夢をかなえる勉強術

中学受験 高校受験 大学受験 勉強法 1対1個別指導 

子どもを動かす8つの言い方 1

time 2015/10/21

「なれたらいいな。」ではなく、

「なった。」と言わせる。

「できたつもり。」にさせれば、本当にできるようになります。

「なれたらいいな。」と表現する子どもは、基本的には本気で「そうなりたい」とは思っていません。

「できればね・・・」という感情が入っているのです。

これでは、目標を達成できる確率が低くなってしまいます。

「そなった」という表現で言い直すと、脳は「そうなった」自分をイメージし、その時に何が実現されているのかを考え始めます。

そして、そのイメージに近づくために何があればいいか、何をすればいいかと具体的な行動を思い描くことができるようになるのです。

 

「できたらいいな。」

「なれたらいいな。」

という言葉を使う子は、本音ではあきらめていることがほとんどです。

「できた。」

「なった。」

という表現で言い直すことで、達成状態をイメージできるようにサポートをしてあげましょう。

down

コメントする

Count per Day

  • 650401総閲覧数:
  • 62今日の閲覧数:
  • 97昨日の閲覧数:
  • 40今日の訪問者数:
  • 74昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

カテゴリー