福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

独学でもできる中学英語の勉強方法 その1 「こんな塾はすぐにやめよう!」

time 2015/01/23

家庭教師とインターネット個別指導の
ワイズアップ!郡山家庭教師学院
無料体験授業をお試しください!

************************************************************
こんな塾はすぐにやめよう!

日本全国津々浦々に乱立している学習塾,
玉石混交ならばまだしも,
8割以上の塾はまったく成績向上が望めない指導方法で英語を教えています。
これは,集団指導,個別指導を問わずに言えることです。
あなたの塾は?
あなたのお子さんが通っている塾はどうですか?
一度授業を見学してみることをお勧めします。
やばい塾のチェックポイントは次のとおり,
すべての項目が当てはまるようであれば,
今すぐにでも退塾しましょう(笑)

1.英文を音読させない

これまでのブログ記事で何度も触れてきましたとおり,
英語は声に出して音読して行かないと力がつきません。
公立中学の簡単な定期テストならば,
ワークブックの繰り返しで
それなりの得点を取ることができるかもしれませんが,
高校入試や,高校英語になるとまず歯が立ちません。
なぜならば,
高校入試や高校英語では,
長文をスラスラ読める読解力が必要だからです。
英文音読をせずに,英文の読みに慣れていない人は,
遅かれ早かれ挫折します。
事実日本の高校生の半数以上が,
英語を不得意としています。
小学校であれほど熱心に取り組んできた音読を,
どうして中学校では取り組まないのか不思議でなりません。
2.英単語の書き取りばかりさせている
書き取り一辺倒の英単語学習は,
はっきり申し上げて昭和の遺物です。
英単語は耳から覚えるのが一番です。
発音が第一です。
英単語と意味を印刷したプリントを生徒に配り,
「これを覚えなさい。来週テストをします。」
と生徒を放置している塾や学校がなんと多いことでしょうか?
「覚えろ」といわれて英単語を覚えることができるくらいであれば,
英語が苦手な中学生などいなくなります。
母国語である日本語の漢字ですら,
書き取りだけでは覚えられないのですから,
「いわんや英単語をや」です。
「中学英単語の覚え方」を参考に
効率的に役に立つ単語学習をしていきましょう。
3.文法ばかりさせている
文法はとても重要です。
しかし、文法ばかりさせても
英語は読めるようにはなりません。
なぜならば,文法というものは英語の基礎トレーニングのようなものだからです。
私は学生時代,バスケットボール部に所属していました。
英語の学習をバスケットボールという競技例えるならば,
英語の長文読解が試合にあたります。
そして,英単語の学習が
フットワークやボールハンドリングなどのウォーミングアップであり,
文法の学習は,
ドリブルやパス,シュートなどの基礎練習に相当します。
もちろん単語や文法の学習といったファンダメンタルの強化は重要です。
それはそれで重要なのですが,
実際にコートで試合をしないことには,
強いチームになることはできません。
基礎練習ばかりをしていて,
ゲーム形式の練習や試合をまったくやらないチーム・・・
そんなチームはいくら練習をしても強くなることはできません。
最初は負けが続くかもしれませんが,
とにかく少しずつでもいいから
試合に慣れさせないといけないわけです。
確かに中学1・2年生の間は特に英文法を重視して勉強するべきなのですが,
それに加えて教科書の音読などに取り組みながら,
英語を読む事に慣れさせていくことが必要なのです。
どうでしょう?

1.英文を音読させない
2.英単語の書き取りばかりさせている
3.文法ばかりさせている

この3つがぴったりと当てはまるところにお子さんを通わせてはいませんか?
そうです,それは中学校です。
この3つはだめな塾の3要素であると同時に,
学校の英語教育上が抱える問題でもあるのです。
塾は最低でも,
中学校の欠点を補う指導ができなければ存在意義がありません。
それすら出来ない塾に通う価値などあるはずがないのです。

down

コメントする

Count per Day

  • 682662総閲覧数:
  • 172今日の閲覧数:
  • 297昨日の閲覧数:
  • 134今日の訪問者数:
  • 263昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー