夢をかなえる勉強術

中学受験 高校受験 大学受験 勉強法 1対1個別指導 

古文攻略法 「あめり」は、ラ変動詞「あり」+婉曲推量の助動詞「めり」と 覚えておこう!

time 2019/11/26

古文攻略法 「あめり」は、ラ変動詞「あり」+婉曲推量の助動詞「めり」と  覚えておこう!

古文頻出語「あめり」「なめり」も、正体がわかればこわくない。

「あめり」「なめり」という語を見ても、わけがわからないと感じる人もいるだろう。「あめり」 はラ変動詞「あり」 の連体形「ある」+婉曲推量の助動詞「めり」で、「あるめり」が 「あんめり」→「あめり」と変化したもの。

「なめり」 は断定の助動詞「なり」 の連体形「なる」+ 「めり」 の 「なるめり」が同様に変化したもので、古文ではしょっちゅう出てくる。

訳は「あめり」が 「あるようらしい」、「なめり」が 「であるようらしい」となる。

例題  愛知大学(経)

〔問〕 傍線部①を口語訳せよ。

〔本文〕 さすがにゆかしきなめり、御凡帳のほころびよりはつかに見入れたり。

「ゆかしき」 はシク活用の形容詞「ゆかし」 の連体形である。この語は 「見たい」とか 「聞きたい」 とか 「知りたい」といった意味の頻出古語だから、知らなかった人は是非この機会に辞書で確認してほしい。

さて、ここでは 「ゆかしきなめり」を訳すのだから、「見たい」+「~であるようらしい」=「見たいことであるようらしい」 ということになる。このほか、

「べかめり」=推量の助動詞「べし」 の連体形「べかる」+「めり」、

「あなり」=ラ変動詞「あり」 の連体形「ある」+伝聞推定の助動詞「なり」、

「ななり」=断定の助動詞「なり」+伝聞推定の助動詞「なり」、

「ためり」=存続・完了の助動詞「たり」 の連体形「たる」+「めり」

の訳を覚えておけば、試験で役立つことが多い。

「べかめり」 (はずのようらしい)

「あなり」(あるらしい)

「ななり」(であるらしい)

「ためり」(ているようらしい)

Count per Day

  • 650568総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 93昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

カテゴリー