夢をかなえる勉強術

中学受験 高校受験 大学受験 勉強法 1対1個別指導 

現代文攻略法 視覚的に理解するための5つの作業(2)反意語、反意分、対義語に〇をつける

time 2020/02/21

作業は第1の作業と同じで、〇で囲んで線で結ぶ。ただしこの場合は、反意語、反意文、縁語(たとえば、川・水・船・波など)に対してこの作業を行う。やはりここでも、文章全体の意味は無視する。無理に意味をとろうとすると、限りある貴重な時間は容赦なく過ぎていく。

実は、第1の作業、第2の作業とも、根拠は同じなのだ。筆者が傍線部で言っていることと密接にかかわることを、 ちょっと離れた別の部分で言おうとすると、どうしても、同じ言葉、同じような言葉、あるいは反意語、縁語などを使わなければ表現できないわけだ。それを視覚的に見つけ出すのが、この二つの作業なのだ。

〈重要ポイント〉
■部分的に集中する同語群(同語など、および反意語など)を〇で囲んで線で結ぶ。
■最初から最後まで出続ける同語群は意識にとどめるだけでいい。

文章表現の仕組みを巧妙につくという意味が、少しはわかってくれただろうか。日常ではお目にかからないような言葉が使われていればいるほど、文章全体の意味を理解することは困難になる。しかし逆に、目につきやすいそんな言葉が多ければ多いほど、作業自体は容易になっていくのだ。点数を取るばかりではなく、これは、日本語を読解するテクニックの一つでもあるのだ。

Count per Day

  • 650567総閲覧数:
  • 35今日の閲覧数:
  • 93昨日の閲覧数:
  • 26今日の訪問者数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

カテゴリー