福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

英語長文がドンドン読めるようになる方法

time 2016/08/26

みなさんこんにちは!

ワイズアップ郡山家庭教師学院です。

夏休みが終わりました。

私は毎日たくさんの授業を担当させていただき、

ブログを更新する暇も無いほど忙しく、

充実した日々を送ることができました。

みなさんの夏休みはどうでしたか?

暑い最中(さなか)に積み重ねた努力は絶対に裏切りません。

あと半年、一緒にがんばりましょう!

「英語 名言」の画像検索結果

上位校を目指す受験生のみなさんは、

夏休み中の先取り学習で、

中学3年生の文法を全て勉強し終えたところでしょう。

関係代名詞の用法まで一通り理解できれば、

入試レベルの長文を読む力としては十分です。

これから3月までは、

とにかくたくさんの英語長文に触れて、

英語長文になれていくようにしてください。

そこで今回は、

英語長文の訳し方についてのお話をします。

 

下の例文を読んでみてください、

I have been in London since last month.

普通は

「私は先月からずっとロンドンにいます。」

というように、

主語の「私」を訳してからは、

文の最後から訳していきます。

しかし、この方法では時間がかかりすぎますし、

文の構造が複雑になっていく、高校英語では歯が立ちません。

せっかくがんばっている英語の勉強が、

高校入試のための勉強にならないように、

英語の文は前から理解して(訳して)いく習慣をつけましょう。

例えば、先ほどの例文では、

「私は/ずっといた/ロンドンに/先月から」

となります。

つまりできるだけ英語の語順を大切にして、

前から読み進めるのです。

受験などでは、長文読解の問題がいくつも出題されます。

それら、いちいち返り読みで訳していては時間が足りません。

英文を頭から理解していく方法だと

読みながら意味をとらえていくので時間短縮が図れるのです。

この方法で英語長文を読むことができるようになると

読解のスピードが大幅にアップするだけでなく、

リスニングや英会話の力も向上します。

そしてなにより、

高校に入学してからも生かせる英語力が身につくのです。

現在完了形や、関係代名詞など、

訳しかたにこつが必要な部分もありますが、

この方法がベストであることには変わりません。

これから英語長文の問題練習をする時には、

是非とも英文を前から理解するようにしてください。

 

※関係代名詞などの訳詞方のこつにつては、後日お話しします。

down

コメントする

Count per Day

  • 659487総閲覧数:
  • 495今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 206今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー