郡山のプロ家庭教師 合格への道 高校受験・大学受験(現代文/古文/漢文)指導

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

高校受験のための勉強法(6)高校受験に向けた学習計画 入学試験編②

time 2015/03/03

こんにちは!
ワイズアップ!郡山家庭教師学院です。

「勉強」の画像検索結果

入試当日までの1年間を、
ステップ1 中学2年の春休み
ステップ2 1学期
ステップ3 夏休み
ステップ4 2学期
ステップ5 冬休み~1月
ステップ6 受験直前(3月)
という6つの期間に分けて学習を進めていくということは
前回までにお話いたしました。
今回は,入試当日に確実に得点するための長期的な計画,
ステップ2以降についてお話いたします。
ステップ2 1学期

この時期は学校の授業に集中しましょう。
1学期に勉強した内容は,
受験本番でも非常に出題されやすいものばかりです。
特に春休み同様,英語と数学に関しては,
ここでのつまずき画後々大きく影響してきます。
部活もやってなくて,
たくさん時間が取れるという人は,
春休みに終らなかった復習の続きや,
実力をつけるための勉強をしてライバルに差をつけましょう。

部活や習い事でそれほど
勉強の時間がまだ取れないという人であれば,
授業の予習や復習中心の勉強をして,
ここでの苦手をつくらないようにすることが最低限必要です。

ここで差をつけるためのポイントが2つ。

ポイント1
この時期から,各都道府県の過去問を解いていくようにしましょう。
1日1問でもかまいません。
もちろん習っていない分野をとくことはできないと思いますので,
習った分野だけで大丈夫です。
国語であれば,入試問題をそのままとくことができると思います。
数・理・社は分野別に過去問をまとめた問題集が出ていますので,
そちらを使ってもよいでしょう。
英語は文法を一通り学習してから出なければ解けませんので,
関係代名詞まで学習が進んでからか顧問に取り組むとよいですね。
お勧めの過去問問題集はこちらからどうぞ。

ポイント2
受験用の問題集を購入していない学校の生徒さんは
1学期の早い時期に,
受験用の問題集を5教科分購入しておきましょう。
必ず自分の学力レベルにあったものを選ぶようにしてください。
また,各学年ごとに分かれているものではなく,
1~3念の学習内容が1冊にまとまっているものを選びましょう。
ステップ3 夏休み

夏に学習することは,
中1~中3の1学期までに勉強してきた内容の復習です。
全てを復習し尽くすくらいの気持ちで取り組みましょう。
受験用の問題集を1回すべて解き終えることが目標です。
受験用の問題集と並行して,過去問も解いていきます。
「1日各教科1問ずつ大問を解く」というように,
ここでも目標を決めて,
こつこつと勉強に取り組むことが重要です。

学校の宿題もあると思いますので,
バランスをとりながら学習計画を立てるようにしてください。

ステップ4 以降につきましては,
次回の記事で解説いたします。

down

コメントする

Count per Day

  • 288649総閲覧数:
  • 127今日の閲覧数:
  • 242昨日の閲覧数:
  • 227205総訪問者数:
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー