福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校の志望理由書ってどう書くんだっけ?応募理由を印象的に説明すること

time 2022/11/17

【高校受験】高校の志望理由書ってどう書くんだっけ?応募理由を印象的に説明すること

高校の志望理由書ってどう書けばいいの?高校受験の志望理由書の印象に残るアイデア

高校受験を前に、「志望動機は何をどのように書けばいいのだろう」と悩む方も多いのではないでしょうか。志望動機に何を書くかを考えるとき、どのように書けば印象に残るかを理解することが重要です。印象に残る自己紹介文の要素と、伝わる文章を書くためのコツを詳しく解説します。

高校の志望理由書とは?

高校受験の際に提出する書類の一つに志望理由書がありますが、これは学校に自分を知ってもらうために、自分をアピールするためのものです。まず、そもそも出願理由書とは何か、なぜそれが重要なのかを説明します。志望理由書の内容は、その後の面接に影響することもありますので、十分に理解しておいてください。

応募理由書は、入学願書や内申書と一緒に志望校に提出する書類です。内申書とは違い、中学校の先生が書いてくれる書類で、自分のことを知ってもらうための「高校へのアピール」です。志望理由書は、主に学校が面接の参考資料として使用しますが、県や学校によっては、志望理由書そのものを採点し、選考基準に含めているところもあるようです。そのため、志望理由書を書くことは非常に重要です。特に、志望理由書は、出身地や志望校で採点されるかどうか、事前に確認しておく必要があります。また、学校側が志望理由書を面接の参考資料とする場合、簡潔にまとめておくと、面接対策になり、面接に合格しやすくなります。

志望動機は、面接を突破するための参考にもなります。

面接の質問では、志望動機が参照されることが多いので、志望動機に記載されている内容が、質問されたときに簡単に答えられるようにしておくこと。面接は自分をアピールする場なので、面接官に詳しく伝えたいこと、面接で深く聞いてほしいことを志望動機に盛り込みましょう。志望理由書を書くときのコツは、中学校で頑張ったことや自分の強みをしっかりとアピールし、「だからこの高校に行きたいんだ」ということが伝わるような内容にすることです。また、提出した志望理由書は、面接の練習に使うので、必ずコピーを取っておくこと。

高校は志望理由書のどこを見るのでしょうか?

学校は3つのことを求めている。

  1. 自分を分析したことがあるかどうか。
  2. 学校の教育方針・文化に合っているかどうか
  3. 入学への熱意と将来の夢や目標があるかどうか

なぜこれらの点が注目されるのか、何を書けばいいのかを解説しますので、この3点に対応した志望理由書を作成するようにしましょう。

自分自身を分析したことがありますか?

面接では、自分の長所と短所は何か、何に興味があるか、何が得意か、将来何をしたいか、客観的に自己分析ができるか、などを聞かれます。自己分析がしっかりできていれば、効果的に自分をアピールすることもできます。自己分析は、高校受験だけでなく、勉強や進路・就職を決める際にも重要なスキルです。

候補者が学校の教育方針・文化に合っているか?

学校にはそれぞれの教育方針・文化があるので、学校側は志願者が学校の教育方針・文化に合っているかどうかを見極めなければなりません。そのため、志望理由書に書かれた受験生の狙いや性格から、その学生が学校にふさわしいかどうかを読み取ろうとするのです。

入学への意気込み、将来の夢や目標があるかどうか

入試に合格することが目的ではありません。面接では、入学後に学習や部活に熱意を持って取り組んでいるか、進路など将来の目標がしっかり描けているかなどを見ます。現在の目標を踏まえ、高校でどのような高校生活を送りたいかなどの将来設計があると好印象です。

高校進学のための志望理由書の書き方:準備編

高校受験の志望理由書は、高校受験において非常に重要な役割を担っています。したがって、志望理由書を書く前に、事前の準備が必要です。まずは次の3つの準備作業から始めましょう。

  • 志望校をよく研究する
  • 徹底した自己分析の実施
  • 高校生に魅せたいポイントに絞る

より良い志望動機書を書くためには、これらを整理することが大切です。これらをどのように整理していけばいいのか、確認してみましょう。

選んだ学校のことをよく調べておく。

志望校の方針や校風について何も知らなければ、「その高校に行きたい」と納得してもらうことはできないでしょう。そのため、志望校がどのような学生を求めているのかを知ることはとても大切です。学校のホームページやパンフレットには、校長からのメッセージ、学校の教育理念、進学実績、地域活動の実績など、さまざまな情報が掲載されています。志望校をしっかり把握し、その学校が学業や部活動でどんなことをやっているのか、どんな生徒を求めているのかをよく見ておくことです。また、学校説明会にも必ず参加してください。学校説明会では、志望校の校風や生徒の登校の雰囲気などを確認することができます。説明会に参加する中学生を見ることで、自分が志望校にふさわしい生徒かどうかのイメージを描きやすくなります。

徹底した自己分析の実施

自分の選んだ学校をよく知ることはもちろん、自分自身をよく把握することも大切です。例えば、こんな感じです。

  • 自分の弱点と強みを教えてください。
  • 得意なこと、不得意なこと
  • これまでの実績
  • 将来の夢

自分のことであっても、漠然としたイメージしか持っていない人も多いのではないでしょうか。自己分析をしっかり行い、今の自分をしっかり把握しておけば、面接で「入学したらこういう人になりたい」と説明しやすくなります。簡単な方法は、紙に1つずつ書き出すことです。

高校生に魅せたいポイントを絞り込む

最後に、これまで知った学校の情報や自己分析の結果を踏まえて、あなたが最も伝えたいテーマを高校側のアピールポイントとして選び、そのテーマに沿って志望理由書を書いてください。

高校受験の志望理由書の上手な書き方:テーマと内容で分類してみる

高校の志望理由書では、具体的にどのようなテーマで書けばよいのでしょうか。ここでは、志望動機で使いやすいテーマを確認し、内容を考える際のポイントを以下の3つに整理します。

  1. 志望校の特徴や方針をよく理解し、自分との共通点を明確にする。
  2. 志望動機や入学してやりたいことに関するエピソードを整理する。
  3. この高校に入学したら、将来何を実現したいかを明確にすること。

この高校は素晴らしいところだ』ということが伝わるような志望理由書を書くことが大切です。

志望校の方針と共通する点は?

まずは、志望校の教育方針に注目することです。高校にはそれぞれ、求める生徒像や校風があります。そのため、学校は自分たちの学校の方針に合う学生を求めている。高校生としてやりたいことと、志望校の方針が合致していることが重要です。なぜ自分が志望校のプロフィールに合致していると思うのか、どんな目的でその学校に通いたいのか、なぜその高校でなければならないのかを考えてみてください。

志望動機にまつわるエピソード

志望動機に関連するエピソードをテーマにする場合は、「自分のこれまでの実績」「志望校を決めたエピソード」「自分の実績と志望校の関連性」の3要素を整理してください。例として、「学校の音楽祭で吹奏楽の素晴らしい演奏を見たので、この学校の吹奏楽部に入ってあんな演奏をしたい」というエピソードと志望動機をもとに、印象的な要素を加えてみましょう。まず、「中学時代はブラスバンドに所属していた」「友達と合コンするのが好き」など、自分の実績や魅力を盛り込みましょう。そして、「多くの大会に出場した」「有名な先生を顧問に迎えた」など、その学校ならではの特色を加えてください。これらの要素を加えることで、単に志望校を決めるための間借りではなく、志望校と自分を結びつける印象的な志望動機ができあがります。

将来の夢に適用する理由

また、「将来の夢を実現するために、この高校に入学したい」というテーマでアピールすれば、今やっていることと将来の夢をリンクさせることができます。そのためには、将来の夢のために何をしたいのかを明確にすることです。例えば、「サッカー選手になること、私は小さい頃からサッカーをやっていたので、プロのサッカー選手を目指してサッカー部が全国大会に出ているこの高校に入りたい」など、明確な目標があると効果的です。また、スポーツだけでなく、進学のために希望する学校を選ぶことができる人もいます。この場合、志望理由には、その学校の志望大学への進学実績などを記載し、特徴ある学部やコースがある場合は、そのことに触れて、勉強したい気持ちをアピールしてください。

高校の志望動機の上手な書き方:コツ

次に、高校受験の志望動機の書き方のコツを紹介します。書き方次第で、伝わりやすい文章にも、伝わりにくい文章にもなります。ステートメントを書く際には、以下の3点を意識してください。

  • 結論から志望動機を書く。
  • 読みやすい文字の体裁を保つ
  • 文末に注意する

では、実際にどのように書けばいいのか、具体的なコツを見ていきましょう。

結論から志望動機を書く

志望理由書を書くときは、必ず結論から書き始める。常に結論から入る。その方がわかりやすく、印象も強くなるからです。

結論の後に、自分の理由や経験を書く。

また、少し目を通すだけで要点がわかるように、文章は簡潔にまとめることが大切です。例えば、「2つの理由がある」と書き、それを箇条書きにしてから説明すると、分かりやすい文章になります。

読みやすい文字の見た目を心がける。

また、志望動機書を書く際には、読みやすい字で書くことが大切です。文字は大きく、読み手の立場に立って丁寧に書くこと。また、文字の間隔や余白のバランスにも気を配る必要があります。読み手にとって読みにくい志望理由書にならないように注意すること。よくできた手紙は、それだけで好印象を与えます。

文末に注意する。

文章を書くときは、文末に敬語(~です・~ます)または慣用句(~だ・~です)をつける。同じ文末表現が連続すると、リズムが悪く、読みづらくなる場合があります。また、曖昧な表現を多用すると、文章全体が曖昧になる。例えば、「私は○○と思います」。は自信のない印象を与えるので、「私の考えは○○です」などの文章を使いましょう。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 659027総閲覧数:
  • 35今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 15今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー