福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校受験に向けたステップと家庭ができるサポート、親の役割について

time 2022/11/08

【高校受験】高校受験に向けたステップと家庭ができるサポート、親の役割について

高校受験の準備のステップと家族ができるサポート、親の役割について

高校入試を成功させるためには、どれくらいの勉強時間を確保すればいいのでしょうか?そして、志望校に合格するためには、どのような勉強をすればよいのでしょうか。今回は、高校入試を成功させるためのステップ、成功するための勉強時間の設計、受験や進路に対する親の関わり方などをわかりやすく解説していきます。

高校入試合格へのステップ

まずは、高校入試の準備を始めるための具体的なステップをご紹介します。

(1) 志望校を決める。

まずは志望校を決め、3年間を充実して過ごせる学校かどうかを慎重に検討することが最も重要なステップとなります。学校のカリキュラム、先生の教え方、校風、部活の種類など、さまざまな角度から自分の希望を確認しましょう。志望校を決める際の具体的なポイントは5つあります。

1点目は、「公立高校」に行きたいのか「私立高校」に行きたいのか。両者の最大の違いは授業料で、一般に公立校の方が高い傾向にある。私立高校は特色があり、付属の大学もある傾向があるのが利点です。公立か公立であるかを決める際には、カリキュラムの内容、校風、高校卒業後の進路などを考慮することが重要です。

次に確認するポイントは、偏差値です。受験勉強を頑張れば挑戦できるレベル」「今の自分の学力に合ったレベル」など、偏差値で志望校を選ぶことで、受験勉強がうまくいき、選んだ高校に合格しやすくなります。偏差値の高い高校ほどコースの幅が広い傾向があるが、偏差値が低いからといって必ずしもコースの質が低いわけではない。

通学にかかる時間も、志望校を選ぶ上で非常に重要なポイントです。通学時間を考慮せずに遠すぎる学校を選んでしまうと、大きな負担となり、いざ通学したときに学校生活に支障をきたす可能性があります。志望校を選ぶ際には、高校までの通学手段(自転車や電車など)を利用して、実際に学校の雰囲気を知ることも大切です。

また、子どもが参加したいクラブがあれば教えてあげることも大切です。お子さんが部活に入りたい、高校で部活をやりたいという場合、志望校の部活を調べておくとよいでしょう。志望校に入りたい部活があれば、受験勉強へのモチベーションも上がります。

お子さまが大学進学を希望される場合、学校の進学実績を確認する必要があります。志望校のホームページやパンフレットで、大学の進学率やレベル、合格者数、神童を除く在校生の実績などを確認し、志望大学に進学できる環境が整っている高校であるかどうかを確認しましょう。

以上の5つのポイントから志望校が決まったら、入試のための勉強を始めましょう。次に、志望校合格のために押さえておくべき勉強のポイントについて説明します。

(2) 必要な学力の獲得

高校入試に合格するためには、志望校に合格するための学力が必要なのは当然のことです。まず、基礎学力を身につけること。いきなり難しい問題に挑戦するのではなく、まずは簡単な問題を正解できるような基礎学力をつけることが大切です。また、5教科をバランスよく勉強し、好き嫌いを選ばないことが大切です。

(3)志望校の入試に合わせた勉強をする。

基本をしっかり押さえたら、志望校の過去問に取り組む。過去問を解く際には、試験問題のレベルを把握し、傾向を掴み、段階的にレベルアップしながら練習することが大切です。基礎学力だけでは、志望校に合格することはできません。志望校の入試に合格するためのスキルを身につけることが必要です。

高校入試に合格するためには、具体的に何をすればいいのでしょうか?

入試に合格するためには、具体的に何をすればいいのでしょうか?

高校入試で志望校に合格するための手順がわかったところで、具体的にどのような受験勉強をすればいいのでしょうか。まず、どのくらいの勉強時間を確保する必要があるのかを見てみましょう。

受験生は何時間勉強すればいいのですか?

個人差があるのであくまで目安ですが、平日は16:00〜18:00頃に学校から帰宅し、そこから22:00〜23:00頃の就寝まで、4〜7時間程度は勉強する時間があるそうです。食事と入浴の時間をそれぞれ1時間ずつ差し引くと、自由時間は2〜5時間程度になります。趣味や親子の語らいなどの息抜きの時間も必要なため、平日の学習時間は1〜3時間程度が限度でしょう。学校の授業にも時間がかかるため、受験勉強に充てる時間が少ないことは明らかです。

中学生のための効果的な勉強法

部活や学校行事で忙しい中学生のために、高校入試の勉強のポイントを紹介します。 短時間で集中して勉強する。
長時間勉強しなければいけないというイメージがあるかもしれませんが、『学びを充実させる』ことが重要です。そのため、長時間勉強することが必ずしも正解とは限りません。特に、部活や学校行事で学習時間の確保が難しい中学生には、短時間で効率よく学習する方法が必要です。例えば、長時間の勉強を目指すのではなく、その日にやるべきことを達成するための計画を立てることです。また、その行動を日課にすることもおすすめです。学校から帰ったらすぐに机に向かうなどの姿勢を持つことで、行動が習慣化され、短時間でも集中できるようになります。短時間でいかに集中できるかを考えることが大切です。 2.通学などのスキマ時間を利用する
繰り返しになりますが、忙しい中学生の皆さんは、空き時間を有効に使うことをおすすめします。電車やバスで通勤しているときでも、単語カードや小さな参考書を見るなど、暗記学習をすることができます。勉強時間に何ができるかを考え、少しずつ勉強時間を確保する。スキマ時間に勉強を積み重ね、結果的にトータルで長い時間勉強することになれば、それなりの勉強時間を確保することができます。朝10分単語帳を読むだけでも、1週間繰り返せば70分となり、1時間以上の勉強時間になります。

高校入試のために親ができること

最後に、高校受験を控えたお子さんをサポートするために、親御さんができることを見ていきましょう。

学習質問を聞く

親」として、中学生のお子さんにできることは、心の支えになることです。その代表的なものが「学習の悩みを聞く」ことです。中学生になると学習レベルが上がり、親が内容を教えることが難しくなってきます。それよりも、「親」になって不安や悩みを解消してあげることが、より効果的なサポートになるのです。成績が悪いからといって叱るのではなく、生徒の学習上の問題点をよく聞き、一緒に解決策を考えていくことが大切です。

キャリアパスについて一緒に考える

お子さんと一緒に進路を考えるときは、一緒に考えるのが理想的です。大切なのは、リードするのではなく、伴走するイメージを持つことです。子ども自身に考えさせながら、判断のためのアドバイスやサポート、子どもが理解できないことや見えていないことを提示する。勉強が一番できるのは自分なのだから、自分の進路を選ぶのは自分なのだという意識を子どもに持たせることが大切です。子どもの理想の進路について親子で話し合う機会を設けている家庭を調査したところ、86%以上の家庭が適切なコミュニケーションをとっていることが分かったのは偶然ではありません。子どもが親に進路について相談することで、自分の進路に自信を持ち、学習意欲を高めることができるのです。また、子どもの進路についてコミュニケーションをとり、自分の選択に自信を持てるようにすることも大切です。

学習環境の整備

部活動や学校行事で勉強時間を確保することが難しい中学生にとって、勉強時間を有効に活用することは重要なことです。そのためには、「親」の視点で学習環境を整理することが重要です。いくら注意力があっても、テレビやゲームの音が響く部屋では集中できません。家庭で集中して学習するためには、家族の協力が不可欠です。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 658991総閲覧数:
  • 476今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 212今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー