福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校受験の模試は受けるべき?模擬試験を受験に生かす方法

time 2022/11/11

【高校受験】高校受験の模試は受けるべき?模擬試験を受験に生かす方法

高校入試の模試は受けるべき?模擬試験を受験に生かすには

高校受験に向けて、模擬試験(以下、模試)を受けるべきかどうか悩む受験生や保護者の方も多いのではないでしょうか。大学入試で模擬試験を利用する人は多いのですが、高校入試で模擬試験を利用する人は珍しいと思います。しかし、模擬試験を効果的に利用すれば、より効果的に高校受験の勉強をすることができます。この記事で、高校入試の模擬試験について理解を深めてください。

高校入試の模擬試験とは何ですか?

高校入試模擬試験とは、主に高校入試を題材に、試験問題の形式や難易度を再現し、受験者の実力を把握するための模擬試験です。模擬試験は、公的機関ではなく、塾や予備校などの企業が実施するものです。内容は開催する塾・予備校によって異なり、塾・予備校が保有する生徒のテストの点数などのデータを分析・活用し、受験の専門家の視点から高校入試の模擬試験を作成しています。高校入試模擬試験は、実際の高校入試に基づいた内容や問題数、出題パターンを正確に再現しており、中には実際の入試と同じ問題や解答用紙が含まれている模擬試験もあります。模擬試験を受けることで、高校入試の形式に慣れることができ、試験会場の雰囲気も味わうことができます。それらをうまく活用すれば、志望校選びの重要な方向性を示してくれ、志望校合格に近づくことができるのです。大学入試の模試とは異なり、現在の高校入試の模試は県単位で実施されることが多い。これは、地域に点在するさまざまな高校に対応するためで、実際に高校入試の模擬試験には、地元の高校に特化した内容のものが多くあります。また、高校入試の模擬試験は、一般的に中学校の行事として行われることはありません。その理由は、次節で詳しく説明します。

なぜ、中学校では模擬試験を行わないのですか?

現在、中学校では一般的に高校入試の模擬試験は行われていませんが、かつては公立中学校が「高校入試のプレテスト」として校内で模擬試験を行っていました。当時、模擬試験は「ベンダーテスト」と呼ばれ、自分で申し込むことなく、すべての生徒が受けられるように授業の一環として取り入れられていた。しかし、偏差値で高校を振り分ける進路指導に日本教職員組合などから否定的な意見が出たため、文部省(現文部科学省)は高校入試のあり方を見直し、1993年から授業時間内に模擬試験を行わないことにした。1993年以降、学校の授業時間内に模擬試験を実施しないことが決定された。その結果、それ以降、中学入試の模擬試験を受けようとする生徒は、自ら他団体が実施する模擬試験を申し込み、中学以外で受験しなければならなくなったのです。

中学で模試を受けることはできなくなりましたが、高校入試を疑似体験できる貴重な機会です。高校入試の模擬試験の中には、中学1年生から受験できるものもありますので、早い時期からの復習と効果的な活用を今から検討しておくことをお勧めします。

高等学校入試の模擬試験を受ける意義は何ですか?

高校入試の模擬試験は、生徒自身の実力を測るために必要不可欠であり、志望校合格のための手段の一つであり、模擬試験を受けることには大きな価値があります。模擬試験を受けると、こんなメリットがあります。

試験での自分の立ち位置がわかる

模擬試験を受ける最大のメリットは、自分の学力が他の受験生と比べてどうなのか、視覚的に確認できることです。各高校とも募集人数に限りがあるので、志望校合格のためには、他の受験生よりも高い学力と点数があったほうがよいでしょう。しかし、志望校に合格するために一生懸命勉強していても、同じ志望校を目指す受験生の中で自分が現在どの位置にいるのか、合格する可能性は高いのか、俯瞰的に見ることはできません。一方、模擬試験には学校外の生徒も参加するため、試験全体の中での自分の立ち位置を判断することが可能です。また、模擬試験で自分の学力の伸びを可視化し、試験勉強が正しかったかどうかの判断基準にすることができます。

学業成績の客観的な評価

また、模擬試験は外部の人が作成していることもポイントです。ジュニア活動中のテストは、学校の先生が授業のペースに合わせて限られた教科から実施するため、生徒一人ひとりの正確な学力を把握することは困難です。また、授業でどの教科が得意か不得意かはある程度判断できますが、特定の教科の成績が良いなど、具体的な差は判断できません。模擬試験は、学校外で実施され、これまでに学習した全科目を対象とするため、自分の理解度や定着度を判断することができます。模試の結果には科目別の偏差値だけでなく、分野別の分析結果も含まれているため、自分の学力を客観的に把握することができるのです。分析結果の中には、自分では気づかなかった苦手科目の傾向が見られることもあり、新たな勉強法を考える良い機会にもなりそうです。

外部検定試験への対応

高校入試は、中間試験や期末試験といった中学校で行われる試験とは、内容だけでなく、その雰囲気も大きく異なる。高校入試では、その場で問題用紙を開き、限られた時間内に問題を解かなければならないというプレッシャーがあります。そのため、普段のテストでは問題なく対応できる生徒でも、高校入試となると緊張してしまい、普段はしないようなミスをしてしまうことがあります。中学生は学校外でテストを受ける機会が少ないので、模擬試験などで学校外のテストの雰囲気に慣れておくことが大切です。

効果的な模擬試験の受け方を教えてください。

高校入試の模試を受けるだけでは不十分です。それらをうまく活用し、模試の経験や結果を受験勉強に反映させることが重要です。高校入試の模試をより効果的に活用するには?ここでは、効果的な模試の受け方について解説します。

より大きな模擬試験を受ける

高校入試の模擬試験を選ぶときは、なるべく規模の大きいものを選ぶようにしましょう。模擬試験で、受験者数に対して自分の学力がどの程度なのかを把握することができます。そのため、模擬試験の規模が大きいほど、より正確な結果が得られる可能性が高くなります。逆に、受験者数が少なく、模擬試験も少ないと、自分の学力状況をより正確に把握することは難しくなります。

定期的にテストを受ける

模擬試験を受けて安心する学生もいるかもしれませんが、模擬試験は定期的に受けてこそ効果があります。模試の結果は現在の学力を測るものなので、毎回定期的に模試を受けることで、普段の受験勉強の成果を数値で判断することができます。また、現在の受験勉強がうまくいっているのか、それとも別のアプローチが必要なのか、など、今後の受験勉強の方向性を見極めるためにも利用できます。高校入試の模擬試験は1回だけでなく、定期的に受けて、自分の学習能力の変化を把握しましょう。

志望校のある県の入試に対応した模擬試験を受けてみる。

模試を受ける目的は「志望校に合格するため」です。模試を効果的に受けるには、志望校のある都道府県の入試に対応した模試を選ぶ必要があります。塾や予備校によって、さまざまな模試が行われています。志望校のある都道府県の出題傾向に対応した模試を選んで受験することで、志望校の合格可能性を正確に把握することができますし、受験勉強の参考にもなります。

高校入試模試の活かし方

模擬試験を受けること自体に意義がありますが、高校入試の模擬試験を最大限に活用するためには、プラスアルファの工夫が必要です。高校入試の模擬試験を最大限に活用するためのコツをご紹介します。

模擬試験と連動した受験対策

高校入試の日を目標に勉強している学生にとって、その道のりは長いと感じる人も多いだろう。時には、目標を見失い、スランプに陥る学生もいるかもしれません。そんな時、有効なのが模擬試験です。定期的な模試を目指すことで、受験勉強にリズムを作ることができます。また、模試の結果で自分の学習内容がわかるので、モチベーションアップにも効果的です。また、模擬試験を本番の練習として利用し、問題を解く際の発想の転換や時間配分に気をつける練習をすることもできます。また、模擬試験対策で行った受験勉強をうまく活用できるように、問題を解く際の意識改革や時間配分の考え方を練習するための手段としても活用できます。

解けなかった問題に完全に再挑戦する。

模擬試験は受けて終わりではなく、きちんと復習してこそ意味があるのです。模擬試験を受けたら、まずは自己採点してみましょう。わからない問題にはチェックを入れ、解答解説と照らし合わせて解き直し、理解を深めることが大切です。模試で解けない問題が出てきたら、その単元を復習し、次の模試に備えることで、着実に学力アップにつながります。模擬試験で模範解答を配布するので、復習がしやすい。また、模擬試験でわからないことがあれば、チューターに質問して取り組むことも可能です。

提供されたデータを最大限に活用する。

模擬試験受験後、短時間で採点済みの解答用紙とスコアレポートが届きます。マークレポートには、合否判定、各教科の偏差値、各単元の成績が記載されています。この結果を徹底的に調べれば、現在の自分がどの科目を得意とし、どの科目を不得意としているのかが正確に把握できます。また、提供されたデータは、模擬試験後の勉強の際に弱点克服のための勉強を取り入れるなど、試験に向けてより効果的な勉強ができるようになるのです。模擬試験で得たデータを最大限に活用し、効率よく試験対策を行ってください。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 659002総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー