福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】子どもが提出物を出さない場合、どうしたらよいか

time 2022/11/25

【高校受験】子どもが提出物を出さない場合、どうしたらよいか

子どもが提出物を出さない場合、どうしたらよいか

子どもが教材を回さないことを心配する親は少なくありません。子どもが試験でよい結果を出していれば問題ないと考える保護者もいるかもしれませんが、内申点への影響を心配されるかもしれません。この記事では、お子さんが作品を提出しない主な理由と、自主的に提出させるためにできることを見ていきます。成績や内申点との関係も解説していますので、最後までお読みください。

なぜ、子どもは資料を提出しないのですか?

保護者としては、お子さんが期限内に資料を提出しないことを見て見ぬふりをすることはできません。しかし、叱る前に、なぜ子どもが作品を提出しないのかを考えてみてください。ここでは、最も一般的な5つの理由を紹介します。

提出を完了するために時間を割くことができない

お子さんがレポートを提出しないのではなく、提出できないのかもしれません。普段から自主学習をしているお子さんであれば、教材の提出にかかる時間は大体わかっているはずです。しかし、時間を意識していないと、集中力が途切れたり、やみくもに時間をかけすぎたりして、提出物を完成させることが難しくなることがあります。提出物自体に時間を割くだけでなく、1日のうちでも提出物に取り組む時間を割り当てる必要があります。このように計画を立てられないお子さんは、ギリギリまで着手しないため、せっかくやる気があっても期限に間に合わない可能性があります。

提出書類の作成が難しすぎる

また、提出物が難しすぎる場合、「提出しない」といった行動にもつながります。提出物をやりたくないと思っても、内容が難しすぎると自分では解決できない。少しずつ取り組めたとしても、作業量が多すぎて完成させることができない状況もある。また、読書感想文など、そもそもどのように進めればいいのかわからないという状況もあります。提出しない理由が「難しいから」「わからないから」であれば、学校の授業についていけてない、先生の話をきちんと聞いていないことを想像してください。

資料を提出するのが簡単すぎて、その意味を見いだせないのです。

できないから提出しない」のとは逆に、提出が簡単すぎてお子さんがやりたがらない、あるいはもうやる意味がないと思っているケースもあるようです。これは、お子さんがすでによく理解していて簡単だと感じている単元や課題を、大量の基本問題で組み立てることで、やる気をなくしている状況です。お子さんは簡単だと思っているかもしれませんが、これから習う応用問題のために、しっかりとした基礎固めをする必要があるかもしれませんね。たとえ簡単すぎて意味がわからなくても、完成したときの達成感を味わえるように、親も一緒に参加することが大切なのです。

作業をする必要性を感じない

そもそも投稿の理由とは何でしょうか?お子さんが自分で努力して提出する必要性を感じない、提出する必要性を感じないということでは、アクションにつながりません。提出する意味を理解してもらえなければ、モチベーションが上がらず、優先順位が下がってしまう。その必要性を理解しないまま、親や教師が提出を念押ししても、響かない。

存在を忘れてしまう。

また、提出期限を忘れているケースもあります。このような失敗をよくする子どもは、他にやりたいことや必要なことがあり、提出が優先されないのかもしれません。忘れてしまうのは、必要性を認識していないことが原因かもしれません。締切や資料提出の必要性を認識させるためのサポートが必要。資

提出しないと何か問題があるのですか?

お子さんが提出しない主な理由がわかったところで、不登校の何が問題なのかをおさらいしておきましょう。提出されないと、お子様の将来に様々な影響を及ぼす可能性があります。

内部評価に影響を与えることがある。

提出物は、学校の成績の指標として使われることもあり、重要です。提出しないことでグレードが下がったり、救済措置が受けられなくなることもあるので、無視するのはもったいないです。特に中学・高校の受験や、大学選択のための学校推薦などでは、大きな影響を与えることがあります。テストが良くても、先生から「宿題を出さない生徒」と総合的に評価されることがあります。

授業についていけないこと。

学生に提出する情報は、授業での理解と定着を図るためのものです。提出しなかったり、そもそもやらなかったりすると、授業についていけなくなる危険性があります。資料の提出は、授業の理解度を自分で確認するためにも有効な手段です。また、提出することで、自分がどれだけ理解したかを先生に伝えることにもなります。提出する努力をしないと、つまずきに気づかず、授業が進むにつれて、教師がお子さんの理解度を正しく把握できなくなる可能性があります。

学習習慣の未確立

また、家庭での学習習慣を身につけることも、提出の大きな目的です。特に小中学校で学習習慣をつけることで、学年が上がり、難易度が上がっても自力で勉強することができるようになります。提出物は簡単すぎてやりたくないという人でも、自宅の机に向かう習慣をつける方法として、一生懸命やることが大切です。知っているからこそできる内容でないと、勉強する習慣が身につかず、事前につまずいたときにうまく勉強に取り組めなくなるのです。

大人になってから、苦労する。

大人になれば、必ず課題や提出物があります。仕事やスキルアップには、たとえそれが難しいことであっても、報われないことであっても、自分の力でやり遂げなければならない局面がたくさんあるはずです。提出できない子どもは、苦手なことを後回しにする習慣を大人になっても変えられないかもしれません。今のうちに直視し、提出することを約束する習慣を身につける必要があるのです。

提出しない子どもをどうするか

最後に、教材を提出しない子どもへの指導のコツを紹介します。子どもが言うことをきかない理由に合った方法を探す。

まず、理由を明確にする

前述したように、不提出の理由は子どもによってさまざまです。頭ごなしに「寝返りを打ちなさい」と言っても、子どもを苦しめるだけで、解決につながらないかもしれません。まずは、何が原因かを客観的に判断し、その対処法を考えることが大切です。保護者だけで行うのが難しい場合は、周囲の人に相談したり、補習授業でカウンセリングを受けたりすることも効果的です。

その必要性を本人に納得させる。

子どものために資料を提出するのは、基本的に楽しいことではありません。なぜやらなければならないのか、納得できなければ、当然やりたくもないでしょう。根気よく、当該提出物の重要性を説明し、議論を通じて納得させることが重要です。その際、親も「義務だから」というだけでなく、きちんと理由を説明することが必要です。また、場合によっては、子ども自身が積極的に関わるために、提出書類の面から必要性を見直すことも重要かもしれません。

ペースメーカーを作る。

時間配分や学習の開始が難しいお子さまには、自然な学習リズムを取り入れることをおすすめします。提出物は、家庭での学習習慣を身につけるためのものです。ペースメーカーを使うことで、自然と習慣化され、提出が当たり前になります。研究におけるペースメーカーとは、自分の立てた計画がその通りに進んでいるかどうかを追跡する人や物のことです。学校の試験や模擬試験は確かに手段であり、必要であれば塾の授業もあります。

つまずきに対処する。

勉強の仕方がわからないような生徒には、まず勉強の仕方を教えてあげてください。勉強が遅れ、課題を提出しないようであれば、わからないところに戻って確認する。個別指導塾など、学校のペースにとらわれず、必要なことを学べる環境があれば、いち早く対応できるはずです。学習内容を理解し、楽しむことができれば、より前向きに対処することができ、「理解できないから提出できない」という事態から脱却できるはずです。

メンタルヘルスに対応する。

子どもたちは、階級関係や容姿のコンプレックスなど、さまざまな問題に直面しています。反抗期や思春期特有の心理的な問題が根底にある場合、勉強がおろそかになってしまう子もいます。このような場合、まず問題そのものを解決することが優先されます。特に反抗期には、無理強いは逆効果になることもあるので、子どもの自発性を促すことも考えてみましょう。心理的な問題が解決されれば、子どもは他のことに前向きに対処できるようになります。

能力に応じた環境を提供する。

学校のレベルや授業のペースがお子さまの能力に合わず、結果的に条件を満たさないまま提出することになる場合もあります。カリキュラムに追いついていないのか、簡単すぎるのか、2つのパターンがありますが、今さら学校を変えるのは難しいということではありません。このような場合、補習授業など適切な学習環境を確保することが望まれます。進級するときに自分に合った学校を選べるよう、適切な学力を身につけさせましょう。そのためには、仕事に応募することが自分たちの将来のためでもあることを自覚することが一番です。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 658978総閲覧数:
  • 463今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 209今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー