夢をかなえる勉強術

最高の学習環境で完全1対1個別指導授業 学習塾と家庭教師のいいとこどりの新しい学習スタイル 郡山市のプロ家庭教師集団:駿英家庭教師学院専任講師スズキが成績がぐんぐん上がる勉強法のノウハウを教えます!駿英家庭教師学院の専任講師は勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

【大学受験】独学で生物の成績を上げる勉強法

time 2022/01/18

【大学受験】独学で生物の成績を上げる勉強法

目次

塾に行くべきか?独学で十分か?

大学受験の生物の勉強は塾に行った方がいいのでしょうか?それとも独学で十分なのでしょうか?

結論から言うと、塾で生物を勉強する必要があるのか、自学自習で十分なのかによって変わってきます。これはちょっと大げさですが、事実です。生物に限らず、ほとんどの受験生は理科をおろそかにしています。

大学入試では、ほとんどの学生が国語、数学、英語の勉強を最優先にします。その結果、理科や社会の勉強を後回しにする傾向があります。その結果、ギリギリで理科に追いつこうとする生徒がたくさんいます。もちろん、国語、数学、英語の勉強を優先させることは大切です。しかし、大学入試に間に合うように理科や生物を勉強する時間がない受験生もたくさんいます。理科や生物の勉強を後回しにすると、大学受験に間に合わず、生物は足を引っ張ることになります。多くの学生が、「先延ばしにしてしまったからもう遅い、サボろう」と思っています。しかし、これは時間とお金の無駄であり、英語よりもはるかに対策が簡単な生物学を放棄することは、大学受験に失敗する100%確実な方法といっても過言ではありません。理科や生物をしっかり勉強していれば、塾の授業も受けず、参考書や問題集だけで大学受験の準備をするのは簡単です。一方、生物に不慣れな方や、大学入試で生物を得点源にしたい方は、生物の補習授業を受けることを強くお勧めします。

塾で生物を学ぶべき受験生

生物で高得点を取りたい学生。

大学入試で理科の配点が数学や英語と同じかそれ以上の理系学部もあります。数学や英語に苦手意識があり、生物の方が得意という生徒もいます。このような生徒は、英語を補うために生物学で高い点数を取ろうとする可能性が高い。しかし、独学で生物学をカバーするのには限界があります。塾や予備校に通うことで、さらに応用力がつきます。また、塾や予備校の中には、志望校の大学受験に特化した講師が在籍しているところもあります。そのような環境で生物を学びたいのであれば、独学よりも塾や予備校に通うことをお勧めします。

 志望大学の入試対策が十分でない学生

大学受験のための情報や準備が十分でないと感じている学生は、独学よりも補習クラスや予備校に通うべきでしょう。特に地方出身者にその傾向が強いのですが、関東・関西の学生に比べ、東大・京大への対策が圧倒的に弱いです。大学受験の準備をしている地方出身者は、自分の地域の大学に入るときには強いのですが、他の地域の大学に入るときには、どうしても他の受験生より劣ってしまうのです。

例えば、関東の塾・予備校・学校の先生は、「最近、東京の○○大学生物学科では遺伝分野の出題傾向が変わってきている」とか「○○大学生物学科では塾の特別講義がある」など具体的に教えてくれますが、地方の生徒は自分で調べなければいけません。細かいことですが、これが大学受験の合否を分けます。特に生物などの理科や社会では、大学入試の準備や情報が不足していることが多いのです。心配な方は、独学ではなく、塾や予備校に通うことをおすすめします。

生物の偏差値が低い学生

生物で偏差値50以下の学生は、自習ではなく塾や予備校の授業に参加することをお勧めします。これは、大学入試の基礎学力が低いと判断されるためです。基礎学力が十分でなければ、大学入試に合格することはできません。勉強の基礎が出来ていないと、大学入試の応用問題など絶対に解けません。生物の模擬試験で偏差値が50未満ということは、学校や自分の生活で成功するための生物の基礎学力が十分でないことを意味します。特に、難関大学への合格を目指す場合、生物で50点以下は基礎学力が十分でないことを意味します。そのような学生は、独学で勉強するよりも、塾や予備校に通うことをお勧めします。

生物の特徴

物理や化学に比べ、生物は暗記に時間がかかるため、効率的かつ体系的に情報を整理する必要があります。一方で、遺伝や呼吸商、光合成率など代表的な計算もありますが、計算量は多くありません。 大学入試の傾向として、遺伝子計算を含む大問が出題されることがあります。上記の問題のほか、物理や化学ほど複雑ではなく、簡単な二次方程式や確率計算を行う問題も出題されます。また、実験考査問題では長いリード文が出題されるので、国語など読解力が必要な科目が得意な人には有利です。また、日本史や世界史などの科目と同様に論述問題も出題されます。盛り込むべき知識量が多いため、一度暗記した後は定期的に知識を確認する必要があります。生物学の暗記は、英単語の暗記と同じように学びます。ただ、物理や化学ほど数値の練習は必要ないので、知識さえ頭に入れば、生物は3教科の中で最も安定した勉強ができると思います。

生物学は丸暗記科目なのか?

一言で言えば、生物学は暗記科目です。具体的には、8割が丸暗記、2割が計算と論述対策です。計算や論述を完璧に暗記できることが大前提です。生物は、計算の比重が最も低く、暗記の比重が最も高い科学科目である。数学が苦手な学生は生物を選択する傾向があります。

暗記は、放っておくと忘れてしまう科目です。そのため、生物学は頻繁に復習する必要があります。生物学を学ぶには、まず基本を押さえることが大切です。大学受験を控えている人もそうでない人も、生物を学ぶには、基本を磨き、知識を頭に入れ、その知識をもとに問題や計算を解いていくことが必要です。そのため、大学入試に合格するためには、繰り返し学習して生物の基礎を覚えることが重要です。

生物の勉強に教科書をどう使うか?

生物の暗記分野では、大学受験の勉強で最も重要な参考書は教科書です。大学入試は、一部の例外を除き、教科書の内容をもとに行われることがほとんどです。大学入試の応用問題でも、教科書の内容をひねっているだけです。したがって、大学入試の勉強をする際には、まず教科書の内容を理解することが大切です。

そのためには、教科書を一通り読んで、理解しようとすることが一番です。用語を覚えるだけでなく、図や表、イラストなどを使って理解を深めることをお勧めします。ここでは、すべての単語を完璧に覚えようとする必要はありません。このあたりで出てくる単語をなんとなく知っていれば十分です。そして、学校から渡された参考書を使って勉強することになります。教科書ではなく、参考書を使う理由は、生物はイラストや写真で覚えることがとても大切だからです。

そして、白紙に自分の手でイラストを描き、真似してみる。この出力プロセスで理解することができます。学習したことの確認として、問題に取り掛かり、参考書を見ながら、用語を完全に覚えているかどうか確認することが大切です。

生物学の論述問題対策に最適な勉強法とは?

論述問題は、大学入試の生物で最も難しく、負担の大きい部分でしょう。論述問題に取り組むには、基本を頭に叩き込んでおく必要があります。

生物をセンター試験で受けるだけなら問題ないのですが、生物を2次試験で受ける大学生にとっては、論述問題対策は合否を分ける超重要な部分なのです。論述問題が難しいのは、生物学をよく理解し、自分の言葉で説明できるようになってから、やっと答えが出るからです。いずれにせよ、この問いに答えるまでには、さまざまなステップが必要です。逆に、内容を正しく理解し、正しく説明することができれば、論述問題でも正しい答えを導き出すことができます。

学習方法は、基本的に暗記と同じです。論述問題対策としては、アウトプットに取り組むことが重要です。問題を解くときは、その上で何度も手を動かしてください。最初のうちは失敗してもいいんです。最初は間違えてもいいのですが、回数を重ねるうちに論述問題の解答の書き方がわかってきます。

短期間で生物の成績を上げることができるのか?

、生物で短期間に成績を上げるのは非常に難しいことなのです。結論から言うと、特に理系の場合、短期間で生物を上達させるのは非常に難しいです。というのも、前述したように、学習のほとんどは記憶に基づいて行われるからです。物理のように暗記がほとんどない科目では、公式をしっかり理解した上で、演習を行うことで一気に実力をつけることができます。しかし、生物のように暗記や基礎固めに多くの時間を割く科目は、短期間で成績を上げるのはとても難しいです。

大学受験生必見! 生物学の勉強法

大学受験で生物の暗記分野を勉強する場合、最も重要な参考書は教科書です。大学入試では、一部の例外を除き、教科書の内容から出題されることがほとんどです。大学入試の応用問題だって、教科書の内容を捻じ曲げているだけだ。したがって、大学受験生物の復習をする際には、まず教科書の内容を理解することが大切です。そのためには、教科書を一通り読んで、理解しようとすることが一番です。用語を覚えるだけでなく、図や表、イラストなどを使って理解を深めることをお勧めします。ここでは、すべての単語を完璧に覚えようとする必要はありません。このあたりで出てくる単語をなんとなく知っていれば十分です。そして、学校から渡された参考書を使って勉強することになります。教科書ではなく、参考書を使う理由は、生物はイラストや写真で覚えることがとても大切だからです。そして、白紙に自分の手でイラストを描き、真似してみる。この出力プロセスで理解することができます。学習したことを確認する最終段階として、問題集をやり始め、参考書を見ながら問題に取り組み、用語を完全に覚えているかどうかを確認します。

遺伝子の問題は、すべての大学入試で100%出題されるほど、よく出題されます。しかし、体系的に勉強している生徒はほとんどいないので、解ける高校生と解けない高校生の差がはっきり出てしまいます。生物学の中でも、教科書を読んでもなかなか理解できない分野の一つです。

生物のおススメ参考書&問題集

セミナー生物基礎+生物

レベルは一般受験から難関私立大学、国公立大学まで幅広く対応。大学受験生だけでなく、定期考査対策にも活用できます。多くの高校で指定教科書として使用されているため、良問のみで構成されています。レベル別の練習問題から、巻末の領域別問題集まで、幅広いテーマとレベルをカバーしています。各問題には、豊富な解説付きの解答用紙が付いています。本書を最大限に活用するためには、問題に答えて丸をつけるだけでなく、解説をしっかり読むことが重要です。高校生物の基礎知識を固めるところから、大学受験を控えた受験生におすすめの生物参考書です。

大森徹の生物 記述・論述問題の解法

早稲田大学、慶應義塾大学、難関国立大学、私立大学に適した難易度の高い問題集です。大森徹『生物学 記述・作文の問題解決法』の特徴のひとつは、「大学生が書きがちな間違った答案」を掲載していることです。文章では間違いを発見するのは難しいですが、誤答例を示すことで、間違いを発見しやすくなります。生物の文章や小論文の書き方に自信がない大学生にオススメの参考書です。

生物(生物基礎・生物)基礎問題精講

大学入学共通テスト(以下:共通テスト)から国公立大学2次試験対策用の参考書です。頻出問題の解き方が詳しく書かれています。本書は必須問題と演習問題の2部構成になっており、生物の共通テストのみであれば、必須問題を丁寧にこなすとよいでしょう。実際の大学入試に即した練習問題で、実力養成に最適です。センター試験で高得点を取りたいなら、この本がおすすめです。

生物重要問題集―生物基礎・生物

基礎レベルから難関私立・国公立大学レベルまで、生物を学びたい人のための参考書です。典型的な問題の解き方を学びたい方、1冊で基礎から応用問題までこなしたい方におすすめです。典型的な問題の解き方を学びたい方にお勧めします。生物の内容が一通り終わり、大学入試に向けて本格的に勉強していこうという受験生におすすめの生物参考書です。

大森徹の生物遺伝問題の解法

多くの生徒がつまずきがちな遺伝問題の解法のプロセスと方法を丁寧に解説した参考書です。遺伝の分野を勉強することは、本書を勉強することだと言っても過言ではないので、遺伝の分野が苦手な上級者向けの生物参考書としておすすめです。

生物の独学におすすめのアプリ

新型コロナウイルスの蔓延により、多くの学生が自宅待機で大学受験の準備をしなければならなくなりました。ここでは、家で頑張っている学生におすすめの生物アプリや、生物の勉強におすすめのアプリの特徴など、学生が知っておきたい情報を紹介します。

今の時代、コロナのせいで家で勉強せざるを得ないからと、スマートフォンで生物を勉強しようとしたり、スマートフォンのアプリを使ったりする高校生が多い。しかし、大学受験のための生物アプリはたくさんあります。でも、今はたくさんのアプリがあるので、どれが一番いいのかわかりません。そこで今回は、この疑問に答えるべく、スタディ・チェーンがおすすめする、大学受験の復習に役立つ生物アプリを紹介します。大学入試のための生物の勉強に役立つとは言いますが、今回紹介する生物アプリは、大学入試の勉強を始める前の高校1、2年生にもおすすめです。

スタディサプリ

スタディサプリには、小学生向け、中学生向け、高校生向け、大学受験生向け、TOEIC受験生向けなど、いくつかの種類があります。”価格が安いということは、コースの質も低いのでは?”と思われる方もいらっしゃるかもしれません。この点はご安心ください。スタディサプリの講座は、他の授業料や予備校と比較しても、格段に質が高いです。また、基本的に河合塾、駿台予備校、東進ハイスクールといった大手予備校には優秀な先生が揃っていますが、その他の予備校には全教科に渡ってハイスペックな先生が揃っているところはほとんどありません。というのも、スタディサプリの講師は、オンラインカリキュラムを構成する大手予備校の人気講師から採用されているのです。そのため、スタディサプリのオンライン講座は人々の間で高い評価を得ており、それを提供するオンライン授業スクールでも、長年にわたって多くの受講生に利用されています。

スタディサプリは、同じレッスンのビデオを何度も見ることができます。また、オンラインレッスンの一時停止、スピードアップ、スローダウン、巻き戻しができます。

塾や予備校に通っていると、授業を聞き逃したり、理解するスピードが遅くて先生の言っていることが理解できなかったりすることがあります。オンライン講座でありオンライン塾でもある「スタディサプリ」なら、そんな心配は全くありません。だから、自分の努力次第で、自分に合った勉強法を見つけることができます。

ロジカル記憶 生物

「ロジカル記憶生物」は、生物の勉強に役立つおすすめアプリです。このアプリは、大学受験のために生物を効率よく暗記するためのものです。各単元は細かく分かれており、単語帳のような形式で問題が表示されるので、暗記しやすくなっています。各問題には、「答えを表示する」、「記憶する」、「忘れる」の3つの選択肢があります。答えを思いついたら、「答えを表示」を選択すると、すぐに答えが表示されます。大学受験のために生物の知識を詰め込みたい生物受験生にお勧めのアプリです。ダウンロードはこちら(android版)

カバーアート

高校生物 一問一答

大学受験のために、生物を効率よく暗記するためのアプリです。生物学の必須スキルを身につけるための211問を収録しています。単元ごとに学習できるので、苦手な分野を集中的に学習することができます。生物の基礎を固めたい大学受験生にお勧めのアプリです。

このアプリの最大の特徴は、生物学の試験で頻出する単語や熟語を厳選していることです。全問4択形式で、答えだけでなく解説もついているので、自分の知識を細かく確認することができます。センター試験前に知識を確認したい大学生にオススメのアプリです。ダウンロードはこちら(android版)

カバーアート

大学入試対策問題集~生物基礎~

大学入試に必要な生物問題を収録した学習アプリです。「生物の特徴」「遺伝子」「内部環境」「生態系」の4つの設問単位で構成されています。このアプリの特徴のひとつは、4つの単元からそれぞれ200問ずつ出題されることです。アプリケーションの問題数は多いのですが、単元ごとに分かれているので、自分の苦手なところを重点的に学習することができます。また、解答後に解説を見ることができるので、間違えてもすぐに知識を定着させることができます。ダウンロードはこちら(iOS版)

Appliv】大学入試対策問題集~生物基礎~


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

おすすめ教材

ここからは、中学生にお勧めの教材を紹介します。高校生にお勧めの教材はこちらをご覧ください。

英語

キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル 改訂版 キクタン【Entry】2000

キクタンは文字通り耳で覚える単語集(CD2枚収録)。教科書に出てくる単語だけでは不十分。定期テストは乗り切ることができても、実力テストでは教科書に出ていないものもバンバン出てきます。中学生必携の単語集です。

ひとつずつすこしずつホントにわかる

文法事項が詳しく説明されています。この参考書の良いところは動画で授業をしてくれるところ。英語嫌いの生徒でもすんなり頭に入るでしょう。

英語をひとつひとつわかりやすく

「ホントにわかる」シリーズよりも内容は易しめ。監修は山田暢彦先生。このテキストを使ってYouTubeでとってもわかりやすい授業を公開しています。

NOBU先生のやさしい解説で中学英語

こちらのテキストは教科書準拠。丁寧な解説に教科書の内容に沿った問題で学習を進めることが可能です。付属のCDでリスニング対策もばっちり!

高校入試合格BON!英語

中学3年間の基礎がコンパクトにまとまっています。高校入試の準備として使うと効果的です。

数学

ひとつずつすこしずつホントにわかる 

とても見やすく、動画付きで理解もしやすい教材。基礎から徹底的に学習するのにぴったりです。

中学チャート式数学

数学と言えば数研出版。中学生用のシリーズもご多聞に漏れず秀逸です。数学が好きな生徒にはピッタリ。自学でもメキメキ実力アップ。

高校入試合格BON!数学

中学数学の総まとめ教材。カラーページが多く、数学嫌いの生徒や数学が苦手な生徒でも取り組みやすくなっています。

国語

出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)

現代文のカリスマ講師、出口汪による教材です。中学生向けに書かれていますので、わかりやすい表現になっています。文章の読み方、問題の解き方などを徹底的に解説。現代文が苦手な高校生にもおすすめです。

出口の国語レベル別問題集 (基礎編)

国語は一度得意科目にしてしまえば、勉強をしなくてもコンスタントに高得点がとれる教科です。理論編で問題の解き方を学んだあとは、こちらの問題集で力を定着させましょう。

理科

マイスタディガイド 中学理科

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。理科の暗記学習はこれでばっちり!

ひとつずつすこしずつホントにわか

付属のネット動画がとてもわかりやすく、まるで家庭教師の授業!基礎から標準レベルの力をつけるためには最適なテキストです。

図でわかる中学理科1分野・2分野

タイトル通り、図や表がふんだんに盛り込まれたビジュアル参考書。勉強の仕方も説明されているので、テキスト通りに勉強を進めていけば、中学理科の各分野の理解が深まります。

高校入試合格BON!理科

基礎から標準レベルの知識を効率的に身に着けることができます。一人でも学習を進めやすく、編者のこだわりが随所に感じされます。

社会

マイスタディガイド中学社会

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。社会の暗記学習はこれでばっちり!

学研パーフェクトコース

ハイレベルな参考書。社会が大好きな生徒はこの一冊でどんどん自学を進めるとぐんぐん実力がアップします。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学地理

地理はやみくもに暗記してモス部に忘れてしまいます。地図と関連付けながら覚えていくのがポイントです。こちら教材の動画を見なが具体的なイメージを描いて勉強を進めていくことができます。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学歴史

歴史の勉強は、頭の中に年表を作ることが重要。この教材は動画と連動した学習で、現代までの時代の流れを無理なく覚えていくことができます。

チャート式基礎からの中学歴史

数学に定評のある数研出版社のテキスト。社会の教材ではことらがおススメです。演習書が付属しており、定期試験対策だけでなく、自高校入試の対策にも最適です。

まんが攻略BON!中学歴史 

こちらの教材は問題集ではありませんが、苦手教科の対策の第一歩としておすすめの教材です。名前の通りマンガで解説されていますので、スイスイ読み進めることができます苦手な人が多い歴史、公民、古文などをはじめとして、ほぼ全教科がそろっています。毎日気軽に触れることで苦手意識がなくなっていきます。

中学公民をひとつひとつわかりやすく。

公民は身の回りの生活に深くかかわっており、内容的に社会の中で最も理解しやすい分野です。こちらのシリーズで定評のある動画授業でぐんぐん理解が進みます。

わからないをわかるにかえる中学公民

公民が苦手な生徒にはこちらがおススメ。基本からしっかり教えてくれるます。

高校入試対策

「やさしくまるごと」シリーズ

基礎基本をしっかりと身に着けたい生徒向け。YouTube動画の授業で無理なく勉強を進めることができます。この教材でまずは偏差値40台を目指しましょう。

「高校入試合格BON!」シリーズ

偏差値50を目指す生徒におススメ。標準レベルの内容で3年間の学習内容を総復習できます。このテキストを完ぺきにこなせるようになったら、上のレベルにすってっぷアップしましょう。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 

受験生の50%以上が正解できた入試問題だけを集めているため効率的に基本問題を復習することができます。全ての問題に「受験生のどれくらいが解けた問題なのか」という正答率が表示されています。1ページあたりの問題量も少ないため無理なく進められ、モチベーションアップにつながります。

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題

こちらの問題集は受験生の50%以下の生徒しか解くことができなかった難しい問題を集めた問題集です。偏差値は相対評価なので、みんなが解けない問題を解くことができるようになれば偏差値60が突破できるようになってきます。こちらの問題集もすべての問題に正答率がついています。正答率30%以下の問題が解けるようなれば、実力は相当なものです。何度も何度も繰り返し解いて応用力を伸ばしましょう。

「高校入試 塾技」シリーズ

Z会の現役塾講師が、塾独自の理科「塾技」を公開。  学校では教えてくれない「塾技」が学べます。偏差値60台前半の子には難しいところがあるようですが、偏差値70超の子にはほどよいらしく、よくまとまっていて良いと喜ばれました。基礎的なことを勉強したい人より、さらに難しいことを勉強したい人向けです。著者運営サイト「塾講師が公開! 高校入試 理科 塾技80」で、無料補充問題を公開しています。

 全国高校入試問題正解シリーズ

偏差値60以上の生徒向け。前年度の公立高校と主な国立・私立および高等専門学校の入試問題を収録した過去問集。電話帳並みのボリュームなので、自分の苦手なパターンの問題をピックアップして取り組んでみましょう。過去問は、入試のための実力養成に最適の問題集です。

「高校入試虎の巻」シリーズ

都道府県ごとに出版されています。自分が受験する都道府県の虎の巻を使って過去問練習をすることで、自分の実力を確認することができます。各教科単元別に編集されていますので、苦手分野を集中的にトレーニングすることも可能です。

最高水準問題集高校入試数学 

難関国私立高校入試で出題された問題を中心に編集されています。学校や塾の勉強では全く物足りない方はこちらの問題集でトレーニングをしましょう。こちらの問題集は超難問でも得点できる力をつけるための勉強として取り組んでほしい教材です。かなり骨のある問題が掲載されていますが、この問題集の良いところは解説が丁寧である点です。この問題集の全問制覇はとてつもなく難しいです。偏差値70未満の生徒は手出しをしないでください。

おすすめ教材

コラム

中学受験

勉強のコツ

受験情報

受験生の保護者様へ

国語

大学受験対策

数学

未分類

生徒募集

社会・理科

英語

試験対策

Count per Day

  • 615403総閲覧数:
  • 75今日の閲覧数:
  • 363昨日の閲覧数:
  • 64今日の訪問者数:
  • 261昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー