福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校入試の効率的な勉強法 勉強スケジュールも紹介

time 2022/11/05

【高校受験】高校入試の効率的な勉強法 勉強スケジュールも紹介

第一志望の高校に合格できるかどうか、多くの受験生が不安を感じています。高校入試が初めてであれば、この不安は無理もないでしょう。 また、受験勉強の際、勉強時間について悩む人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では、時期別の勉強計画や効率的な勉強方法について解説していきます。何から手をつけていいかわからない」「勉強しているのに成績が上がらない」という受験生の方は、ぜひ参考にしてください。

では、高校入試の一般的な学習スケジュールを見てみましょう。まず、どのように勉強に取り組むべきか、大まかなタイムテーブルを確認しましょう。高校入試の準備は長期にわたるので、時間割を決めて勉強をスタートさせることが大切です。

中学3年生の4月から夏休みまで

4月から中3の夏休みまでは、多くの生徒が高校受験を意識し始める時期です。しかし、この時期はクラブや学校行事で忙しく、勉強にあまり時間を割くことができない時期でもあります。そのためには、毎日コツコツと勉強し、学校の授業に集中することが大切です。

この間、学校での学習をもとにした定期テスト対策を行い、基礎学力の習得に努めましょう。定期テストが終わったら、間違えた問題を解き直したり、やり直したりして、基本を強化することが大切です。テスト対策に力を入れることは、内申点アップにもつながります。

夏期休暇

中学3年生の夏休みは、いよいよ受験勉強が本格化する。夏は部活から離れ、自由な時間を持つ中学生も多い。この時期のポイントは、夏休みに中学校1~2年生で学習する5教科の内容を徹底的に復習し終えることです。高校入試では、約7割が中学校の1〜2年間で学んだ内容から出題されています。秋以降は、内申書や総合演習に注意が必要なので、夏までにP1、P2の学習内容を終えておくとよいでしょう。教科書や参考書の復習、過去の定期試験の復習に集中するのがベストです。

9月から低学年(3年生)の冬休みまで

9月以降、中学生は部活が完全に終了しているので、平日も毎日しっかり勉強することが大切です。また、内申点を上げ、志望校を決める大切な時期でもあります。特に、中学校の2学期に学習する単元は、入試において非常に重要なものが多くあります。ですから、学校のカリキュラムの内容をしっかり勉強することは、内申点の向上と受験の準備の両方につながります。そのうえで、定期的に模擬試験を受けること。模擬試験を受けるメリットは、自分の現在の実力レベルを把握できることです。また、目標への道筋を再確認し、自分の弱点を洗い出すことができます。自分の弱点を確認したら、可能であればこの期間に克服するようにしましょう。また、模擬試験で点数が低かった科目を重点的に勉強するのも効果的です。

冬休み明け

冬休みが終わり、そろそろ受験が始まるので、その準備の時期です。本番と同じ環境で過去問を解釈し、実力の最終チェックをする。
点数1つが合否を分けるので、点数を上げるための科目を徹底的に勉強することをお勧めします。

高校入試のための効率的な勉強法

各期の学習計画を説明した上で、次に効果的な学習方法について考えてみましょう。例えば、同じ時間勉強しても、いかに効率よく勉強するかで、勉強の効果は大きく変わってきます。高校入試では、学習成果の積み重ねが問われるため、効率よく勉強しているかどうかが結果に表れることが多いのです。ここで紹介する7つのポイントを意識して、効率よく勉強していきましょう。

学習プランの作成

受験勉強はやるものだと思っていても、いざやろうとするとなかなかモチベーションが上がらないものです。テレビ、ゲーム、スマートフォンの誘惑は、受験勉強の大敵です。このような誘惑に打ち勝つためには、学習計画を立て、それに沿って丁寧に学習することが必要です。例えば、英語5時間、数学5時間、理科2時間など、1週間ごとに具体的な計画を立てる。計画を立てる際に注意すべき点は、「完璧に計画通りに進めよう」という意識で計画を立てないことです。気分が乗らない日や、どうしても勉強できない日もあるでしょうから、臨機応変に対応することが大切です。あまり厳密に計画を守ろうとすると、長くは続きません。

最初は1日30分でいいので、机に向かうようにしましょう。

高校入試で大切なのは、学習習慣を身につけること。日々の積み重ねが学力向上につながるので、わずかな時間でも勉強する習慣を身につけることが大切です。極端な例ですが、1日に10時間ずつ勉強するよりも、1日1時間ずつ10日間続けて勉強する方が効果的です。しかし、日頃から勉強する習慣がない人にとって、毎日机に向かって勉強するのは大変なことです。すぐに飽きてしまったり、時には仕事にやる気が起きないこともあるでしょう。有効な対策は、最初は30分でもいいから毎日机に向かうことから始めて、徐々に時間を増やしていくことです。

基礎の強化

試験対策として発展問題や応用問題を勉強したくなることもありますが、試験に関しては基本を固めることが重要です。その理由は3つあります。1つ目は、高校入試の問題のほとんどが基本問題であることです。基礎がしっかりしていれば、7~8割程度の正答率で、合格圏内に十分なスコアが出せます。2つ目の理由は、基礎知識が明確でないと、ケアレスミスをしやすいからです。問題をよく理解していても、誰にでも間違いはあるものです。ミスを減らすためには、問題を何度も繰り返し、しっかり覚えておくことが効果的です。つまり、基本的な学習を繰り返すことで、ケアレスミスを防ぐことにもつながるのです。第三に、発展途上の問題であっても、基礎的なものがベースになっていることです。問題を解くときに自信がなくても、基本がしっかりできていれば、基本に立ち返ることでうまく解決できるかもしれません。以上のように、受験対策には基礎の強化が非常に重要です。何度も繰り返し勉強して、基本をしっかり身につけましょう。

インプットだけでなくアウトプットも

受験勉強は、知識のインプット(情報を入れること)が中心になりがちですが、アウトプット(情報を出すこと)も必要なのです。いくら英単語や数式のインプットを頑張っても、アウトプットがおろそかになっては、その知識を実際の問題で生かすことはできないかもしれません。例えば、「information」という英単語を見て、意味はわかるのに、スペルが書けない、実用的な問題で「information」を使った英文が作れないというのは、アウトプットが不足していることになるのです。ただ暗記するのではなく、暗記した内容がどのように出題されるかを理解することが大切です。暗記したものがどのように試されるかを意識して、暗記したものを使って実際に問題を解いたり、自分の言葉に置き換えたりして、アウトプットに取り組むことがとても大切です。

参考書や問題集は慎重に選ぶ

市販されている参考書や問題集には、さまざまな種類があります。数が多いので、どれを選べばいいのか迷ってしまう学生も少なくない。中には、良いと思った本を3~4冊買って、大量の問題集や参考書を読み漁る人もいるだろう。ただし、自分のレベルや目標に合った参考書や問題集を慎重に選ぶことが大切です。この本を完璧にマスターすることで、問題を解くのに十分な知識と能力を身につけることができるのです。むしろ、完璧にマスターするためには、問題を繰り返しやり、本の中の解説を理解することが大切です。

まとめノートを取らない

試験勉強でまとめノートを取る人は多いですが、きれいに整理されたノートはあまり効果的な勉強法ではありません。まとめノートを取ると達成感があり、勉強した気になれるかもしれませんが、試験対策としてはノートや参考書に直接書き込む方がはるかに効率的です。

間違えた問題を大切にする

試験勉強で最も効果的なのは、間違えた問題を反省することです。どうすれば次に同じ問題を間違えないかを考えることで、問題の本質に迫ることができるのです。定期テストや論文、模擬試験で問題を間違えた場合、なぜ間違えたのかを徹底的に考え、対策を立てる。

高校受験で塾の授業がサポートできることとは?

個別指導塾に通ったことがない方にとっては、なかなかイメージが湧かないかもしれませんね。しかし、高校受験の対策として個別指導塾に通うことも推奨されています。ここでは、ガクトのスクールに通うことでどのようなメリットがあるのかを解説します。

個別指導塾に通うメリット

まず、個別指導塾に通うメリットについて説明します。個別指導塾にはそれぞれ特徴やメリットがあるので、受けられる特典は異なりますが、一般的には以下の3点を個別指導塾に通うメリットとして挙げることができます。

学校の環境が違うので、モチベーションも上がります。

家庭的な雰囲気のチュートリアルもあれば、激しい雰囲気のチュートリアルもあります。いずれにしても、学校とは違う雰囲気で学べるので、モチベーションが上がりやすいと思います。学校によっては個別指導塾専用の教材や映像教材を使っているので、飽きることなく勉強できます。

誘惑が少ない環境で勉強できるから、集中できる。

家にいると、スマートフォンやテレビ、漫画など、勉強を妨げる誘惑がたくさんありますが、個別指導塾にはそのような誘惑が一切ありません。勉強に集中できる環境が整っているので、自然と集中力が高まります。

わからないことはチューターに質問することができます。

わからないところをチューターに質問できるのは、個別指導塾ならではのメリットです。個別指導塾の講師は、勉強を教える・学ぶプロなので、わからないところは的確に答えてくれるはずです。

志望校の傾向に合わせて受験対策ができる。

塾では、豊富な経験をもとに、志望校の傾向に合わせた受験対策を行っています。志望校では、「この学校は過去にどんな試験問題を出してきたのか?試験に合格するためには、どのような科目に重点を置けばよいのでしょうか?そうしたデータをもとにした受験対策なので、志望校のレベルに合わせて勉強することができます。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 659010総閲覧数:
  • 18今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー