福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【勉強のコツ】読書に対する4つの誤解!読めば読むほど、いいことがある

time 2022/11/30

【勉強のコツ】読書に対する4つの誤解!読めば読むほど、いいことがある

読解力のない人が陥りがちな4つの誤解

読んでもなかなか知識が身に付かない ……。なんとなく読書の効率が悪い気がする ……。最近、読書が楽しくないんです ……………….。こうした問題は、「本はこう読むものだ」という思い込みに縛られ、「自分は読解力がない」と思い込んでいるために生じるのではないでしょうか。読書のメリットを最大限に享受したいのであれば、以下に挙げる4つの誤解を解き、賢明な読書術を身につける必要があります。

本は最初から読むべきだという誤解

最初の誤解は、本は1ページ目から読み始めて、最後までじっくり読むものだということです。最初の誤解は、本は最初のページから読み始めて、最後まで読み通すべきだというものです。知りたいことが明確であれば、本を全部読むよりも、その中からテーマに関連する情報だけをピックアップする方が効率的です。「ウェブを検索するように」閲覧するのがコツだという。キーワードで検索し、見つけた記事の中から自分のニーズに合いそうなページだけを訪問する、これは私たちがウェブ検索をするときに自然に行う行動だという。具体的には、目次を見て、探しているものが載っていそうなページに付箋で印をつけ、そのページだけを読むこと。注目すべきは、「最初から最後まで」読むことが必ずしも正しいとは限らないということです。

紙の本を読むべきだという誤解

読書が好きな人ほど、「本は紙で読むもの」「電子書籍は悪」という考えを持つ傾向があります。確かに紙の本は読み心地が良いのですが、「紙で読むのが王道」といった偏見が合理的な読書の邪魔をすることがあります。電子書籍ならではのメリットが失われてしまうからです。紙の本と電子書籍には次のような利点があると指摘する。

紙の書籍のメリット

  • アシストリーディングが可能です。
  • 読み飛ばし、飛ばし読みがしやすい
  • 覚えやすい
  • 書きやすい

電子書籍のメリット

  • 収納スペースが不要で、数千冊の本を持ち運べる
  • 買ってすぐに読むことができる
  • 「検索」「マーク文字列リスト」など、電子メディアならではの便利な機能。
  • サービスを利用すれば、大量の書籍に簡単にアクセスすることができます。

このように、どちらにもメリットがあり、紙の本と電子書籍のどちらが慣れているかは人それぞれなので、自分が読みやすい方を選べばいい。ただし、電子書籍は種類によっては適さないケースもあるので注意が必要です。

電子書籍のデメリットは、興味のない章を飛ばしたり、読み飛ばしたり、数ページ戻したりなど、臨機応変に読み進めることが難しい点です。 そのため、知りたいことだけを効率的に読みたい場合は、紙の書籍の方が適しています。知りたいことだけを効率的に読みたいなら、紙の本が適しています。つまり、「読むときの利便性」という点では、紙の本には「パラパラめくればいい」という利点があるのです。

このような観点から、参考書や問題集、実用書などは紙の本で、小説やコミックなどは電子書籍で、最初から自然に本の流れに沿うようにするのがおすすめです。

紙の本にこだわらず、電子書籍を取り入れて読書の楽しみ方を広げてみてはいかがでしょうか。

読めば読むほどいいという誤解

「昨年は100冊以上読んだ」「これまでビジネス書を1000冊以上読んだ」など、読んだ本の数を自慢している人を見ると、”読めば読むほどいいんだろうな…… “と思うかもしれませんね。 しかし、「冊数」という指標にこだわりすぎるのは無意味な気がします。

マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツは、年間約50冊(1週間に1冊)の本を読んでいるそうです。彼は、年間何百冊、何千冊と本を読むような「多読家」ではない。とはいえ、ゲイツ氏は世界的なサクセスストーリーとして知られており、ビジネス界で最も優れた読書家の一人と評されることもある。

まず、本は字数も内容も難易度も様々であり、内容を熟知していなければ多読の意味がありません。そう考えると、自分の能力やスキルは「読書量」で測れるものではないのかもしれない。読書は「目的」によって使い分けるべき。つまり、本を手に取って「早く、効率よく」読んだ方がいい場合と、同じ本を「丁寧に、繰り返し」読んだ方がいい場合があるのです。たくさん読めば読むほどいいという考えにとらわれると、じっくりたくさん読むことを犠牲にして、本を早く読み切ることに偏ってしまうかもしれません。

単に急いで読み進めるのではなく、目的に応じた最適な速度と深さで読むことを心がけましょう。そうすれば、本当に意味のある読み方ができるようになるはずです。

漫画は読書に入らないという誤解

マンガが「読書」に含まれるかどうかは、個人の意見による。むしろ、マンガは読書に数えられないという考え方に偏るのは、少しもったいない気がします。

マンガはいい教材になる。マンガには、その分野への興味を喚起する、入門的な知識を与える、絵が知識の補完に役立つ、などの利点がある。また、マンガは感情的なエピソードで描かれているため、情報が記憶されやすく、理解しやすいという利点もあるという。

 


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 682683総閲覧数:
  • 193今日の閲覧数:
  • 297昨日の閲覧数:
  • 148今日の訪問者数:
  • 263昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー