福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校受験の面接対策!?よくある質問7選とベストアンサー

time 2022/11/04

【高校受験】高校受験の面接対策!?よくある質問7選とベストアンサー

「どんな質問をされるんだろう?

「面接でどう答えるか?

「自己アピールやモチベーションを上げることが思いつかない……」。

初めて高校受験の面接に臨む中学生の皆さんは、さまざまな不安や疑問を抱えていることでしょう。中でも、面接でどのような質問をし、どのような回答をすればいいのか、悩むことがあるようです。そこで本記事では、高校生の面接でよく聞かれる7つの質問と、その回答例をご紹介します。これらの質問に自分の言葉で答え、具体的なエピソードを交えて積極的に話すことができれば、面接で良い結果を得ることができるはずです。今回は面接でよく聞かれる質問をまとめてみましたが、よく聞かれる質問や答え方は学校によって様々です。

高校入試の面接でよく聞かれる7つの質問と回答例

高校入試の面接でよく聞かれる7つの質問と回答例を見てみましょう。

1.応募の理由を教えてください。

志望動機は、高校入試の面接で必ず聞かれる質問です。
特に高校が知りたがっている項目なので、答え合わせをしっかりとしておきましょう。
そして、志望動機の回答で最も大切なことは、「前向きな気持ち」を与えることです。偏差値が高くても合格できそうだから」「家から近いから」など、積極性に欠けると思われる回答は避けましょう。また、応募理由が「具体的」であることが重要です。面白そうだから」「有名だから」といった曖昧な回答はNGです。

[回答例]

「高校では英語を話せるようになりたいので、英語教育に力を入れている貴校を志望しました。

「高校ではサッカーを思い切りやりたいので、サッカー部の強い貴校を志望しました。

ちなみに、志望動機を述べるときは、あまり長々と説明しようとせず、簡潔に要点を述べるようにしましょう。例文と同じように、志望動機も一緒に記載するとよいでしょう。

2.高校に入ったら何をしたいですか?

高校に入ったら何をしたいですか」というのも、高校入試の面接でよく聞かれる質問です。面接官は「高校時代にどれだけ頑張れるか」を見極めようとしているので、「特にありません」といった消極的な回答はしないようにしましょう。”高校卒業後、何をしたいか “という質問に対するあなたの答え。 その答えは、特別なものでなくても、具体的であればいいのです。高校で何をしたいのか、正直に話す。

[回答例]

他の国の人や文化に興味があり、将来は国際的な仕事をしたいと思っています。そのために、高校では英語を頑張りたい』。

「私はサッカーが好きなので、勉強と同時にサッカー部に徹底的に関わりたい。

3.中学校で頑張ったことは?

高校入試の面接では、『中学校で頑張って勉強したこと』も聞かれるでしょう。面接官がこの質問をするのは、あなたが何を頑張ったか、その結果を知りたいだけでなく、その努力の過程で何を学んだかを知りたいからなのです。ですから、その中で工夫したこと、学んだことを伝えれば、相手に好印象を与えることができます。

[回答例]
英語を話せるようになりたかったので、1日1時間、英語の勉強をしました。その結果、TOEICを受験し、○○○○○という点数が取れました。継続して勉強することが良い結果につながると分かったので、今後の勉強にも意欲が湧いてきました。

勉強と部活を両立しています。サッカークラブの練習が休みの水曜日には、勉強や復習の時間を取っています。忙しくても、工夫次第で勉強する時間を確保できることを学びました。

4.将来の夢は何ですか?

将来の夢も、高校入試の面接でよく聞かれる質問です。思い描く夢を正直に答えれば、問題はないのです。また、その夢を実現するために現在行っていることを伝えると、より魅力的になります。

[回答例]

将来的には、海外勤務を伴う国際的な仕事をしたいと考えています。そのために英語学習に励んでいます。

将来は、教育関係の仕事に就きたいと思っています。目標達成のために、大好きなサッカーだけでなく、教育現場で働くために必要な勉強にも力を注いでいます。

5.あなたの強みは何ですか?

高校の面接では、「あなたの強み」を問う質問が定番です。自分の長所だと思うことを恥ずかしがらずに正直に答えてください。自分の強みを裏付けるエピソードを付け加えれば、面接官への印象も良くなるはずです。

[回答例]

私の強みは、素直であることです。クラブイベントのレギュラーを長く続けてこられたのは、監督やコーチのアドバイスや指導を受けられるからだと思います。

私の長所は、我慢して頑張れるところです。おかげで、中学校の部活は3年間休まずに続けることができました。

6.あなたの弱点は何ですか?

高校入試の面接でも「私の短所」はよく聞かれます。自分の短所を答えるときは、あまり否定的にならないように気をつけましょう。自分の欠点をどのように改善しようとしたかなど、できるだけポジティブな回答を心がけましょう。

<<回答例>>。

「私の弱点は、人の言うことに左右されやすいことです。ただ、それだけではダメだと思うので、”自分が何をしたいのか “をしっかり考えるようにしています。

私の欠点は、何かに熱中しているとき、人の話を聞くのがつらいことです。だから、誰かからアドバイスをもらったら、自分の考えと違っても、最後まで聞いて考えるようにしています。”

7.最近のニュースについて

“最近気になったニュースは?”といった質問。 とか、”なぜそのニュースが気になったのか?”などの質問があります。 このような質問も、高校入試の面接の常套手段です。ニュースに関する知識がなければ、これらの質問に答えることは不可能です。ニュース番組や新聞を定期的に見て、自分なりの意見を持つ習慣をつけましょう。

[回答例]

地球温暖化問題に関心があります。私は毎日、ゴミの分別やエアコンの温度設定など、できることをやっていますが、私とあまり年齢の変わらない環境活動家が、各国の政治家に環境問題に対する意見を述べる姿を見て、すごいと思います。

教育無償化が気になる。教育は平等に提供されるべきだとは思うが、財源がどこから出てくるのか、少し懐疑的である。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 658991総閲覧数:
  • 476今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 212今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー