福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校入試に失敗した子どもたち… 子どもの受験のために、親ができることは何でしょうか。

time 2022/11/05

【高校受験】高校入試に失敗した子どもたち… 子どもの受験のために、親ができることは何でしょうか。

子どもの受験のために、親ができることは何でしょうか。子どもの生活や大学受験のために、親ができることは何でしょうか。

「うちの子は高校入試に失敗した・・・・・・」。「子供が高校入試に失敗したらどうすればいい?そんな不安や心配をお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか。高校に入学するためには、入試という壁を突破しなければならない。当然、頑張ったから必ず合格するわけではないので、試験に合格しない子もいます。この記事では、お子さんが高校入試に失敗した場合の対処法や、失敗しないための対策について解説していますので、受験生の保護者の方はぜひ参考にしてください。

お子さんが高校入試に失敗した…。親は子供を大切にすること

高校受験に失敗して落ち込んでいる子どもに、親はどう接したらいいかわからないかもしれません。このようなとき、どのように接すればよいかというと、子どもの気持ちを受け止め、安心感を与えてあげることが大切です。その具体的な方法について説明します。

子どもの気持ちを受け止める

親としてまず強く意識すべきは、子どもの気持ちを受け止めることです。テストに失敗して怯えるのは、親ではなく子どもだからだ。子供への接し方や言葉かけは、その子の性格にもよりますが、少なくとも親が子供の「つらい」気持ちを理解することはとても大切なことです。逆に、やってはいけないことは、試験に合格しなかったからといって、子どもを叱りつけることです。イライラして、子どもに厳しい言葉をかけてしまう親もいるかもしれません。しかし、そのような行動は、怯えた子どもにとって「親は何もわかっていない」と感じさせてしまうことになります。親と子の信頼関係も、一度崩れると修復は難しく、時間の経過とともに関係が悪化することがあります。

子どもの頑張りをほめる

では、子どもの気持ちを受け止め、心の支えになるような声かけをするには、どのような方法があるのでしょうか。このとき、子どもの頑張りを褒めることの大切さを実感してほしい。高校入試の結果が思わしくなくても、お子さんが受験でがんばったことは事実です。もっとこうすればよかった……」という思いがあるかもしれません。しかし、家庭での勉強や学校と部活の両立など、お子さんの努力を認めてあげることが大切です。さらに、ただ考えるだけでなく、相手を認識していることを示すことが重要です。近年、教育業界では、子どもを「認める」ことの重要性が指摘されています。他者から認知されることで、次のような効果があります。

(i)自尊心が育つ。

(ii)自分の判断に自信が持てるようになった。

(次のステップに進む意欲と力が湧いてくる)。

詳しくは後述するが、高校受験の失敗は、その後の努力次第で十分に挽回可能である。まず、保護者の方が本人の努力を認めてあげることが、次の努力に大きく影響します。

これは人生の終わりではないことを伝える

子どもとの接し方については、もう一つ重要なポイントがあります。これは、高校入試に失敗しても、人生が終わるわけではないことを明確にするためです。
大人から見れば、高校受験の失敗は「まだ取り返しがつく」と思えるかもしれませんが、お子さんにとっては、人生で最大の挫折かもしれません。子どもに「安心感」を与えることは、子どもがやる気を出して次の目標に向かうためにとても大切な要素です。その努力を認め、今の状況はまだ好転する可能性があることを伝えることは、子どもの安心感を得るためにとても大切なことです。

高校入試の失敗がその後の人生や大学受験に与える影響とは?

また、高校受験に失敗すると、その後の子どもの進路に影響を与える可能性があることを保護者が認識することも重要です。なぜなら、まったく知識がない状態で、「人生の終わりじゃないんだよ」と子どもに言っても説得力がないからです。つまり、高校入試に合格できなかったからといって、その後の進路に直接的かつ大きな影響を与えることはないのです。もちろん、偏差値の高い高校に入ったほうが、難関大学への進学につながることも多い。しかし、高得点で高校に入学したからといって、必ずしも難関大学への入学を保証するものではなく、入学後の努力で希望の進路を実現できる子供もいるはずです。

第2、第3志望の高校は、第1志望校には及ばないかもしれないが、それでも志望大学に合格する生徒がいる。繰り返しになりますが、大切なのは入学してから頑張ることです。第一志望の高校でなくても、志望大学に向けて勉強することは可能です。学校での勉強だけでは限界がある場合は、自宅学習や個別指導塾で勉強することも可能です。ポジティブに考えれば、高校入試に失敗した理由や要因を分析することは、次の大学入試に活かせるアドバンテージになります。

高校入試に失敗した後の選択肢

高校入試に失敗した後の選択肢は?将来、大学や専門学校に進学する予定がある場合、次の2つの選択肢が考えられます。

他の高校を受験する

第一の選択肢は、他の高校を受験することです。高校の選択肢としては、国立、公立、私立の高校がありますが、その他にも全日制だけでなく、定時制や通信制の高校もあり、幅広い選択肢があります。一般的に高校入試は、まず推薦入試が行われ、次に私立高校、そして国立・公立高校の順で行われる。国公立高校が目標でも、その場しのぎで高校を選ぶのはいかがなものかと思います。国公立高校の前期入試に失敗しても、あきらめずに後期入試の国公立高校を募集している塾や私立高校を探せばいいのです。

高校卒業資格試験の受験

高校に進学しなくても、「高等学校卒業程度認定試験」を受ければ、「高卒」として大学や公務員の試験を受けることができるのです。また、一部の資格については、「高校卒業」を受験資格として設定することもある。その場合、高等学校卒業程度認定試験に合格することで要件を満たし、試験を受けることができます。高等学校卒業程度認定試験とは、かつて大検と呼ばれていた大学入学資格検定試験の名称を変更したもので、基本的には同じものです(試験科目に若干の変更がある)。受験年度末に16歳以上であれば、誰でも受験することができます。(全日制高校に在籍中の場合は、学校長の許可が必要です)。

前述のように8科目あるので、試験範囲は広いですが、問題は難しすぎず、中学生から高校1年生くらいまでの学習レベルです。また、合格した科目は翌年の試験が免除されるので、数回の受験で合格を目指すことも可能です。また、高校に通わず、個別指導塾や自宅で勉強して、高校受験をし、大学進学を目指すという方法もあります。

高校入試に失敗しないために

高校入試に失敗することは必ずしも大きな問題ではないことを示したが、親は当然、自分の子どもには高校入試に失敗してほしくないと思っている。特に受験を控えた生徒の親御さんは、なおさら強く感じるのではないでしょうか。
ここでは、試験に落ちないためのコツを紹介します。また、保護者の方も、お子さんをフォローし、アドバイスできるような配慮が必要です。

タイムテーブルを知る

まず、試験や学校・部活の時間割を早めに把握すること。高校入試は科目が多岐にわたるので、長期的な学習計画を立てることが望まれます。1日に確保できる勉強時間や、学校行事や部活動の時間割を、生徒とよく話し合ってください。

効果的な学習方法

高校入試を成功させる鍵は、良い学習習慣を身につけ、効率的な学習方法を実践することです。

学習習慣を早くから身につける

受験勉強というと、「1日5時間」など長時間の勉強をイメージされるかもしれませんが、日頃の学習習慣がない子どもたちにとって、いきなり長時間の受験勉強のための復習をするのはとても大変なことなんですね。しかし、普段から学習習慣のない子どもたちが、いきなりGCSEの勉強を長時間するのはとても大変なことです。

 基礎知識は大切です。

高校入試では、基礎が大事です。特に、勉強の仕方がわからない子どもは、授業内容の復習や定期テスト対策に力を入れるべきでしょう。中学校3年生の1学期までに定期試験対策を行い、基礎学力を養うことが大切です。

間違った質問を理解する。

定期テストや模擬試験で間違えた問題を正解できるようになることは、非常に効果的な勉強法です。テストや試験を受けたら、時間をかけて復習し、弱いところを潰しておくことです。

中学3年生の夏までに、1・2年生の内容をすべて復習しておく。

高校入試の問題の約7割は、中学1・2年生で学習した内容から出題されます。そのため、3年の夏休み前に1年と2年の内容を徹底的に見直すことが重要です。中3の夏休み以降は、模試や過去問を利用して受験に備えることができます。中学生の夏休み明けには、実際の試験に近い環境で模擬試験や過去問を解き、難問を解く。そうすることで、本番の試験の形式や傾向に慣れ、最高のコンディションで試験に臨むことができます。

学習塾選びのポイント

志望校合格のために、個別指導塾に通うこともできます。しかし、チュートリアルがたくさんあるので、どれがいいのか悩むかもしれません。しかし、個別指導塾はたくさんあるので、”どの塾がいいのかわからない・・・”などの不安もあるかと思います。 . ここでは、カウンセリングスクールを選ぶ際のポイントをご紹介します。

集団指導と個別指導はどちらがいいのか?

グループ授業とは、毎週決まった時間に6~20人程度のグループで授業を行う個別指導塾の一種です。グループ授業は学校から先行して行われることが多く、宿題もその都度出されるのが普通です。受験対策や試験対策に力を入れている授業も多く、難関校を目指す人は学校で習う科目以外を勉強することもあるようです。一方、個別指導の授業は、1人の教師が1〜3人の生徒を担当する補習授業の一種である。学生は自分のペースに合わせて学習ペースやスケジュールを調整することができます。授業料は集団指導に比べれば高いですが、勉強が苦手なお子さんの学習習慣をつけるには有効な手段です。平均以上のお子さんであれば、集団指導でも個別指導でも問題ありませんが、より深く学習を進めたい場合は、個別指導塾をおすすめします。

友達が通っているからという理由だけで、個別指導塾を選ぶのは危険です。

友達がいる学校に通うのは心強いかもしれませんが、友達にとって「良い」学校が、必ずしもその子に合った学校であるとは限りません。お子さんの性格や学力は、お友達と同じではありませんから、よく吟味する必要があります。お友達と同じ塾に通うことは問題ありませんが、お友達が通っているからという理由で塾を選ぶのは避けた方が良いでしょう。

学校の教育方針や特徴は、学校のホームページで確認することができます。

塾の教育方針や特徴は、お子さまに合った塾を選ぶ際の目安になります。塾の教育方針や特徴はホームページで確認することができるので、事前にチェックして塾の雰囲気をつかむとよいでしょう。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 658991総閲覧数:
  • 476今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 212今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー