福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校受験に役立つ勉強法! おすすめの勉強法は?

time 2022/11/13

【高校受験】高校受験に役立つ勉強法! おすすめの勉強法は?

高校入試に役立つ勉強法!?おすすめの勉強法は?

高校受験のために早くから勉強を始めても、やる気が出なかったり、科目ごとの正しい勉強法を知らなかったりする人が多いようです。高校入試に合格するためには、入試当日のセンスある学習計画を立て、入試科目に合わせた効率的な勉強方法を見つけることが大切です。今回は、高校入試に向けた効果的な勉強のコツや、科目別の勉強方法について解説します。

勉強法を考える前に、入試勉強に必要なことを把握しよう。

志望校合格のためには、できるだけ早く受験勉強を始めることが大切ですが、その前に確認しておきたいことがいくつかあります。やみくもに受験勉強を始めても効率が悪いし、適切な目標を設定することもできないからだ。では、どのような点をチェックすればよいのでしょうか。代表的な2つのポイントについて説明します。

自分の現在の学力を知る

受験勉強を始める前に、まずは自分の現在の学力を確認することが大切です。これまで勉強してきた内容をどの程度理解しているか?もちろん、得意な科目とそうでない科目では、習熟度に差があります。各科目のレベルを確認し、得意な科目は伸ばし、苦手な科目はなるべく克服できるようにする。学んだことを定着させるには、復習が必要な場合もあり、多くの時間を要します。現在の学力を知ることは、高校入試のタイムテーブルを決める上でも重要です。

志望校を明確にし、目標を持つこと

また、志望校を明確にし、早い段階から目標を設定することも大切です。行きたい高校を決めるだけで、実感がわき、受験勉強のモチベーションも上がります。志望校が決まったら、その学校の入試の時間割や教科を確認する。公立と国公立では入試の時間割が違う。また、学校や学部によって入試の内容やテストの点数が違うので、自分がどの科目を勉強する必要があるのかを確認してみてください。どの科目に重点を置くべきかを知ることで、無駄なく試験勉強ができるようになります。

高校入試に向けた効率的な勉強方法とは?

高校入試では、いかに効率よく勉強するかが合否に大きく影響します。しかし、多くの受験生は、どの勉強法が自分に合っているのか分からないまま、時間だけが過ぎていくのです。効率よく勉強するためにはコツがあります。勉強するときのポイントを押さえておけば、合格への最短ルートをたどることができます。ここでは、効率よく勉強するための4つの方法を紹介します。

学習スケジュールを設定する

高校入試では、適切な学習スケジュールが最も重要です。学習スケジュールは、毎日の学習サイクルを把握するだけでなく、各教科の進捗状況を把握することができます。しかし、受験生といえども、必ずしも高い意識を持って勉強しているわけではありません。気分が乗らない日や、苦手な教科を勉強しているときは、学習のスピードが落ちがちです。試験日までに自分のペースをつかむために、きちんとした学習スケジュールを立て、それをできるだけ守ることが大切です。

基本を徹底的に勉強する

試験勉強というと、難易度の高い問題に集中するイメージがあります。しかし、受験で成功する人と失敗する人の差は、基礎学力の差です。上辺だけでなく、難しい問題ばかりに手を出すのではなく、どれだけ基本を定着させられるかが重要です。実際、高校入試の問題の約7割は、中学1・2年で学習した内容から出題されています。また、全国の公立高校入試の平均点は約60点です。つまり、基本的な内容はもちろん、難易度の高い内容も多く出題されるのです。そのため、難易度の高い問題に取り組む前に、まずは基本的な問題の正答率を高めることが重要です。入試勉強が本格化する中3の夏休みには、それまで勉強してきたこと、特に基礎的な部分を繰り返し勉強しておくとよいでしょう。

定期的に模擬試験を受ける。

中学3年生の秋になると、より応用的な問題を扱うようになります。定期的に模擬試験を受けて、自分の実力を確認する。過去の模擬試験やテストでうまくいかなかった科目を中心に、ひとつひとつ苦手を克服し、点数アップを目指しましょう。また、模擬試験の結果をもとに勉強方法を柔軟に変更することも、学習効率の向上につながります。

勉強時間に暗記した科目を繰り返し学習する。

理科や社会は、試験勉強では基本的に暗記科目なので、どれだけ情報を覚えられるかが合否に直結するのです。暗記科目は机の上だけでなく、通学時など電車の中でも勉強できます。何度も繰り返し暗記して、通学時間を有効活用しましょう。できる限り覚えておく」というメンタリティーを保つことが大切です。

高等学校入試に合格するための勉強法(5教科を基本とする)

戦略的な学習は、高等学校入試の必須科目です。各科目の特徴や出題傾向を理解し、得意分野を伸ばして点数を稼げば、合格に近づきます。ここでは、各テーマの詳細な研究方法を紹介します。

国語

他の科目と違い、日本語では文章から正解を抽出したり、正解の根拠となる記述を探したりすることができます。問題集や予想問題で勉強し、解説をよく読んで解答パターンを覚えましょう。問題解決力が身につけば、国語の点数アップも確実に期待できます。文法、難読漢字、表現を暗記する。また、空いた時間に繰り返し練習することもおすすめします。音読しながら、本文のテーマに沿って補足していくことで、理解度が高まります。

数学

難しい科目」と思われがちな数学を苦手とする中学生は多いが、数学の学習で大切なのは「解き方を覚える」こと。最低限の公式を暗記したら、問題集や過去問を繰り返し、問題の意図や解き方を理解しましょう。一見、レベルが高いように見えるアプリケーションの問題も、分解してみると基本的な問題の組み合わせに過ぎないのです。数学で高得点を狙うなら、志望校だけでなく他校の入試問題にも積極的に取り組むことをおすすめします。

英語

英語学習の効果的な方法は、語彙と英文の読み書きを練習することです。これにより、文法や語彙の基礎が強化され、応用問題にも難なく挑戦できる力を養うことができます。高校入試で英語のリスニングテストが行われることもあるので、音読の順番を繰り返して意味を理解し、単語や文章を書き出して覚えるようにしましょう。そうすることで、聞いたり見たりした英語に素早く対応することができるようになります。また、英語では語彙力が読解力の軸となるため、長文問題を繰り返し解くことで語彙力の習得を図るのが効率的です。

理科

理科は計算と暗記に分かれる。計算には公式を使うので、基本的な問題を解いて公式を定着させることが望ましい。暗記という点では、読み書きを反復して覚えることが重要です。また、理科で高得点を取るためには、記述式問題の対策が不可欠です。教科書を隅から隅まで知り、記述式問題に特化した問題集で実力をつけることが必要です。

社会

他の学問と異なり、社会科は記憶、データ、記述によって特徴付けられる。まず、基本的な用語を正しく覚えることが目的です。まずは教科書の太字の用語から始めて、徐々に周辺の単語や知識を加えていくと、より効果的な学習ができます。過去問や問題集をいくつか自力で解いてノートにまとめるよりも、問題集を何度も解いて解説を読み、完全に覚えているかどうか確認しましょう。

勉強のモチベーションを上げる方法

一心不乱に勉強することは難しく、誰にでもやる気のない時はあるものです。高校入試は長期的なプロジェクトです。安定した勉強を続けるためには、バランスよく勉強し、休憩をたくさんとることが必要です。ここでは、やる気が出ないときの勉強法、対処法を解説します。

いずれにしても、勉強すること。

今日はやる気が出ないから勉強したくない」と思っても、とにかく勉強を始めることが大切です。机に向かっているときはやる気がなくても、だんだん勉強モードになる人は多いものです。また、「〇〇時までテレビを見ない」と決めて、半ば強引に勉強を始めるのもおすすめです。また、スマートフォンを手近に置いていると、気が散って勉強に集中できないこともあります。やる気が出ないときは、スマホを別の部屋に置いてみてください。

勉強の息抜きをする

やる気がないときに、机に向かうのが苦痛になることもあります。そんなときは、軽いストレッチやランニングでリフレッシュするとよいでしょう。どうしても眠いときは、無理に勉強を続けず、仮眠をとるようにしましょう。ただし、長時間の昼寝は疲れを感じさせ、勉強の生産性を下げてしまうので、10~20分程度の昼寝にとどめておくようにしましょう。

その日は勉強しない

毎日勉強するのはストレスになります。ダラダラと勉強を続けても、進歩はなく、疲れるだけです。また、「やる気のない日は勉強しない」と心に決めておくことも大切です。この日を休息日にすると、翌日以降にモチベーションが回復することに気づきます。

場所を変更する。

毎日同じ環境で勉強していると、飽きてしまい、やる気をなくしてしまうことがあります。そんなときは、勉強する場所を変えて、リフレッシュするのがおすすめです。また、マンネリ化した環境にいると、勉強の効率も悪くなります。カフェや図書館、自習室など、勉強に適した場所を選ぶと便利です。学校や学習塾の自習スペースは、気持ちを落ち着かせ、モチベーションを上げるのに最適な場所です。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 658976総閲覧数:
  • 461今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 208今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー