福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】中学生の受験勉強:中間・期末の成績アップの方法、勉強時間・スケジュール

time 2022/11/07

【高校受験】中学生の受験勉強:中間・期末の成績アップの方法、勉強時間・スケジュール

部活が忙しくて、中間・期末テストの勉強ができない」と悩んでいませんか?あなたのせいではなく、勉強の仕方や整理の仕方が間違っているだけかもしれません。今回は、中間・期末テストの点数を上げる方法、勉強時間の目安、問題児である中学生の効果的な時間割の作り方などを詳しく解説していきます。

目標スコアによって学習レベルが異なります

中学生の中には、「中間テストと期末テストの両方に向けて復習を始める」という人もいるかもしれません。しかし、学期の変わり目に行われる中間試験や、学期末に行われる期末試験に向けて、明確な目標を立てて勉強に励むことが重要である。限られた期間の中でやみくもに勉強すると非生産的になる可能性があるので、目標を決めてから逆算して勉強計画を立ててください。

取得したいグレードの目標を設定する。

基本的に、中間・期末試験については、遅くとも試験の1週間前には試験勉強を終わらせるようにしましょう。そして、自分の目標に応じて、勉強のレベルを変えていく。平均点が目標なら、基礎が身につくような勉強をしましょう。高得点を狙うのであれば、基本を押さえつつ応用問題にもチャレンジするのがおすすめです。演習だけでなく、勉強する時間を確保するなど、バランスよく勉強することが大切です(インプット)。

1週間部活を休んで、… どのように時間を解放するのか?

試験の前の週から部活が休みになると、勉強時間が足りなくなるのではと心配になりますよね。この場合、いつもより早く起きて、午前中に勉強するとよいでしょう。
帰宅後、夕食とシャワーを早めに済ませ、21時頃に就寝すれば、朝5時に起きても十分な睡眠時間が確保できます。そのうえで、登校前に1~2時間勉強すれば、無理なく勉強時間を増やせます。あるいは、試験勉強をしているときに、ついつい眠ってしまうこともあります。そんなときは、15分ほど仮眠をとってください。
短時間の昼寝でも、気分は爽快です。ただし、15分以上寝ると熟睡に近くなり、頭がぼーっとして目が覚めてしまうので注意が必要です。
もし、タイミングよく昼寝をしたとしても、15分後にまだ寝ていたら起こしてもらうように、あらかじめ親に頼んでおくとよいでしょう。

中学生は1日にどれくらいの時間、受験勉強をしているのでしょうか?

中学生の中には、毎日部活で忙しく、勉強時間を確保するのが難しいという人もいるでしょう。
部活で勉強する時間がない人は、中間・期末テストに向けて、1日何時間くらい勉強すればいいのでしょうか?

部活で忙しいときに、1時間でも30分でもいいから勉強してください あなたの人生にも、そんな人がたくさんいることでしょう。
試験期間中に部活を休止する前に、「家に帰ったら3時間勉強するぞ」と意気込みすぎず、30分という短い時間でもコンスタントに勉強する時間を確保することが大切です。

もちろん、勉強時間は夜である必要はありません。

朝型の人は、早く寝て、翌朝学校に行く前に勉強する時間を捻出することができます。部活が忙しいことを勉強できない言い訳にせず、無理のない範囲で勉強する時間を確保することが大切です。

部活が試験休みのときは、平日は2~3時間、休日はできるだけ勉強しましょう!

部活が試験休みのときは、平日は2~3時間、土日は8時間と、試験勉強の時間をしっかり確保するようにしましょう。
学校が休みの土日はついダラダラしてしまいがちですが、試験前にきちんと時間を確保できるのは土日だけです。
土日を有効に使い、できるだけ勉強に時間を割くように意識することをお勧めします。

徹夜や夜更かしをせず、しっかり睡眠をとりましょう!

部活や受験勉強で忙しいと、睡眠がおろそかになりがちです。中学生は成長期で1日8~10時間の睡眠が必要なので、睡眠時間を削って勉強することは厳禁です。たとえ机に向かっていても、眠い状態で勉強するのは生産的ではありません。部活や試験勉強で忙しくても、徹夜や夜更かしをせず、しっかり睡眠をとるようにしましょう。

受験勉強を始める前に準備すべきことは?

また、試験勉強を始める前に、試験勉強に必要なものをあらかじめ用意しておくことも大切です。 では、具体的にどのような準備をすればよいのでしょうか。

受験勉強で準備すべきことはたった6つ!

少し意外に思われるかもしれませんが、実は受験勉強にはあまり必要ないのです。ここでは、受験勉強に必要な6つのものをご紹介します。

  1. 筆記用具
  2. 教科書
  3. ノートブック
  4. 仕事内容
  5. 学校で配るプリント
  6. 学校で使用する問題集

中間・期末試験では、基本的に学校のカリキュラムの内容・範囲からしか出題されない。そのため、受験勉強のポイントは、普段から学校の授業で使っている教材を中心に勉強することです。

勉強机の上から、勉強に必要ないものを片付ける。

試験勉強をしよう!」。しかし、机の上が散らかっていたり、勉強に必要ないものが置いてあったりすると、気が散って勉強に集中できないかもしれません。試験勉強の前には、気が散るようなもの、勉強に関係のないものは目につかないところに片付けておきましょう。

5教科の点数を上げるための受験勉強の復習方法

それでは、5教科の中間・期末テストの点数を上げる方法を、各教科ごとに見ていきましょう。

国語の勉強法

国語は、漢字や文法などの暗記問題から、古典や長文読解など文章をしっかり読んで解答する問題まで、さまざまな問題が出題されます。
暗記問題では、単語帳を使ったり、できるだけ声に出したりして、効率よく暗記することがポイントです。
古典や長文読解では、教科書の一節が出題されることもあるので、著者の意図や時代背景を理解するために、ノートをよく見返しておくとよいでしょう。

数学の試験勉強の仕方

数学の試験勉強で大切なのは、覚えた公式を自在に使えるようになることです。
公式をマスターしたら、できるだけ多くの問題を解き、さまざまな問題パターンに慣れていきましょう。

英語の勉強法

英語学習は、単語や文法の暗記と、長文読解に分けられる。
それでも、長文を題材にした問題もあるので、文法や文型のルールを確認し、できるだけ多くの問題を解くことが重要です。

理科の勉強法

理科は暗記が必要な科目ですが、重要な単語やルールを覚えるだけでは不十分です。
理系受験の成功の秘訣は、学校で使った問題集やテストを使って、暗記と問題解決を同時に行うことです。

社会科の学習方法

丸暗記が多い社会科では、重要な単語やフレーズを覚えるには、歴史的な文脈や場所、時代と関連付けることがポイントになります。
教科書を読み、問題をたくさん解くことも大切です。
また、学校で資料集を使っている場合は、もう一度細部を確認することも大切です。

サボりがちな実技教科はどう勉強すればいい?

主要5科目に加え、4つの副教科(音楽、保健体育、技術・家庭科、美術)が学期末にテストされます。副教科テストは、どのように勉強すればいいのかがわかりにくいので、どのように勉強を進めていけばいいのか。

オリジナルの問題が出題されることが多い

一般に、副教科には教科書はあっても問題集はないので、先生方のオリジナル問題がテストに出ることが多いのです。そのため、”先生はどんな質問をするのだろう?”と考えながら、送られてきたプリントや資料をよく読み、理解を深めることが望ましいです。また、「先生がどんな質問をするのか」を推測しながら勉強するのもよいでしょう。

時間を取られがちな副教科を体系的に学ぼう!

受験勉強や高校入試では、英語、国語、社会、理科、数学の主要5教科だけに集中しがちです。しかし、マイナー科目の成績が悪ければ、当然内申は下がり、希望の高校に入れないという結果になりかねません。そうならないためにも、副教科4科目の学習は余裕を持って計画することが大切です。

まとめ

中間・期末試験で最高の成績を取りたいのに、部活が忙しくて試験勉強ができなかったり、勉強していても時間割や勉強方法が間違っていたりすると、なかなか思うような成績が取れませんよね。点数が伸びない場合は、学習時間割の組み方を見直してみましょう。また、クラブ活動をしていてもしていなくても、毎日十分な勉強時間を確保するように心がけましょう。

最後に、中学生は試験があるからといって不安になる必要はなく、普段からしっかり勉強していればいいのです。家ではなかなか勉強できない、わからないことが多くて進まないという方は、塾に通って集中的に勉強することをおすすめします。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 659007総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー