夢をかなえる勉強術

中学受験 高校受験 大学受験 勉強法 1対1個別指導 

大雑把に勉強をしていると成績は上がらない

time 2017/06/27



生徒が計算をしているときに

私は計算過程をよく見るようにしてます。

長年教えていますと計算の仕方で

その子は数学ができるかどうかがわかるようになってきます。

その判断基準 は簡単に言えば

計算の書き方がしっかりしているか、雑か、

もっと言えば計算手順を目で追って見た時にわかりやすいか

わかりにくいかです。

字がきれいか汚いかということは関係ありません。

字の大きさや配置の仕方などが重要です。

計算の仕方は本人の性格が実によく現れます。

計算の書き方が雑な人は

概して性格がおおざっばな人が多 いです。

 

実は就職してから一番嫌われるのが

おおざっばな人 です。

書類を書くにしても整理するにしても、

工場での作業 でも何でも雑用をおおざっばに考えている人は

上司から見る と一番やりにくい部下なのです。

例えば商品の出荷の確認作 業や伝票を書く作業は、

毎回同じことをやるので

慣れが出てくると確認を怠ってしまいがちです。

 

「もう十分同じことをやってきたから間違えるはずはない」

この傲慢さが実は命取りで、

人間ですから必ずミスがどこかで出ます。

そのミスが実は商品の納期を1カ月遅らせると か、

伝票の書きミスで百万円損失を出すなどの

重大な損害を 会社に与えることがあります。

金融関係などではパソコンの キーボードの入力ミスで

数千万、数億の損失を出すこともあ ります。

本当に恐ろしいことです。

 

基本的にはつまらないような小さなミスが

大きな損害を与える可能性を秘めている

と常に思っていたほうがいいですが、

新入社員の頃は

仕事の流れがよくわからないので

そういうことが理解できません。

ですから簡単な作業でも

いい加減な気持ちでやっている人 は、

仕事の責任者である上司の立場からすると

危なっかしくて仕方がありません。

「本当にきっちりやってくれているのかなあ?不安で仕方ないなあ」

こんなふうに上司は思ってしまうわけです。

当然いつまでもいい加減に仕事をしている人は

認められるは ずもなく

大きな仕事を任せられることはありません。

出世などまず無理です。

この根本となる原因は性格のおおざっぱなところです。

面倒くさがりも同様です。

仕事ができる人とは気配りがしっか りできて、

何事も億劫がらず、確認を怠らない人です。

頭が いいか悪いかは職種にもよりますが

実務としては基本的に関係がありません。

平たく言えば徹底して守りに強い人が周りから認められます。

勉強もおおざっばにやる人はやっぱり成績が上がりません。

おおざっぱな性格は今から直しましよう。

 

down

コメントする

Count per Day

  • 650387総閲覧数:
  • 48今日の閲覧数:
  • 97昨日の閲覧数:
  • 36今日の訪問者数:
  • 74昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

カテゴリー