テスト対策特別授業無料!完全1対1(マンツーマン)個別指導塾&家庭教師 福島県郡山市のプロ家庭教師 高校受験 大学受験対策 成績アップのお手伝い 小学生、中学生、高校生(文系)、全ての学年指導可能 駿英家庭教師学院の専任講師A・スズキのブログ 絶対合格勉強術 高校入試 大学入試 定期鉄と対策に!

テスト対策特別授業を無料で受けられる!最高の学習環境で完全1対1個別指導授業 学習塾と家庭教師のいいとこどりの新しい学習スタイル 郡山市のプロ家庭教師集団:駿英家庭教師学院専任講師スズキが成績がぐんぐん上がる勉強法のノウハウを教えます!駿英家庭教師学院の専任講師は勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

テストの点数が悪い人ほぼ全員に共通する原因とその対策について

time 2021/07/06

テストの点数が悪い人ほぼ全員に共通する原因とその対策について

福島県郡山市の中学生・高校生のみなさん

中学受験で中高一貫校へ合格を目指す

小学生の皆さん

お子さんの勉強が気にかかる保護者の皆様

完全1対1マンツーマン個別指導の

駿英家庭教師学院

専任講師のスズキです

 

テストの点数が悪いのは、勉強のやり方が間違っているためです。

原因を見つけて、しっかりトレーニングすれば、必ず成績は上がっていきます。

テストの点数が悪い人に共通する原因は5つあります

  1. 勉強時間が足りない
  2. 問題を解く量が足りない
  3. 解き直しをしていない
  4. 学習内容を理解できていない
  5. テストの当日に忘れてしまっている

それぞれ順番に解説していきます

目次

1.勉強時間が足りない

そもそも最低限の勉強時間が足りなければ、正しい方法で勉強していたとしても、テストの点数は悪くなっていきます。

「全然勉強してないよー」と言いつつ、テストでいい点数を取る人もいるので、勉強量が少なくても、テストでいい点数を取ることができると思ってしまうかもしれません。

そのようなことを言う人は、謙遜をしているか、勉強時間の水準が高く、1日2~3時間の勉強していも「勉強をしていない」と自己評価しているかのどちらかです。

テストで高い点数を取ることができる人は、遅くとも2週間前にはテスト勉強を始めています。

もし、そうでなくても、それは普段から塾でかなり勉強している人たちです。

テスト1週間前からテスト対策をはじめ、1日2~3時間程度の勉強しかしない人は、最低限の勉強時間が足りていません。

頭が悪いのではなく、トレーニング量の不足です。

2.問題を解く量が足りない

勉強時間を十分に取っている人も、問題を解く時間が少ないとテストでよい点を取ることはできません。

要注意なのが、ノートまとめをしたり、教科書を読んでいるだけの人です。

それらの勉強は、時間がかかる割に、勉強したことを思い出しにくいのです。

テストの時にきちんと思い出せるようにするには、問題練習が欠かせません。

問題を十分に解いていなかった場合は、次回から問題集を解くようにしてみてください。

それだけでも、テストの点数がグッと上がっていきます。

3.解き直しをしていない

勉強しているのにテストの点数が上がらない人は、解き直しをやっていない、または、解き直しをしていても回数が足りないという人が多いです。

解き直しをしないと、できなかった問題はできるようになりません。

できなかった問題がテスト当日にはできるようになるように、間違えた問題を解き直してできるようにしておくトレーニングが大切です。

解き直しをするようにすれば、80点の壁は簡単に突破できるようになります。

4.学習内容を理解できていない

問題を解いたり、間違えた問題を解き直してできるようにするためには、勉強内容が理解できている必要があります。

勉強は基礎知識がしっかりと身についていなければ、新しいことを理解することができません。

これまでの内容がわからなければ、これからの内容はどんどん分からなくなっていきます。

今、学校で勉強している授業の内容がわからない場合は、前のがくねんのべんきょうをふくしゅうしてみる単元も含めて復習をしておくことが大切です。

5.テストの当日に忘れてしまっている

これは、普段からきちんと勉強しているのになぜか点数が悪い人にありがちな原因です。

テストの点数はテスト当日にできた問題の量で決まります。

だから、授業で習った日は100%完璧にできていても、テスト当日に全部忘れてしまっていたら0点になってしまいます。

それまで勉強したことをテスト本番で発揮するためには、テスト3日前からテスト範囲の総復習ができる状態にしておくことが理想的です。

そのためには、テスト3日前までに問題練習を終えておく必要があります。

テスト前の3日間は、自分が解けなかった問題をとことん解き直すのです。

 

テストの点数を上げるための3つのステップ

テストの点数が悪いと悩んでいる人は、以下の3つのステップに従って、自分の勉強状況を改善しましょう。

ステップ1:勉強スケジュールを立てる

とにかく勉強時間を確保しましょう。

効果的な勉強法を知っていても、十分な時間をかけて勉強しなければ効果は出ません。

普段は平日3時間、テスト2週間からは毎日4時間勉強しましょう。

テスト前や受験の人は、休日には8時間以上勉強しましょう。

ステップ2:ミスを分析する

勉強時間を確保するめどがついたら、最初にやるべきことは、自分のミスを分析することです。

問題を間違えた原因は人さまざまです。

その原因によって対策方法が変わってきます。

  • 「わかっていたのに覚えていなかった」なら問題を解く量を増やす。
  • 「テスト勉強でも間違えていた」なら問題の解き直しの回数を増やす。。
  • 「そもそも理解できていない」なら基礎となる単元を復習する。

自分がやるべき勉強はどれなのか、ミスを分析して自分にあった勉強内容を選択しましょう。

ステップ3:ひたすらトレーニングする

自分のミスの原因を分析して、やるべき勉強方法が分かったら、あとはひたすら勉強あるのみです。

勉強はやれば絶対にできます。

やらなければ絶対にできるようにはなりません。

正しい方法で努力すれば、成績は必ず白いほど上がっていきます。

やるべきことをを徹底的にやりましょう!

 

うちの子の成績が全然上がらない…

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

間違った勉強法を続けていては

成績は上がりません

正しい勉強法に変えるだけで

成績は面白いほど伸びていきます

勉強ができないのは

頭が悪いわけでも

才能がないわけでもありません。

間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです

実際に私が勉強法を教えて

正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは

定期テストの点数がアップするなど

面白いほど成績が伸びています

正しい勉強法を知り、実践すれば

成績アップは簡単です

マンツーマンの個別指導で

自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は

駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣が

お子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

 

Common causes and countermeasures for almost all people with bad test scores

If your test scores are not good, it is because you are studying in the wrong way.

If you find the cause of the problem and train yourself well, your score will surely improve.

There are five common causes of poor test scores

Not enough time to study

Not solving enough problems
Not doing enough revision

Not understanding what they are learning
Forgetting what they learned on the day of the test

I will explain each of these in turn.

1. Not enough study time

If you don’t spend the minimum amount of time studying, even if you are studying in the right way, your test scores will get worse.

There are people who say, “I haven’t studied at all,” but still get good scores on tests.

People who say such things are either being modest or have a high standard of study time and self-evaluate themselves as “not studying” even if they study 2-3 hours a day.

Those who are able to get high scores on tests start studying for them at least two weeks in advance.

If they don’t, those are the ones who usually study quite a bit at cram school.

Those who start preparing for the test a week before and study only two to three hours a day are lacking the minimum amount of study time.

It’s not that they are dumb, it’s that they lack the amount of training.

2. Insufficient amount of problem solving

Even if you spend enough time studying, if you don’t spend enough time solving problems, you won’t be able to get a good score on the test.

One thing to watch out for is people who just summarize their notes or read their textbooks.

Those studies take a lot of time, but it is hard to remember what you have studied.

In order to be able to remember properly at the time of the test, it is essential to practice problems.

If you haven’t solved enough problems, try to solve them next time.

This alone will improve your test score.

3. You haven’t re-solved the problems.

Many people who study hard but don’t improve their test scores don’t re-solve their problems, or they don’t re-solve their problems often enough.

If you don’t do them, you won’t be able to solve the problems you didn’t solve.

It is important to train yourself to be able to solve the problems you made mistakes on so that you will be able to solve them on the test day.

If you do this, you will easily be able to break through the 80-point barrier.

Not understanding what you have learned

In order to be able to solve a problem or re-solve a problem you made a mistake on, you need to understand what you are studying.

You need to have a good basic knowledge to be able to understand new things.

If you don’t understand what you have learned so far, you will not be able to understand more and more of what you will learn in the future.

If you don’t understand the content of the lesson you are currently studying at school, it is important to review the previous year’s lesson, including the unit you are going to try to brush up on.

5. You forget something on the day of the test.

This is a common cause for people who study hard but somehow score poorly.

Test scores are determined by the amount of questions you are able to answer on the day of the test.

So, even if you were 100% perfect on the day you learned it in class, if you forgot everything on the day of the test, you will get a zero.

In order to show what you have studied up to that point on the test day, it is ideal to be in a state where you can do a comprehensive review of the test range three days before the test.

In order to do this, you need to finish practicing the questions at least three days before the test.

During the three days before the test, you have to solve all the problems that you could not solve.

 

Three steps to raise your test score

If you are struggling with poor test scores, follow the three steps below to improve your study situation.

Step 1: Make a study schedule

Make sure you have enough time to study anyway.

Even if you know how to study effectively, it won’t be effective if you don’t spend enough time studying.

Normally, study for three hours on weekdays, and from two weeks before the test, study for four hours every day.

For those who are taking exams or before tests, study for at least 8 hours on weekends.

Step 2: Analyze your mistakes

The first thing you need to do once you are sure that you have enough time to study is to analyze your mistakes.

There are many reasons why people make mistakes in problems.

The first thing to do is to analyze your mistakes.

If it’s “I knew it, but I didn’t remember it,” then increase the amount of problems you solve.

If it’s “I made mistakes when I studied for the test,” then increase the number of times you have to solve the problems.

If you think you don’t understand the material, review the basic units.

Analyze your mistakes and choose the study content that best suits your needs.

Step 3: Train incessantly

Once you have analyzed the causes of your mistakes and know what you should study, all you have to do is study hard.

If you study, you can definitely do it.

If you don’t do it, you will never be able to do it.

If you make the effort to study in the right way, your grades will surely rise to a white hot level.

Do what you have to do, and do it thoroughly!

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

几乎所有考试成绩不好的人的共同原因以及如何解决这个问题

你的考试成绩不好的原因是你的学习方式不对。

如果你找到原因并好好训练自己,你一定会提高你的分数。

导致考试成绩不佳的常见原因有5个

没有足够的时间来学习

没有解决足够的问题
没有做足够的修改

不理解他们正在学习的内容
考试当天忘记了

我将依次解释每一项。

1.没有足够的学习时间

如果你不花最少的时间学习,即使你的学习方法正确,你的考试成绩也会变差。

有些人说 “我根本没有学习”,但仍然在考试中获得好成绩,所以你可能认为即使你学习不够,也能在考试中获得好成绩。

说这种话的人要么是在谦虚,要么是对学习时间有很高的要求,自我评价为 “不学习”,即使他们每天学习2-3小时。

那些能够获得高考试分数的人至少提前两周开始学习考试。

如果他们不这样做,那些人通常在补习班学习了相当多的内容。

那些在考试前一周开始准备,每天只学习两到三个小时的人,并没有花费最低限度的学习时间。

不是他们笨,而是他们没有足够的训练。

2.解决问题的数量不足

即使你有足够的时间学习,如果你没有足够的时间来解决问题,你也不可能在考试中取得好成绩。

有一点要注意的是那些只总结笔记或阅读课本的人。

这些研究需要大量的时间,但很难记住你所研究的内容。

为了在考试时能够正确记住你所学的内容,练习问题是必不可少的。

如果你还没有解决足够的问题,那就尝试在下一次解决这些问题。

只要这样做,你的考试成绩就会提高很多。

3.你还没有重新解决这些问题

许多努力学习但考试成绩没有提高的人并没有重新解决他们的问题,或者他们没有经常重新解决他们的问题。

如果你不做重新解决,你将无法做你没有做的问题。

重要的是,要训练自己能够解决你犯错的问题,这样你在考试当天就能解决这些问题。

如果你这样做,你将能够轻松突破80分的障碍。

4.你不理解你所学的东西

为了能够解决一个问题或重新解决一个你犯了错误的问题,你需要了解你正在学习的内容。

如果你没有良好的基础知识,你就无法理解新事物。

如果你到目前为止还不理解这些内容,将来的内容就会越来越难理解。

如果你对目前在学校学习的课程内容不理解,就必须复习上一年的课程,包括你要努力补习的单元。

5.你在考试当天忘记了一些东西

这是那些努力学习但不知为何分数不高的人的一个常见原因。

你的考试分数是由你在考试当天能够回答的问题数量决定的。

因此,即使你在课堂上学习的那天100%完美,如果你在考试那天忘记了所有的东西,你也会得到一个零分。

为了在考试当天展示你在这之前所学的知识,最理想的做法是在考试前三天能够对考试范围进行全面复习。

为了做到这一点,你需要在考试前至少三天完成练习题。

在考试前的三天里,你必须解决所有你无法解决的问题。

 

提高考试分数的三个步骤

如果你正在为考试成绩不佳而苦恼,请按照以下三个步骤来改善你的学习状况。

第1步:制定一个学习时间表

只要确保你有足够的时间来学习。

即使你知道如何有效地学习,如果你不花足够的时间学习,也不会有效果。

通常情况下,工作日学习三个小时,从测试的两个星期开始,每天学习四个小时。

考试前和参加考试的人,在周末和节假日至少学习8小时。

第2步:分析你的错误

一旦你确定你有时间学习,你应该做的第一件事就是分析你的错误。

人们犯错的原因有很多。

根据不同的原因,你可以采取不同的措施。

如果是 “我知道,但我不记得了”,那么你需要解决更多问题。

如果是 “我为考试复习时犯了错误”,那么就增加你解决问题的次数。

如果你认为自己不了解这些材料,请复习基本单元。

分析你的错误,选择最适合你的学习内容。

第3步:不间断地训练

一旦你分析了你的错误原因,知道你需要学习什么,你所要做的就是努力学习。

努力学习,你会成功的。

如果你不这样做,你将永远无法做到这一点。

如果你以正确的方式努力工作,你的成绩肯定会白白上升。

让我们彻底地做我们必须做的事吧!

通过www.DeepL.com/Translator(免费版)翻译

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

おすすめ教材

ここからは、中学生にお勧めの教材を紹介します。高校生にお勧めの教材はこちらをご覧ください。

英語

キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル 改訂版 キクタン【Entry】2000

キクタンは文字通り耳で覚える単語集(CD2枚収録)。教科書に出てくる単語だけでは不十分。定期テストは乗り切ることができても、実力テストでは教科書に出ていないものもバンバン出てきます。中学生必携の単語集です。

ひとつずつすこしずつホントにわかる

文法事項が詳しく説明されています。この参考書の良いところは動画で授業をしてくれるところ。英語嫌いの生徒でもすんなり頭に入るでしょう。

英語をひとつひとつわかりやすく

「ホントにわかる」シリーズよりも内容は易しめ。監修は山田暢彦先生。このテキストを使ってYouTubeでとってもわかりやすい授業を公開しています。

NOBU先生のやさしい解説で中学英語

こちらのテキストは教科書準拠。丁寧な解説に教科書の内容に沿った問題で学習を進めることが可能です。付属のCDでリスニング対策もばっちり!

高校入試合格BON!英語

中学3年間の基礎がコンパクトにまとまっています。高校入試の準備として使うと効果的です。

数学

ひとつずつすこしずつホントにわかる 

とても見やすく、動画付きで理解もしやすい教材。基礎から徹底的に学習するのにぴったりです。

中学チャート式数学

数学と言えば数研出版。中学生用のシリーズもご多聞に漏れず秀逸です。数学が好きな生徒にはピッタリ。自学でもメキメキ実力アップ。

高校入試合格BON!数学

中学数学の総まとめ教材。カラーページが多く、数学嫌いの生徒や数学が苦手な生徒でも取り組みやすくなっています。

国語

出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)

現代文のカリスマ講師、出口汪による教材です。中学生向けに書かれていますので、わかりやすい表現になっています。文章の読み方、問題の解き方などを徹底的に解説。現代文が苦手な高校生にもおすすめです。

出口の国語レベル別問題集 (基礎編)

国語は一度得意科目にしてしまえば、勉強をしなくてもコンスタントに高得点がとれる教科です。理論編で問題の解き方を学んだあとは、こちらの問題集で力を定着させましょう。

理科

マイスタディガイド 中学理科

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。理科の暗記学習はこれでばっちり!

ひとつずつすこしずつホントにわか

付属のネット動画がとてもわかりやすく、まるで家庭教師の授業!基礎から標準レベルの力をつけるためには最適なテキストです。

図でわかる中学理科1分野・2分野

タイトル通り、図や表がふんだんに盛り込まれたビジュアル参考書。勉強の仕方も説明されているので、テキスト通りに勉強を進めていけば、中学理科の各分野の理解が深まります。

高校入試合格BON!理科

基礎から標準レベルの知識を効率的に身に着けることができます。一人でも学習を進めやすく、編者のこだわりが随所に感じされます。

社会

マイスタディガイド中学社会

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。社会の暗記学習はこれでばっちり!

学研パーフェクトコース

ハイレベルな参考書。社会が大好きな生徒はこの一冊でどんどん自学を進めるとぐんぐん実力がアップします。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学地理

地理はやみくもに暗記してモス部に忘れてしまいます。地図と関連付けながら覚えていくのがポイントです。こちら教材の動画を見なが具体的なイメージを描いて勉強を進めていくことができます。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学歴史

歴史の勉強は、頭の中に年表を作ることが重要。この教材は動画と連動した学習で、現代までの時代の流れを無理なく覚えていくことができます。

チャート式基礎からの中学歴史

数学に定評のある数研出版社のテキスト。社会の教材ではことらがおススメです。演習書が付属しており、定期試験対策だけでなく、自高校入試の対策にも最適です。

まんが攻略BON!中学歴史 

こちらの教材は問題集ではありませんが、苦手教科の対策の第一歩としておすすめの教材です。名前の通りマンガで解説されていますので、スイスイ読み進めることができます苦手な人が多い歴史、公民、古文などをはじめとして、ほぼ全教科がそろっています。毎日気軽に触れることで苦手意識がなくなっていきます。

中学公民をひとつひとつわかりやすく。

公民は身の回りの生活に深くかかわっており、内容的に社会の中で最も理解しやすい分野です。こちらのシリーズで定評のある動画授業でぐんぐん理解が進みます。

わからないをわかるにかえる中学公民

公民が苦手な生徒にはこちらがおススメ。基本からしっかり教えてくれるます。

高校入試対策

「やさしくまるごと」シリーズ

基礎基本をしっかりと身に着けたい生徒向け。YouTube動画の授業で無理なく勉強を進めることができます。この教材でまずは偏差値40台を目指しましょう。

「高校入試合格BON!」シリーズ

偏差値50を目指す生徒におススメ。標準レベルの内容で3年間の学習内容を総復習できます。このテキストを完ぺきにこなせるようになったら、上のレベルにすってっぷアップしましょう。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 

受験生の50%以上が正解できた入試問題だけを集めているため効率的に基本問題を復習することができます。全ての問題に「受験生のどれくらいが解けた問題なのか」という正答率が表示されています。1ページあたりの問題量も少ないため無理なく進められ、モチベーションアップにつながります。

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題

こちらの問題集は受験生の50%以下の生徒しか解くことができなかった難しい問題を集めた問題集です。偏差値は相対評価なので、みんなが解けない問題を解くことができるようになれば偏差値60が突破できるようになってきます。こちらの問題集もすべての問題に正答率がついています。正答率30%以下の問題が解けるようなれば、実力は相当なものです。何度も何度も繰り返し解いて応用力を伸ばしましょう。

「高校入試 塾技」シリーズ

Z会の現役塾講師が、塾独自の理科「塾技」を公開。  学校では教えてくれない「塾技」が学べます。偏差値60台前半の子には難しいところがあるようですが、偏差値70超の子にはほどよいらしく、よくまとまっていて良いと喜ばれました。基礎的なことを勉強したい人より、さらに難しいことを勉強したい人向けです。著者運営サイト「塾講師が公開! 高校入試 理科 塾技80」で、無料補充問題を公開しています。

 全国高校入試問題正解シリーズ

偏差値60以上の生徒向け。前年度の公立高校と主な国立・私立および高等専門学校の入試問題を収録した過去問集。電話帳並みのボリュームなので、自分の苦手なパターンの問題をピックアップして取り組んでみましょう。過去問は、入試のための実力養成に最適の問題集です。

「高校入試虎の巻」シリーズ

都道府県ごとに出版されています。自分が受験する都道府県の虎の巻を使って過去問練習をすることで、自分の実力を確認することができます。各教科単元別に編集されていますので、苦手分野を集中的にトレーニングすることも可能です。

最高水準問題集高校入試数学 

難関国私立高校入試で出題された問題を中心に編集されています。学校や塾の勉強では全く物足りない方はこちらの問題集でトレーニングをしましょう。こちらの問題集は超難問でも得点できる力をつけるための勉強として取り組んでほしい教材です。かなり骨のある問題が掲載されていますが、この問題集の良いところは解説が丁寧である点です。この問題集の全問制覇はとてつもなく難しいです。偏差値70未満の生徒は手出しをしないでください。

おすすめ教材

コラム

勉強のコツ

受験情報

受験生の保護者様へ

国語

大学受験対策

数学

未分類

生徒募集

社会・理科

英語

試験対策

Count per Day

  • 531381総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 320昨日の閲覧数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 263昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー