる」「週に3日は放課後に勉強する時間を作る」など、どうバランスをとるか、お子さんと話し合うことが大切です。

中学生に毎日勉強する習慣をつけさせる方法

中学生が毎日勉強する習慣を身につけるにはどうしたらいいのでしょうか?
では、中学生が勉強する習慣を身につけるにはどうしたらよいのでしょうか。学習習慣が定着し、自発的に机に向かうようになれば、成績も徐々に上がっていくでしょう。

毎日の活動を日課にする

勉強を習慣化するためには、行動をルーティン化することが一つの方法です。毎日勉強する時間やタイミングを決めることで、「勉強したくない」という気持ちが生まれる前に、机に向かうという行動をとることができるようになるのです。おすすめは、習慣化しているものに勉強をプラスする方法です。例えば、夕食後や歯磨きの後に勉強すると決めておけば、新しい習慣を作ろうと苦労することなく、スムーズに勉強を習慣化することができるのです。

目標を設定する。

2つ目の方法は、目標を設定することです。目標設定の方法は、大きく分けて2つあります。1つ目は、「定期テストで評定平均値を10点上げる」「〇〇高校を第一志望校にする」など、将来の目標を設定することです。そうすることで、やる気が出ないときや集中できないときでも、モチベーションを保ち、勉強を続ける力が湧いてきます。2つ目はスケジュールで、『今日はどれだけ勉強するか』『1時間でどこまで行けるか』を決めることです。今やるべきことを明確にすることで、ただ漠然と机に向かっているよりも、その場での集中力が高まるはずです。また、計画を立てることは、勉強を習慣化することにもつながります。

アプリや本、ノートを活用する

3つ目の方法は、アプリや本などの勉強道具を使うことです。最近では、勉強時間やスケジュールの管理アプリ、英単語の記憶アプリなど、無料で使える便利なアプリがスマートフォンに多数登場しています。ただし、スマートフォンを触る機会が多いので、使いすぎには注意が必要です。その他、教科書やノートの活用もおすすめです。教科書や問題集、学校のノートは、試験までの大きな助けになります。計画的に勉強し、復習した日を書き留め、覚えている箇所にチェックを入れる。

個別指導塾に通う

4つ目の方法は、子供を個別指導塾に通わせることです。個別指導塾に通えば、学ばなければならない環境に身を置くことになる。最初は嫌がるかもしれませんが、慣れてくれば勉強することが当たり前になるはずです。また、個別指導塾では、子どもたちの理解度や現状に合わせたきめ細かい指導が受けられるため、学習意欲の低下につながる「苦手」を予防できるメリットもあります。また、先生と生徒の距離が近く、相談しやすいので、勉強すること、学校に行くことが楽しくなり、生徒も率先して勉強するようになります。

課題別研究方法

学習習慣を身につけるだけでなく、科目ごとにどのような勉強法が効果的かを意識することも、成績アップにつながります。そこで、中学生には教科別の勉強法を提供することをお勧めします。特に試験直前には、ポイントを押さえた勉強法で点数アップを目指しましょう。

英語の勉強法

英語は、「語彙」「文法」「長文」の3つに分けて学習することが大切です。語彙を徹底的に暗記する。ジュニア英語は単語をどれだけ覚えたかで決まるといっても過言ではありません。英語が苦手な子どもは、単語をほとんど覚えていないため、そもそも文の意味を理解できないケースが多いのです。試験前だけでなく、毎日の復習で単語を徹底的に覚えることが大切です。

英文法は、例文と一緒に勉強すると覚えやすくなります。ジュニア英語では、授業や教科書の例文がそのまま試験に出ることが多いので、文法と例文をセットで暗記すると点数が取りやすくなります。
長い文章を音読して合わせる。
英語の長文は応用問題が多いので、差がつきやすいんです。まずは、教科書や参考書の長文の一つ一つの意味を正確に理解し、繰り返し音読して、全体の流れや独特のリズム、展開などを感じ取るように心がけましょう。

国語の学習方法

国語は、読解力と漢字・文法対策がポイントです。国語は、上達が最も難しい科目の一つです。なぜなら、日本語で求められる「読解力」は一朝一夕に身につくものではなく、長期的な練習が必要だからだ。読解力を高めたいなら、毎日本を読む習慣を身につけましょう。試験前にスコアを伸ばしたい場合は、教科書で扱った長文にもう一度目を通し、できれば問題集やワークブックで練習しておくとよいでしょう。というのも、中学校の国語の試験の多くは、授業で扱った文章をもとに出題されるからです。点数を上げたいなら、漢字や文法のミスがないようにしましょう。このあたりをしっかり得点することで、ライティングが苦手な人でもある程度の点数を獲得することができます。試験前に漢字や文法をしっかり覚えておくこと。

数学の勉強法

数学の学習では、まず公式を覚え、問題を何度も解いて解き方を身につけることが大切です。数学では、まず公式と解法を暗記することが大切です。まずは公式や解法を暗記し、試験前に必ず再確認することが大切です。

問題を解く回数が多ければ多いほど、試験で解ける問題が増えます。問題集に取り組むときは、間違えた問題を必ず復習し、解法を頭に叩き込んでおくこと。

社会科の学習方法

社会科では、暗記に重点を置き、解説が必要な問題に対応できるようにする。社会科は暗記が主体です。したがって、社会科にかける時間が長ければ長いほど、点数アップのための対策が取りやすくなると言ってよいでしょう。点数を上げようと思ったら、まず重要な情報を暗記する必要があります。教科書や授業のノートを使う場合は、赤い紙で用語を隠したり、単語帳で年号を覚えたりすることで、暗記が楽になります。

社会学の問題は通常記述式なので、重要な語彙や事象の因果関係を説明した教科書の文章を読むと、さらに点数がアップします。教科書で強調されている部分や授業で詳しく説明されている部分は、特に問題に出題されやすいのでチェックしておきましょう。

理科の勉強法

理科は、実験などのイメージを覚えて、繰り返し問題を解いて練習する。図やイメージを使って、語彙や仕組みを覚える。理科は記憶力と思考力の両方が試される難しい科目です。また、不得手になりやすい科目でもあるので、まずは基本を固めることを意識してください。教科書の図やイラスト、授業での実験のイメージと合わせて、基本的な用語や各単元の構成を覚えておくと、内容を理解しやすいと思います。

問題集を解いて、単元を繰り返し復習する。問題集やワークブックでその単元の問題を繰り返し練習する。理科の単元ごとに、問題の種類や形式が全く異なるのです。そのため、より多くの問題を解いて慣れることが重要であり、練習すればするほど、より多くの問題を正解できるようになる。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 659015総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー