福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校入学にかかる費用はいくらですか?受験料以外の料金について解説

time 2022/11/20

【高校受験】高校入学にかかる費用はいくらですか?受験料以外の料金について解説

高校入学にかかる費用はいくらですか?受験料以外の料金について解説

高校への入学金がいくらかかるか知っていますか?高校入学時にかかる費用は意外と高いので、事前に費用を確認し、早めに準備することが大切です。この記事では、高校入学にかかる平均的な費用を、公立高校と私立高校それぞれについて、具体的な内訳とともにご紹介しています。高校入学にかかる費用だけでなく、高校入学の準備や入学後に必要な費用も確認しておくことが大切です。また、高校への入学費用が足りない場合の対処法も解説します。

高校入学にかかる費用はいくらですか?

公立高校と私立高校では、入学に必要な費用に大きな違いがある。公立高校と私立高校の入学金は以下の通りです。

公立高校の入学金

全日制の公立高校の入学金は全国でほぼ同じで、都道府県によって5,550円から5,650円。

[公立高校入学金=5,550円または5,650円

私立高校の入学金

文部科学省が行った2048年の私立高校の初年度授業料に関する調査によると、私立高校の入学金の平均は163,362円となっています。ただし、これはあくまで平均的な金額なので、比較的安い料金の高校もあれば、平均的な金額よりもはるかに高い料金を必要とする高校もあります。

[私立高校の入学金(平均)=約16万円】。]

私立高校の入学金は、公立高校に比べてかなり高い傾向にある。

入学金だけが高校の入学金ではありません!

高校入学にかかる費用は、入学金だけではありません。その他、制服など、入学準備に必要な費用がいくつかあります。また、これらの費用は、公立高校よりも私立高校の方が高い傾向にある。その他、入学時に必要な費用については、以下の通りです。料金は高校によって異なるので、自分の選んだ学校に必要なものを早めに確認しましょう。

制服

学校の制服のコストは、男の子と女の子のために異なることができます。また、夏用と冬用のユニフォームを一人ずつ購入する必要があるため、費用がかかることもあります。制服は、シャツや靴下を何枚も購入する必要があるため、学校が提案するよりも費用がかかると見積もっておいた方がよいでしょう。

体操着(ジャージ)

体操服は通常、半袖と長袖のトップスとボトムを別々に購入します。ただし、部活で体操着を着る機会が多い場合や、時間割の関係で体育の授業が連日ある場合は、複数枚購入した方が楽です。そのため、あらかじめ購入する衣類の枚数を決めて、見積もりに入れておくとよいでしょう。

シューズ

高校によっては、通学靴の指定がない場合もありますが、その場合は、学校ごとに以下のものを購入する必要があります。

革靴(通学用) 運動靴 上履き

なお、革靴は特に高価になる傾向があります。

バッグ

最近は、大容量のショルダーバッグやリュックサックタイプの指定バッグが増えていますが、革製の学生バッグの場合、教科書以外の荷物を入れるために別途リュックサックが必要になることもあるので、その点も考慮する必要があります。

教科書・教材

義務教育である中学校までは、教科書代は不要です。ただし、高等学校では、教科書や各種教材は有料です。
例えば、近年のICT教育導入に伴い、生徒一人一人にタブレット端末の購入を義務付ける高校が増えており、その場合、コストはさらに高くなります。

バスや電車のパス

高校が徒歩や自転車で通える距離でない限り、通学にはバスや電車の定期券が必要です。高校が遠くなればなるほど、当然通学定期券は高くなります。神戸市が2008年に市内の高校に通う生徒を対象に行った通学定期券の調査では、3カ月間の定期券の平均価格は約24,000円でした。高校によっては、高校が運営する専用のスクールバスがある場合もあります。ただし、利用料が無料か有料かは、学校によって異なります。ある私立高校では、スクールバスの利用料が月額約6,800円だったそうです。

機材費、一部学費

私立高校では、入学時に設備費と授業料の一部を前払いするところもある。私立高校の設備や授業料は学校によって異なるので、確認が必要です。

準備金と登録料はいくらですか?

入学金や準備金などを合わせると、いくらくらいになるのでしょうか?私立高校では、入学金総額が50万円を超えるところもあるという。一方、公立高校は入学金が安くなり、タブレット端末などの特別な教材を購入する必要がない学校も増えるでしょう。機材や授業料の先払いがないため、20万円以下がベストと思われる。したがって、登録料と作成料の合計は、おおよそ次のように見積もることができます。

公立高校:………………………….. 20万円弱

-私立高校:……………………………. .5万円以上

私立高校の内定を辞退した場合、入学検定料は返金されるのでしょうか?

公立高校が第一志望でも、併願校として私立高校を受験することができます。この場合、私立高校の入学検定料をいつ支払うか、入学を辞退した場合、検定料は返金されるのか、は非常に重要な問題である。公立高校に合格した後、私立高校への入学を辞退した場合、入学検定料は返金されるのですか?

入学検定料が返金されるかどうかは、高校によって異なります。入学を辞退した場合、支払った入学検定料の返還は高校によって異なり、次の3つのモデルに分けられます。

  • 一切返金しない。
  • 一部返金。
  • 全額返金します。

私立高校を受験する際に気をつけること

受験する私立高校を選ぶ際には、入学検定料の支払い期限が公立高校の入試発表の前か後かを必ず確認しましょう。入学検定料の支払い期限が公立高校の合格発表後であれば、検定料が返金されるかどうかを心配する必要はありません。公立高校の合格発表前に入学検定料を支払わなければならない私立高校を受験する場合は、入学を辞退した場合に入学検定料が返還されるかどうかを事前に確認しておきましょう。

高校の授業料はいくらですか?

高校に入学すると、授業料のほか、入学金や準備金などが必要になります。また、公立高校と私立高校では授業料に大きな差がある。

公立高校の授業料

全日制の公立高校の授業料は、全国一律で月額9,900円です。つまり、年間の授業料は118,800円です。

私立高校の授業料

私立高校の授業料は、学校によって異なります。文部科学省が実施した2048年の私立高校初年度授業料に関する調査結果によると、私立高校の平均授業料は年間約40万円となっています。私立高校の授業料の支払いは、学校によって異なり、月払い、四半期払い、半年払い、年払いがあります。

高校進学のための資金が足りない場合の対処法

ここまで高校入学にかかる費用について説明してきましたが、中には「入学金が思ったより高い」「急な入学で払えない」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、高校入学金で利用できる公的制度や教育ローンを利用することで、高校入学時の費用を増やすことは可能です。 高校入学費用をまかなうだけの資金がない場合の対処法をご紹介します。

高校入学支援金制度は、多くの人が利用できる制度です。高校入学時にこの制度を利用できるのは、「市町村民税課税標準額×保護者の市町村民税6%-市町村民税調整控除額」が304,200円未満で、年収910万円未満の家庭です。公立高校の場合は、月額9,900円の授業料が支給されるため、実質的に無料となる。

私立高校の場合、年収(目安)に応じて支援金の額が以下のように変わります。

年収590万円以上910万円未満の家庭の場合:・・・・・・。 .118,800円(月額9,900円)
年収590万円未満の家庭:・・・・・・・。 0.036,600,000円(月額33,000円)

この制度は、高校入学後に学校を通じて申請します。保護者に支払われるのではなく、授業料として学校に直接支払われます。したがって、手続きが完了し、学校にサポートが支払われるまでの間、授業料は生徒が支払わなければならないことに注意が必要です。私立高校の授業料は、月払いのところもあれば、四半期ごと、半年ごと、年払いのところもあり、一時的にでも支払わなければならない金額が大きくなることがあります。通っている高校の授業料の支払い方法によって、一定の金額を用意する必要があります。

また、各自治体自身が提供する支援制度を利用するのも一つの方法です。例えば、東京都には「授業料免除補助金」という制度があります。これは、東京都が保護者の経済的負担を軽減するために、都内に住む私立高校の生徒の授業料の一部を補助する制度です。

参加資格: ………………………… 都内在住の学生および保護者で、推定年収が910万円未満の方。

金額:………………………. 342,200円/年

教育ローンは、日本政策金融公庫の一般教育ローンです。固定金利は1.68%、返済期間は最長で15年です。高校在学中は利息分のみの返済で済むため、在学中の返済負担が軽減されます。教育ローンは原則1人350万円までですが、一定の条件を満たせば最大450万円まで借りることができます。また、ひとり親家庭や交通事故による遺児を抱える家庭など、家庭の事情に応じて金利や返済期間の優遇があります。

お住まいの自治体から学校教育費の支給を受けられるかどうか確認してください。

所得税が非課税の家庭には、就学支援金という無利子で借りられる制度もあります。市町村の生活福祉資金貸付制度の一つで、50万円まで無利子で貸付が可能です。高校卒業後に返済を開始し、最長で20年という長い期間をかけて返済することができます。高校進学にかかる費用が心配な方は、就学援助の対象かどうかも確認しておきましょう。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 659020総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー