福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】高校入試の面接で自己PRを成功させるためのコツと例文

time 2022/11/19

【高校受験】高校入試の面接で自己PRを成功させるためのコツと例文

高校入試の面接で自己PRを成功させるためのコツと例文。

高校入試の面接では、ほとんどの場合、1分間の自己PRが求められます。しかし、「PRで何を話せばいいのかわからない」という学生も多いのではないでしょうか。この記事では、まず自己PRとは何か、なぜ高校入試の面接で自己PRが必要なのかを説明します。また、面接時の自己PRを成功させるためのコツを例文付きで紹介しています。高校入試の面接がオンラインで行われる可能性が高くなったため、オンライン面接の対策や注意点についても確認します。

高校入試の面接における自己PRとは?

高校入試の面接における自己PRの意味と、実際にどの程度の時間をかけるのか、面接の雰囲気について説明します。

PRの本来の意味は、「パブリック・リレーションズ」の頭文字をとったもので、「組織とその周囲(個人・団体)の望ましい関係を作るための考え方・行動」と定義されています。つまり、自己呈示とは、単に「自分を呈示すること」だけではないのです。高校入試の面接では、自己PRは、自分の特性や行動がいかにその高校に合っているかを伝えることです。

高校入試の面接における自己PRの時間

高校入試の面接では、自己PRを求められることが多いですが、自己PRにはどれくらいの時間が割かれ、どのような条件があるのでしょうか。一般的に高校入試の面接では、面接の最初に自己紹介の時間を設けたり、面接の質問の中で自己紹介をしてもらうなどして、聴衆を巻き込むようにします。また、自己紹介は1分とする学校が多いが、2分など長めの時間を指定する学校や、30秒程度の短い自己紹介を求める学校もある。また、自己PRでは、受験者が自分の言葉で自由に話せる場合もあれば、「自己PRには長所と短所が含まれる」など、ある程度内容が決まっている場合もあります。自己PRの時間を組み込むために、志望校がどのような形式をとっているか事前に確認する必要がある。

高校入試の面接で自己PRが必要なのはなぜですか?

その理由は、大きく3つあります。

  • 自己分析ができる能力を有しているかどうかを確認する。
  • 候補者の目標や熱意を知るため。
  • 学校の教育方針、教育理念に合うかどうかを調べるため。

高校側は、志望理由書の内容を通して、志望者の特徴やその学校に合うかどうかを知りたいと考えています。もう少し詳しく見てみましょう。

面接でまず見られるのは、「自己分析がしっかりできているか」。冷静に自己分析ができる受験生は、高校での勉強や大学受験、就職でも優秀な人材としてもてはやされる。志望理由書を作成する際に行う自己分析。そのため、自己PRでは志望動機の内容から、より深く自分について語ることが重要です。

志望理由書の作成では、大学に入ってどうなりたいかを面接で詳しく説明できるように、自分の長所や短所、将来の夢など、しっかり自己分析をしておく必要があります。それは、候補者の目標やそれに対する熱意を知りたいからです。高校は、将来の夢や目標、それを実現するための情熱を持っている生徒を採用したいと考えています。そのため、面接官も具体的な目標や情熱を持っている候補者を求めているのです。

各高校は、それぞれ独自の教育方針と哲学を持っています。各高校には独自の教育方針・理念があり、求める生徒像も異なります。また、面接の際には、その学生が自分たちに合うかどうかを確認します。

高校生の面接で自己PRを成功させるコツ

高校入試の面接で自己PRを成功させるためには、どのような準備が必要でしょうか。自己PRを成功させるためには、コツとポイントを押さえてしっかり準備することが大切です。高校入試の自己PRをスムーズに行うための4つのコツをご紹介します。以下を参考に、自己PRを作成し、面接に臨んでください。

志望校がどんな学生を求めているのかを考える。

前述したように、高校は学校の教育方針に合う生徒を求めている。ですから、学校のパンフレットやホームページの教育理念の欄を見て、志望校がどんな学生を求めているのか、よく考えてみましょう。また、その学校がどのようなコースに力を入れているのか、卒業後はどのような進路があるのか、実際にどのような進路を選択する人が多いのかを知っておくと、より効果的です。志望校の学校公開日、文化祭、学校説明会などがあれば、必ず参加しましょう。実際の高校の雰囲気を知ることができ、登録講師から直接話を聞くことができるのも魅力です。学校がどんな生徒を求めているのかを知り、自分のこれまでの経験や将来の夢と関連づけ、「なぜこの高校が自分に向いているのか」が伝わるような印象的な自己PRを心がけましょう。

自分の長所や中学時代に努力したことを具体的に書く。

自己PRの内容には、具体的なエピソードが重要です。そのため、部活や勉強、生徒会活動など、中学生時代に頑張ったことや、自分の長所をエピソードとして話すことが大切です。例えば、中学時代に取り組んだ部活動の話では、成果だけでなく、目標を達成するためにどう工夫したか、その過程で何を学んだかなどを話せるとよいでしょう。自分の長所と短所を聞かれたら、正直に答えましょう。長所や短所だけでなく、プロットを語れるようになると好印象です。例えば、「何事もコンスタントに頑張れる」という長所があるとします。面接官に伝えるときは、「サッカー部に入部したのですが、最初はあまりうまくなかったんです。しかし、努力とコンスタントな練習のおかげで、3年目には平均的なプレーヤーになることができました。

事前に練習をする

面接で話す内容が決まったら、内容を整理して暗記する。声に出して読み、何度も練習してください。暗記したつもりでも、実際に聴衆の前で話すとなると難しいものです。自然に話し、熱意を伝えるには、何度も練習することが大切です。よく練られた自分らしい自己紹介文で何度も面接の練習をしておけば、当日緊張していても自信を持って話すことができます。何も考えず、練習もせずに面接に臨むと、当日は頭が真っ白になり、うまくプレゼンテーションができないかもしれません。隣の人が自分と同じPRだったので焦ってしまい、暗記したつもりの自分のPRを忘れてしまい、言葉を濁してしまった」という失敗談があります。また、面接の練習をすることも非常に重要です。

原稿を朗読するのではなく、十分に時間をかけて話す。

自己PRの内容を暗記することは大切ですが、暗記した原稿をただ復唱するだけでは、不自然でぎこちない自己PRになってしまいます。自己紹介の時間も「会話」の一部であり、面接官に熱意を伝える。時間をかけて、落ち着いて、目の前の目上の人に話すように自然な調子で話す。難しそうに見えても、練習すれば自然に話せるようになります。実際の面接を想定して、学校や家庭教師のサポートを受けながら、自己PR文を何度も練習することをお勧めします。

高校入試の面接における自己PRの例

実際の面接でどのように自分をアピールすればいいのか、その例をご紹介します。

自分の長所や特徴を話すときは、それを示すエピソードを盛り込む。

(例文)
私の長所は、とてもアクティブであることです。中学最後のバスケットボールの試合前にケガをしたときは、最初はすごく落ち込んで泣きたくなりましたが、周囲の励ましもあり、「高校では活躍する」と気持ちを切り替えることができました。高校でバスケットボールをするために体を鍛え、筋トレや食トレをすることで、ケガをしないためのストレッチも覚えました。残念ながらジュニアリーグでは結果を残せませんでしたが、早い段階で先を見据えて、高校でバスケットを続けるために必要な心構えを学べたことは大きな財産になりました。

将来の夢を語りながら自己PRをすると、高校に入ったら頑張りたいこと、学びたいことを話すと好印象を与えることができます。

(例)
幼い頃から英語を学び、将来は世界で活躍できるよう、国際的な仕事をするのが夢です。言語や異文化コミュニケーションに力を入れている貴校で、さらに英語力を高め、将来的には留学をしたいと考えています。入学したら、今まで以上に英語を勉強して、外国の文化もたくさん学びたいです。

中学時代の成績については、部活の大会で優勝した、適性検査で1位になったなどの実績だけでなく、その過程で何を改善したか、何を学んだかを話すとよいでしょう。

(例)
中学の3年間をサッカー部に捧げ、真剣に部活に取り組みました。勉強との両立はとても大変でしたが、そのおかげで1回1回の授業に集中でき、わからないことは持っていかない習慣がつきました。勉強時間の確保が難しいことが多いので、休憩時間や移動時間など、授業の隙間時間を活用するようにしました。そうすることで、学業では目標順位を維持しながら、サッカーの県大会優勝という目標を達成することができたのです。この経験を生かして、高校ではサッカーと勉強を両立させたいと考えています。

高校入試がネット面接になった場合の対策と注意点

コロナの震災をきっかけに、高校受験でオンライン面接を検討する学校が増えています。
これは、文部科学省が高校入試における新型コロナウイルスによる感染症対策の具体例として、入学志願者を含め、ICT機器の円滑な利用などの条件が整えば、オンライン面接を実施することを発表したためです。オンライン面接は、志望校訪問による対面面接とは雰囲気が異なるので、オンライン面接専用の準備も必要だと考えておくとよいでしょう。

オンラインインタビューでは、声のトーンが低くなりがちです。少し高めのトーンで、はっきりと話すように心がける。また、話すときに面接官を見る目も意識するとよいでしょう。画面に映る面接官の顔を見たくなりますが、そうするとカメラから目を離してしまうことになります。面接官と目が合っていないと、自分の思いが伝わりにくいので、意識してカメラのレンズを覗き込むようにしましょう。話すときは、明るく聞き取りやすい声で、視線はしっかりカメラに向けることが大切です。また、目線が下がり過ぎないように、外部カメラの位置を調整する方法もあります。基本的な対策は変わらないので、冷静に判断してください。
オンライン面接は、対面式の面接よりも緊張してしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。ただし、基本的な面接対策は対面式の面接と同じです。

高校入試の面接で自己PRを成功させるためのコツと例文
高校入試の面接で自己PRを成功させるためのコツと例文。
高校入試の面接では、ほとんどの場合、1分間の自己PRが求められます。
しかし、「PRで何を話せばいいのかわからない」という学生も多いのではないでしょうか。

この記事では、まず自己PRとは何か、なぜ高校入試の面接で自己PRが必要なのかを説明します。
また、面接時の自己PRを成功させるためのコツを例文付きで紹介しています。

高校入試の面接がオンラインで行われる可能性が高くなったため、オンライン面接の対策や注意点についても確認します。

高校入試の面接における自己PRとは?
高校入試の面接における自己PRの意味と、実際にどの程度の時間をかけるのか、面接の雰囲気について説明します。

自己呈示とは?
そもそも自己顕示欲とは何なのか?PR」の本来の意味は、「パブリック・リレーションズ」の頭文字をとったもので、「組織とその周囲(個人・団体)の望ましい関係を作るための考え方・行動」と定義されています。

つまり、自己呈示とは、単に「自分を呈示すること」だけではないのです。
高校入試の面接では、自己PRは、自分の特性や行動がいかにその高校に合っているかを伝えることです。

高校入試の面接における自己PRの時間
高校入試の面接では、自己PRを求められることが多いですが、自己PRにはどれくらいの時間が割かれ、どのような条件があるのでしょうか。

一般的に高校入試の面接では、面接の最初に自己紹介の時間を設けたり、面接の質問の中で自己紹介をしてもらうなどして、聴衆を巻き込むようにします。

また、自己紹介は1分とする学校が多いが、2分など長めの時間を指定する学校や、30秒程度の短い自己紹介を求める学校もある。

また、自己PRでは、受験者が自分の言葉で自由に話せる場合もあれば、「自己PRには長所と短所が含まれる」など、ある程度内容が決まっている場合もあります。

自己PRの時間を組み込むために、志望校がどのような形式をとっているか事前に確認する必要がある。

高校入試の面接で自己紹介が必要なのはなぜですか?
高校入試の面接で自己紹介が必要なのはなぜですか?
その理由は、大きく3つあります。

自己分析ができる能力を有しているかどうかを確認する。
候補者の目標や熱意を知るため。
学校の教育方針、教育理念に合うかどうかを調べるため。

高校側は、志望理由書の内容を通して、志望者の特徴やその学校に合うかどうかを知りたいと考えています。もう少し詳しく見てみましょう。

自己分析ができるかを確認したいから
面接でまず見られるのは、「自己分析がしっかりできているか」。
冷静に自己分析ができる受験生は、高校での勉強や大学受験、就職でも優秀な人材としてもてはやされる。

志望理由書を作成する際に行う自己分析。そのため、自己PRでは志望動機の内容から、より深く自分について語ることが重要です。志望理由書の作成では、大学に入ってどうなりたいかを面接で詳しく説明できるように、自分の長所や短所、将来の夢など、しっかり自己分析をしておく必要があります。

それは、候補者の目標やそれに対する熱意を知りたいからです。
高校は、将来の夢や目標、それを実現するための情熱を持っている生徒を採用したいと考えています。
そのため、面接官も具体的な目標や情熱を持っている候補者を求めているのです。

それは、学校の教育方針・理念に沿った学生を採用したいからだ。
各高校は、それぞれ独自の教育方針と哲学を持っています。各高校には独自の教育方針・理念があり、求める生徒像も異なります。
また、面接の際には、その学生が自分たちに合うかどうかを確認します。

高校生の面接で自己PRを成功させるコツ
高校入試の面接で自己PRを成功させるためには、どのような準備が必要でしょうか。
自己PRを成功させるためには、コツとポイントを押さえてしっかり準備することが大切です。

高校入試の自己PRをスムーズに行うための4つのコツをご紹介します。以下を参考に、自己PRを作成し、面接に臨んでください。

志望校がどんな学生を求めているのかを考える。
前述したように、高校は学校の教育方針に合う生徒を求めている。
ですから、学校のパンフレットやホームページの教育理念の欄を見て、志望校がどんな学生を求めているのか、よく考えてみましょう。

また、その学校がどのようなコースに力を入れているのか、卒業後はどのような進路があるのか、実際にどのような進路を選択する人が多いのかを知っておくと、より効果的です。

志望校の学校公開日、文化祭、学校説明会などがあれば、必ず参加しましょう。実際の高校の雰囲気を知ることができ、登録講師から直接話を聞くことができるのも魅力です。

学校がどんな生徒を求めているのかを知り、自分のこれまでの経験や将来の夢と関連づけ、「なぜこの高校が自分に向いているのか」が伝わるような印象的な自己PRを心がけましょう。

自分の長所や中学時代に努力したことを具体的に書く。
自己PRの内容には、具体的なエピソードが重要です。
そのため、部活や勉強、生徒会活動など、中学生時代に頑張ったことや、自分の長所をエピソードとして話すことが大切です。

例えば、中学時代に取り組んだ部活動の話では、成果だけでなく、目標を達成するためにどう工夫したか、その過程で何を学んだかなどを話せるとよいでしょう。

自分の長所と短所を聞かれたら、正直に答えましょう。長所や短所だけでなく、プロットを語れるようになると好印象です。

例えば、「何事もコンスタントに頑張れる」という長所があるとします。
面接官に伝えるときは、「サッカー部に入部したのですが、最初はあまりうまくなかったんです。しかし、努力とコンスタントな練習のおかげで、3年目には平均的なプレーヤーになることができました。

事前に練習をする
面接で話す内容が決まったら、内容を整理して暗記する。声に出して読み、何度も練習してください。暗記したつもりでも、実際に聴衆の前で話すとなると難しいものです。自然に話し、熱意を伝えるには、何度も練習することが大切です。

よく練られた自分らしい自己紹介文で何度も面接の練習をしておけば、当日緊張していても自信を持って話すことができます。

何も考えず、練習もせずに面接に臨むと、当日は頭が真っ白になり、うまくプレゼンテーションができないかもしれません。

隣の人が自分と同じPRだったので焦ってしまい、暗記したつもりの自分のPRを忘れてしまい、言葉を濁してしまった」という失敗談があります。また、面接の練習をすることも非常に重要です。

原稿を朗読するのではなく、十分に時間をかけて話す。
自己PRの内容を暗記することは大切ですが、暗記した原稿をただ復唱するだけでは、不自然でぎこちない自己PRになってしまいます。

自己紹介の時間も「会話」の一部であり、面接官に熱意を伝える。
時間をかけて、落ち着いて、目の前の目上の人に話すように自然な調子で話す。

難しそうに見えても、練習すれば自然に話せるようになります。実際の面接を想定して、学校や家庭教師のサポートを受けながら、自己PR文を何度も練習することをお勧めします。

高校入試の面接での自己PR例文
高校入試の面接における自己PRの例
実際の面接でどのように自分をアピールすればいいのか、その例をご紹介します。

(例1)
自分の長所や特徴を話すときは、それを示すエピソードを盛り込む。

(例文)
私の長所は、とてもアクティブであることです。中学最後のバスケットボールの試合前にケガをしたときは、最初はすごく落ち込んで泣きたくなりましたが、周囲の励ましもあり、「高校では活躍する」と気持ちを切り替えることができました。

高校でバスケットボールをするために体を鍛え、筋トレや食トレをすることで、ケガをしないためのストレッチも覚えました。残念ながらジュニアリーグでは結果を残せませんでしたが、早い段階で先を見据えて、高校でバスケットを続けるために必要な心構えを学べたことは大きな財産になりました。

(例2)
将来の夢を語りながら自己PRをすると、高校に入ったら頑張りたいこと、学びたいことを話すと好印象を与えることができます。

(例)
幼い頃から英語を学び、将来は世界で活躍できるよう、国際的な仕事をするのが夢です。

言語や異文化コミュニケーションに力を入れている貴校で、さらに英語力を高め、将来的には留学をしたいと考えています。入学したら、今まで以上に英語を勉強して、外国の文化もたくさん学びたいです。

(例3)
中学時代の成績については、部活の大会で優勝した、適性検査で1位になったなどの実績だけでなく、その過程で何を改善したか、何を学んだかを話すとよいでしょう。

(例)
中学の3年間をサッカー部に捧げ、真剣に部活に取り組みました。勉強との両立はとても大変でしたが、そのおかげで1回1回の授業に集中でき、わからないことは持っていかない習慣がつきました。

勉強時間の確保が難しいことが多いので、休憩時間や移動時間など、授業の隙間時間を活用するようにしました。そうすることで、学業では目標順位を維持しながら、サッカーの県大会優勝という目標を達成することができたのです。この経験を生かして、高校ではサッカーと勉強を両立させたいと考えています。

高校入試がネット面接になった場合の対策と注意点
コロナの震災をきっかけに、高校受験でオンライン面接を検討する学校が増えています。
これは、文部科学省が高校入試における新型コロナウイルスによる感染症対策の具体例として、入学志願者を含め、ICT機器の円滑な利用などの条件が整えば、オンライン面接を実施することを発表したためです。

オンライン面接は、志望校訪問による対面面接とは雰囲気が異なるので、オンライン面接専用の準備も必要だと考えておくとよいでしょう。

声のトーンやアイコンタクトに注意する。
オンラインインタビューでは、声のトーンが低くなりがちです。少し高めのトーンで、はっきりと話すように心がける。

また、話すときに面接官を見る目も意識するとよいでしょう。
画面に映る面接官の顔を見たくなりますが、そうするとカメラから目を離してしまうことになります。面接官と目が合っていないと、自分の思いが伝わりにくいので、意識してカメラのレンズを覗き込むようにしましょう。

話すときは、明るく聞き取りやすい声で、視線はしっかりカメラに向けることが大切です。また、目線が下がり過ぎないように、外部カメラの位置を調整する方法もあります。

基本的な対策は変わらないので、冷静に判断してください。
オンライン面接は、対面式の面接よりも緊張してしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。ただし、基本的な面接対策は対面式の面接と同じです。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 658971総閲覧数:
  • 456今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 205今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー