夢をかなえる勉強術

中学受験 高校受験 大学受験 勉強法 1対1個別指導 

【大学受験】大学受験で合格する人はこんな人!受験で成功する3つのタイプと生活習慣について

time 2022/08/27

【大学受験】大学受験で合格する人はこんな人!受験で成功する3つのタイプと生活習慣について

合格する人3タイプ

大学受験に合格する人はおよそ3つのモデルに分けられますどのような受験者が合格しているのでしょうか?

天才タイプ

教科書を読むだけで東大に合格するごく一部の人たちです。このタイプは、長時間勉強しなくても成績が上がるので、他の生徒が焦ったり、ライバル視したりする必要はないのです。

秀才タイプ

もともと勉強が得意で、早い時期から志望校の模擬試験でA~Bの成績を取り、見事に合格する傾向があります。ハイレベルな大学や有名大学の入試に合格した学生の中で、最も多いグループです。

大逆転タイプ

下位だった人が、勉強方法を改善し、学習効率を極限まで高めて、周囲が予想しないような成功を収めたケースです。困難を乗り越えて合格した人たちで、合格の可能性が限りなくゼロに近い時期から、勉強方法を貫き続けて合格したケースが大半を占めています。

受験に成功する人の特徴

覚悟をもって受験に臨んでいる

そんなの当たり前だと思う人もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。実際は「受かればラッキー」というように、行きたい大学が決まらないまま入試を迎える人がかなりいるのが現実です。では、なぜ志望校に合格するための準備が整っている人ほど、成功する可能性が高いのでしょうか。第一志望の大学や学部がはっきりしていると、的を射た対策を迷わず実行できるからです。合格するためには、覚悟を決めて、迷わず志望校を目指し、的を射た対応を実行することが大切です。

漠然と志望校を決めてしまうと、中途半端になってしまいます。この場合、どの大学の過去問を何月までに合格点を取ればいいのか、参考書を何月までにどれだけ終わらせればいいのか、といった基準は結局曖昧なままです。そうすると、勉強の計画も中途半端なものにならざるを得ず、結局、正しい分野に集中できないので、勉強も無駄になります。効率よく勉強し、効率よく狙い、「合格者」になるためには、まず「志望校を目指す!」という明確な決意が必要です。

生活パターンが確立している

生活を整理して、毎日決まった勉強時間を確保することができれば、まさに受験に合格できるタイプなのです。学習習慣や生活リズムの確立が合格者の最初のハードルであることは間違いない。実は、勉強や運動を始めたばかりの頃は、脳が未体験の刺激を受けているので、”そんなの無理!”と思ってしまうこともあるんです。 . こんなの嫌だ!” 彼らはこのように自然な拒絶反応を起こし、失敗しやすいのです。

典型的な例として、ギタリスト初心者がFのコードが押さえられないからと諦めてしまうことがあります。でも、粘ってやめれば、脳が刺激に慣れて、ある時点からずっとやりやすくなります。大学入試の場合、生活をパターン化し、学習習慣を確立している人は、脳が勉強に慣れているため、息をするように簡単に勉強することができます。

本来、息をするように勉強ができるということは、やる気や意欲に完全に左右されないということです。今でも多くの学生が「勉強にはモチベーションが必要だ」と思っていますが、これは完全に間違っています。モチベーションに関係なく、いつでも気兼ねなく机に向かえるように、脳を学習に慣れさせておく必要があります。この状況をいち早く作り出すことが勝敗を分けるのであり、成功者になるための必須条件なのです。

まだ受験生として1日のスケジュールのパターンを作っていない人は、この記事を読んだ後に、今日1日をどのように過ごすか、スケジュールを描き始めてください。もちろん、スケジュールを立てるだけでは意味がないので、毎日コツコツと勉強することを心がけましょう。最初は大変だと思いますが、脳が慣れれば勉強が楽になると自分に言い聞かせ、受験生の第一関門を乗り越えてください!” .

完璧主義を捨てている

成功する候補者の第一の特徴は、完璧主義に陥らないことである。具体的には、「すぐにすべてを完璧にこなせるわけではない」ということです。彼らは、「すべてのものは少しずつ改善されていく」という基本原則を理解しているのです。そのため、「参考書を1回やっただけでは、完全に暗記することはできない」と、当たり前のように考えているのです。何度も復習する必要がある」ということで、実際にその通りに勉強しています。勉強の計画についても同様で、せっかく作った計画も完璧とは思えず、定期的に見直し、変更を加えて合格に近づけています。

受験成功者は、受験生活の最初から完璧を目指しているわけではありませんから、少しずつ勉強方法や計画を改善し、成長していけばいいのです。一方、完璧主義に陥っている人は、最初から完璧を目指し、すべてが当たり前であるかのような状態です。

具体的には、英単語帳を使うときに、単語と意味だけでなく、その単語の意味、派生語、同義語、さらにはスペルまで完全に覚えようとすると、結局覚えきれないということです。結局、覚えるのに必死で、単語帳は全く進みません。

さて、皆さんに、完璧主義から脱却するための具体的な解決策をご提案します。その具体的な解決策が「6割理論」です。要するに、完璧を追い求めるのではなく、まずは完成させるべきだという考え方です。例えば、初めて参考書をやるなら、まずは6割を目標に、1周目をなるべく早く終わらせることです。もちろん雑にやってもダメですが、ダラダラ勉強しているとモチベーションが下がってしまうので、一定のスピードで終わらせることが大事です。皆さんも経験があると思いますが、参考書の1周目が終わると、達成感もあり、気持ちが楽になります。そして、2周目以降は、どこで転んだかに着目することで、より早く上達することができます。あと、勉強の計画についてですが、60点取れるという計画を立てて、あとはどんどん改善していくのがいいと思います。

最初に作成する学習計画は、往々にして雑になりがちです。実行してみないと、それを貫けるかどうか、現実的に実現可能かどうかわからないことが多いのです。そのため、最初に立てた計画を急いで実行するのではなく、定期的に見直し、改善することが重要です。そのため、勉強も学習計画も、完璧主義に陥らないことがとても大切なのです。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

Count per Day

  • 650568総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 93昨日の閲覧数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

カテゴリー