中学3年生,1年間の過ごし方(その3)

高校受験の勉強法情報はここから!郡山家庭教師学院のブログ記事より,

**********************************************************************

ここまでは、試験直前までの学習法についてお伝えしてきました。
今回で最終回。
いよいよ試験前日です。

——————————————-
試験一週間前~試験前日

ここまで来たらもうじたばたしてしようがありません。
腹をくくりましょう。
そうは言いましても、諦めろというわけではありません。

勉強中心の生活から
コンディションを整えることに重点を移しましょうということです。

この時期に重要なことは、
試験で100%以上の力を発揮できる健康な状態をキープすることです。
暴飲暴食、徹夜、夜更かし、人ごみの中に出かけていく・・・・
これらのことは絶対にしてはいけません。
早寝早起き、マスク着用、うがい手洗いを励行し、
フィジカルコンディションの調整に気をつけてください。
女性であれば、生理のに対する方策も考えておいたほうがよいかもしれません。
鎮痛薬で対処するのか?ピルを処方してもらうのか?
大げさかもしれませんが、生理通で試験当日に体調を崩してしまっては、
コレまでの努力が水の泡ともなりかねません。
お家の方とよく相談してください。

さて学習面についてですが、
ここまで計画的に学習を進めてきた方は、
自分の弱点が把握できていると思います。
ですから、自分の苦手分野を問題集や過去問などを振り返ってフォローしておきましょう。
また、英単語や漢字、社会、理科の暗記事項などを振り返っておくことも有効です。
国語と英語の長文に関しては、問題を解かなくてもかまいませんので、
毎日1回は音読するようにして、読むという感覚の維持に努めましょう。
よほどの出来杉君でもない限り、
どうしても苦手な問題はあると思います。
特に数学・・・。
ここまで来たら、完璧を求めるのはやめましょう。
今までやってきてすらすら解けなかった問題は「捨て問題」とし、
解答を眺める程度にとどめておきましょう。
この時期に不得意問題に取り組んで
「解けない」という不安を抱えてメンタル的に不安定になることは決してよいことではありません。
ポジティブな状態を維持するためにも、
がんばれば解ける問題を確実に点に結びつけるように復習しておきましょう。

このように、試験前日までは、
心身ともにポジティブな状態を保ち続けることが最優先です。

もちろんそれまでには今までしたこと無いくらいの努力をしてください。
高校に入ったら、もっと努力しなければならなくなるとは思いますが、
中学3年生での苦労が、必ず大学受験でも役に立ちますから。

がんばれ!福島県の中学生!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ