福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校入試に英単語の暗記は必要ですか?どうすれば効果的に暗記できるのか?

time 2022/11/16

【高校受験】高校入試に英単語の暗記は必要ですか?どうすれば効果的に暗記できるのか?

高校入試に英単語の暗記は必要ですか?どうすれば効果的に記憶できるのか?

英語は高校入試の必須科目の一つであり、入試の結果を大きく左右する重要な科目です。受験する高校によって異なりますが、高校入試の英語は基本的に、リスニング、英作文、長文読解、英文法、語彙で構成されています。語彙は、あらゆる形式の英語を読み、理解するために不可欠なものです。しかし、多くの学生は、語彙を暗記することが難しいと感じています。高校入試のための英単語暗記の必要性と、その効果的な方法を解説します。

高校入試に必要な英単語の数を教えてください。

高校入試の勉強では、まず暗記しなければならない単語の総数を把握することが大切です。中学校の3年間で覚えた単語の数と、高校入試に必要な単語の数を比べてみてください。中学校で習う英単語は中学校の教科書は、文部科学省が発行する「学習指導要領」に基づいています。2017年3月に学習指導要領が改訂され、2021年以降に中学校で新学習指導要領が全面実施される予定です。改正後は、中学校では1,600〜1,800語程度、2020年から英語が必修化される小学校では600〜700語程度となり、中学校と小学校で学ぶべき英語の語彙が従来に比べて最大で1,300語増加したことになります。

は高校入試の出題語数は、かつては公立高校入試で1200語程度、難関私立高校入試で2500語程度でした。しかし、新しい学習カリキュラムの実施に伴い、義務教育で習う単語は最大2,500語程度であることから、難関校ではより多くの単語が必要になると考えられています。また、新学習指導要領では、入試問題の傾向が変わり、従来よりも思考力・判断力・表現力が求められるようになることが予想されます。自分の考えを表現するためには、それなりのボキャブラリーが必要です。

高等学校入試の英単語の学習ペース

高校入試の英語学習では、まず教科書に載っている単語を完全にマスターしていることが前提になります。必要な単語数に比例して、無理なく覚えられるような時間割を組むことが大切です。暗記すべき語彙が多いため、短期間で無理にこなすのは得策ではありません。早くから始めて着実に暗記する方が有利なので、受験勉強の復習を始めた日から、地道に並行して始めるといいでしょう。

英単語の暗記は必要ですか?

高校入試に出る英単語は少なくとも2,500語ありますが、多くの単語を覚えなくても、文脈から意味がイメージできることもあるので、対応できるようです。暗記は本当に必要なのか?暗記の必要性について説明します。

まずは単語を暗記するしかない。

英語の文章は、単語の組み合わせである。英語を理解するためには、まず単語を覚えなければならない。勉強が進むと文脈などから推測できるようになりますが、中学生で英語を学び始めた段階から推測に頼るのは危険です。英語は、高校に入学したら3年間勉強し続ける科目です。また、大学受験を目標とする場合、英語の入試を受け直さなければならない可能性が高いです。高校入試以降も直面する科目なので、推測ではなく、根本的に理解することが大切です。そのためには、語彙力を確保することが先決です。

難しい言葉ではなく、「使える言葉」が必要なのです。

大量の英単語を覚えるからこそ、やみくもに勉強するのは効率的ではありません。高校入試の英語は、使える単語がたくさん含まれています。長文読解で大切なのは、言葉の意味を理解できるようになることです。難しい単語をたくさん覚えるよりも、文章を読んで理解するときに使えるようなキーワードを覚えることが大切です。

若ければ若いほど、暗記しやすい

暗記は何度も繰り返さなければならないので、苦痛に感じる学生も多いでしょう。しかし、暗記は若いうちほど有利な学習方法です。年齢を重ねるごとに、暗記する力は衰えていきます。中学生と社会人が2,000語覚えなければならないとしたら、社会人の方がずっと大変です。暗記が苦手な人でも、ここでしっかり勉強しておけば、大学受験や社会人生活でとても役に立つと思います。

英単語の効率的な暗記方法

英単語を暗記しても忘れてしまったり、スペルを間違えてしまう場合は、正しく暗記できていない可能性があります。ここでは、英単語を効率的に学習する方法をご紹介します。

短時間で繰り返し行うことが重要

英単語をたくさん覚えたいからといって、一気に暗記するのはやめましょう。人間の脳は、繰り返し見たものを重要な情報として認識する傾向があります。一度に大量の情報を暗記しようとすると、脳が不要な情報と判断してしまい、定着しないのです。一つの単語を長い時間をかけて覚えるより、いくつかの単語を並べて短期間で覚えた方が効果的です。短時間に一定の英単語に繰り返し触れることで、記憶に残りやすくなります。

単語よりもフレーズを暗記する

英単語を単体で覚えようとすると、暗号を覚えようとするのと同じで、脳が理解できないものと判断してしまうため、暗記がなかなか定着しないのです。英単語の暗記には、単語と同じようにフレーズの暗唱が効果的です。フレーズを頭の中に入れておくことで、覚えやすくなるのです。また、英語が得意な人ほど、フレーズを日本語に訳すのではなく、英語の語順で読んでいることが多いようです。覚えたい言葉を含むフレーズを書き出したり、メモをしたり、オーディオCDで繰り返し再生してみる。また、フレーズの暗記は、その単語が登場しやすい文章の傾向を把握でき、一度に多くの単語を暗記できるため、一石二鳥の方法です。

関連語を用いて単語をセットで記憶する

英単語を効率よく覚えるためには、セットで覚えることが望ましい。例えば、「is」と「isn’t」を別々のタイミングで覚えようとすると、両方の単語を2回覚えなければならなくなります。しかし、「is」と「isn’t」を組み合わせて覚えれば、「is」の反対語は「isn’t」というように、一回で両方の単語を覚えることができます。同義語、反義語、接続詞をセットで覚えるようにすると、フレーズを覚えるのと同じように効率よく複数の単語を覚えることができます。また、各単語の同義語・反意語を高確率で掲載しているので、簡単に調べることができます。英単語を暗唱するときは、最初に辞書で確認し、関連する単語も調べておくとよいでしょう。

大きな声で、自分の耳で聞く

英単語を見ただけで暗記するのは、頭に入りにくく、スペルミスの可能性が高くなります。人が実際に声に出したり、耳で聞いたりしたことは、より立体的に頭に残りやすく、記憶されやすいからです。効率よく覚えるには、声を出して、目と耳で覚えるのがおすすめです。通学時など声が出せないときは、声を出さずに小さな声でつぶやいたり、口を動かしたりするだけでも効果的です。教科書などから覚えたい単語をピックアップし、CDなどの音声に合わせて2回ほど音読する。音声をよく聞き、正しく発音を合わせることで、実践的な英単語力を身につけることができます。次に、音声なしで2回音読し、発音と意味を理解した上で音読できるかを確認します。この方法を一語一語繰り返すことが重要です。

言葉のルーツや語源を押さえる。

難しい英単語に出会ったら、その特徴に注目する。それぞれの言葉には、語源や由来があります。例えば、aquariumとaquaductは、どちらもaquaを語源とする言葉である。つまり、語源を知っていれば、一見してわからなくても、その言葉が何に関連しているのか想像できるのです。また、英単語を構成する接頭辞(un~、dis~、in~など)や接尾辞(~able、~mentなど)を知っていれば、スペルから意味を推測しやすくなる。また、単に文字の羅列として考えるのではなく、その言葉の歴史を知ることで、その意味を立体的な記憶として脳内に定着させやすくなるのです。

使うことで学ぶ

英単語の学習では、単語を見るだけでなく、声に出したり、書き出したりといったダイナミックな練習に時間をかけるとよいでしょう。さまざまな種類の知識は、実践的な使用によって記憶されます。英単語をノートに書き出すだけでなく、英語の歌を歌ったり、実際に英語の文章を作ったりして、覚えた単語を使う機会があれば、学習効果は飛躍的に高まります。英単語を使うには、まず教科書の問題や課題をこなす必要があります。問題を解く際には、英単語の発音記号やカタカナ、オーディオCDなどを用意して、単語のスペルや意味だけでなく、発音もマスターしておくとよいでしょう。実際の英単語を使い、楽しみながら効果的に学習することができます。

高校受験のための英単語教材

英単語を効果的に学習するためには、適切な教材を選ぶことが重要です。これまで単語を覚えるのが苦手だったという学生も、これらの教材を活用した学習法を取り入れることで、暗記スピードを大幅に向上させることができます。高校入試に使える英単語教材をご紹介します。

単語帳

必要最低限の英単語を身につけるために、単語帳は欠かせないツールです。自分の目標レベルに合った単語帳を選ぶ。例文や関連語彙など、英単語の立体的な知識が得られる単語帳なら、効率よく単語を覚えることができます。何冊かではなく、1冊の単語帳を繰り返すことをお勧めします。

電子辞書

英単語を簡単に調べたい学生にとって、電子辞書は必需品です。電子辞書は、その場で英単語を調べることができるので、英単語を覚える時間を短縮することができます。また、電子辞書には音声機能が付いているので、英単語の正しい発音を聞くことができるのもメリットです。できるだけ多くの英単語を覚えるために、知らない英単語は無視せず、すぐに調べる習慣をつけましょう。

紙の辞書

多くの学生が紙の辞書を使っています。紙の辞書の利点は、一度に多くの情報を見ることができることです。電子辞書に比べ、英単語を調べるのに時間がかかりますが、調べる過程や見つけた時の喜びが記憶に残るので、英単語の意味を忘れても、記憶から思い出せる可能性が高いのです。特に英訳付きの国語辞典をお勧めします。そうすることで、さまざまな英単語の意味を一度に理解することができ、効率よく記憶することができます。

学習用アプリ

最近、スマートフォン向けの英単語学習アプリが増えています。学習アプリの利点は、ゲーム感覚で遊べるので、楽しみながら暗記ができることです。多くは、短時間で何度も繰り返し学習できる仕組みになっているので、空き時間を有効に使って暗記することができます。ただし、スマートフォンは学習の妨げになることがあるので注意が必要です。勉強時間よりスマートフォンの操作時間が長くならないように、仕事の時間を決めておくようにしましょう。勉強アプリは品質にばらつきがあるので、よく見比べてから利用しましょう。

単語カード

単語カードは、覚えたい英単語を書き出したものです。覚えたい英単語を的確に探せるだけでなく、自分で書き留めることができるので、より記憶に残りやすくなります。コンパクトなものを選べば、持ち運びも簡単なので、通学途中や休憩時間など、ちょっとした空き時間を有効活用できます。単語帳よりも手軽に使えるため、反復学習の武器にもなりますので、ぜひ活用してみてください。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 659002総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー