テスト対策特別授業無料!完全1対1マンツーマン個別指導福島県郡山市のプロ家庭教師駿英家庭教師学院専任講師スズキの絶対合格勉強術

テスト対策特別授業を無料で受けられる!最高の学習環境で完全1対1個別指導授業 学習塾と家庭教師のいいとこどりの新しい学習スタイル 郡山市のプロ家庭教師集団:駿英家庭教師学院専任講師スズキが成績がぐんぐん上がる勉強法のノウハウを教えます!駿英家庭教師学院の専任講師は勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

新教研テスト&実力テストの点数を上げる方法を徹底解説!正しい効率的な勉強方法で成績アップを目指そう!新教研テスト&実力テスト対策のベストな問題集はこれだ!

time 2021/07/14

新教研テスト&実力テストの点数を上げる方法を徹底解説!正しい効率的な勉強方法で成績アップを目指そう!新教研テスト&実力テスト対策のベストな問題集はこれだ!

福島県郡山市の中学生・高校生のみなさん

中学受験で中高一貫校へ合格を目指す

小学生の皆さん

お子さんの勉強が気にかかる保護者の皆様

完全1対1マンツーマン個別指導の

駿英家庭教師学院

専任講師のスズキです


のんびり楽しく過ごしてきた小学校に比べて、中学校の勉強は範囲も広くて大変です。

とは言え、頑張って勉強をしているのに成績が上がらないのは、勉強法で解決できます。

私はこれまで多くの中学生の成績を上げてきました。

テスト20点台から70点台まで上げたり偏差値40→60にアップさせたりすることも可能です。

スパルタ方式でビシバシ教えたり、何時間も付きっ切りで授業をしたわけではありません。

成績アップの条件はただ一つ、私が教えた正しい勉強法を実践してもらうことです。

実力テストや模試の点数が上がらないと悩む中学生や保護者様のために、その勉強方法を伝授します。

目次

まずは実力テスト&模試の点数を分析しよう

成績アップには準備が大切です。

点数がとれない原因の分析をして、勉強すべき内容をはっきりさせましょう。

まずは「なぜ、点数がとれないのか」を分析します。

具体的には「どこを間違えいるのか」を過去のテストや問題集で確認していきます。

既に模試を受けたことがあれば、個人成績表(個表)を使うと便利です。

分析の結果によって、一人一人の勉強方法が違ってきます。

自分が間違った問題を確認して、自分が苦手な単元や分野はどこなのかを把握しましょう。

数学の関数の問題は正解できるけど、数の規則性の問題は苦手とか、理科の生物・地学は正答率が高いけど、物理・化学は正答率が低い、社会の歴史は得意だけど、地理はいまいち…過去のテストけったを見直すと、自分の弱点が見えてきます。

どの分野も基本問題はできてるけど、応用問題が苦手な人は、基本問題の練習はさらっと済ませて、応用問題の練習に集中すればよいということが分かります。

このように、苦手分野をはっきりさせることで、力をいれて勉強すべき範囲がわかりやすくなります。

少ない勉強時間で効率的に点数をアップさせるには、まずは勉強すると効果的な範囲を明らかにすることが大切です。

新教研テスト&実力テストの勉強はいつからやらばよいのか?

たまに新教研テスト&実力テストは実力を試すテストだから、テスト勉強なんてしなくてもいいんじゃね?と思って、全く準備をせずに受ける人がいます。

当たり前ですが、こういう人は高得点がとれません。

新教研テスト&実力テスト当日に実力を発揮するためには、テスト当日にこれまで習得した勉強内容を最も覚えているピークの状態にもっていく必要があります。

それのためには徹底的に問題練習と解き直しをするしかありません。

どんなに頭が良い人でも最低2週間は集中してテスト勉強をする期間が必要です。

しかし、普通は2週間でも短いくらいです。

あなたが高校受験生で、新教研テスト&実力テストで高得点をとりたいなら、定期テスト前2~3週間以外の期間は新教研テスト&実力テスト対策の勉強をしてください。

新教研テスト&実力テスト3日前の勉強法

新教研テスト&実力テストで最大の実力を発揮するために、3日前からは解き直しのみを行いましょう。

逆の言い方をすれば、過去問練習で新規の問題を解くのはテストの4日前までに終わらせておかなければならないということです。

人間が最もよく思い出せるのはせいぜい3日前くらいの記憶です。

よほどのインパクトがない限り、1週間前のことなんか覚えていません。

勉強も1週間前の勉強より、3日前からの勉強の方が覚えています。

ですから、新教研テスト&実力テスト対策勉強で解いた問題の中で、間違えたことがある問題は3日前から集中して復習しましょう。

新教研テスト&実力テストは出題範囲が広いので、復習には最低3日間はかかります。

新教研テスト&実力テスト対策の最高の問題集はこれだ!

勉強効率を上げるには、最高の問題集を使うことが近道です。

勉強量に比べて点数が上がらない人は、勉強時間のほとんどを覚えることに使っています。

テストの点数を上げるには、テスト当日で解けることが必要です。

ですから、新教研テスト&実力テスト勉強も解けるようになるために、問題練習と解き直しに時間を使うべきです。

限られた時間の中で効果を上げるには、目的に合った、質の良い、最高の問題集は必須です。

新教研テスト&実力テスト対策勉強の最高の問題集は過去問です。

塾では、新教研テスト&実力テストの過去問をストックしているので、過去問練習をすることができますが、 塾に通っていない人が新教研テスト&実力テストの過去問を入手するのは困難です。

そこでおすすめしたいのが「駿英ネットサービス」です。

駿英ネットサービスに加入すると、お得な利用料金で新教研テストの過去問練習ができます。

毎月更新される膨大な量の新教研テストの過去問をひたすら解きまくることで、新教研テスト&実力テスト過去問練習と解き直しはばっちりです。

新教研テストは受験せず、中学校の実力テストしか受けない人にも、駿英ネットサービスは強い味方です。

なぜならば、新教研テストと実力テストはほぼ同じ出題形式なんです。

もしかしたら同じ業者が問題を作成しているのかもしれません。

駿英ネットサービスで新教研テストの過去問練習をすることは、そのまま実力テスト対策勉強にもなるのです。

しかも、駿英ネットサービスの会員は、定期テスト対策問題や受験直前対策問題、オリジナルの方程式トレーニング問題など、新教研テスト&実力テスト対策以外の教材を利用することも可能です。

詳しくはこちらのサイトからご覧になってください。

【2022年受験用】駿英ネットサービス

コストパフォーマンス最高の新教研テスト&実力テスト対策です。

駿英ネットサービスの教材でみっちり問題練習と解き直しをすれば、新教研テスト&実力テストの得点アップ間違いありません。

普段の勉強も大切です!

実力テストの点数を上げるためには、普段の授業中も大切です。

中学生の勉強時間で最も多くを占めているのは学校の授業時間、学校の授業時間を効果的な時間にできるかどうかは大切です。

勉強していないように見えて成績がいい人や、部活と勉強を両立している人は、学校の授業を集中して受けています。

授業内容はできる限りその授業時間で理解することを心がけて授業を受けましょう。

学校である程度理解できていれば、自宅では復習するだけですみ、覚えなおす必要がなくなります。

学校の授業の理解度を深めるにはノートの取り方にコツがあります。

多くの中学生は黒板を丸写ししていますが、丸写しは頭を使わなくてもできるので、手間がかかる割に記憶に残りません。

授業のノートは、授業内容を理解をしながらノートを取ることが効果的です。

理解しながらノートをとるなんて割れると、超絶難しいと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

下のような方法で、かんたんに理解しながらノートをとることができます。

  1. 黒板を見て理解する
  2. 一度目を離す(ここが大切!)
  3. 思い出しながらノートを取る

黒板を見ながらではなく、黒板を見ないでノートを取れば、一瞬だけ頭に記憶しておくことができます。

どうしても思い出せなければ、もう一度黒板を見て覚えてから再度ノートに記入しましょう。

黒板を見ながらではなく、一度黒板から目を離してノートに書くことによって、一回目の暗記が授業中にできるのです。

つまり、家での復習が2回目の暗記になるのです。

このノート術を知り、実際に授業で実践している生徒たちは全員成績が上がっています。

ノートの取り方は高校入学後も有効です。

学校でわからなかった内容を土日に克服

学校で理解する努力をしても、わからなかったことろは、その週の土日の間にしっかりと克服しておきましょう。

わからないことをわからないままにしないことが成績アップにおいて大切です。

特に数学や英語などは、前回授業がわからないと、その後の授業についていけなくなる可能性が出てきます。

学校や塾の先生、おうちの人などに質問して、分からないところを理解しておくようにしてください。

質問できる身近にいないときはスタディサプリ中学講座などで動画解説をきくとよいでしょう。

さいごに

成績が上がらないからといって、自分には勉強の才能がないなんて絶対に思わないでください。

実力テストで自己ベストを更新し続けるには、才能なんて必要ありません。

正しい勉強法で、十分な時間をかけて勉強すれば、誰でも自己ベストを更新し続けることが可能です。

努力は必ず報われるわけではありませんが、スポーツや芸術に比べれば、勉強の努力はほぼ必ず報われると言っても過言ではありません。

必要なのは正しい方法と努力です。

正しい勉強方法で成績をグングンと上げてください!

 


うちの子の成績が全然上がらない…

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

間違った勉強法を続けていては

成績は上がりません

正しい勉強法に変えるだけで

成績は面白いほど伸びていきます

勉強ができないのは

頭が悪いわけでも

才能がないわけでもありません。

間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです

実際に私が勉強法を教えて

正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは

定期テストの点数がアップするなど

面白いほど成績が伸びています

正しい勉強法を知り、実践すれば

成績アップは簡単です

マンツーマンの個別指導で

自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は

駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣が

お子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ



In-depth explanation of how to raise your score on the new teaching test & ability test! Let’s aim to improve your grades with the right and efficient study methods! This is the best question booklet to prepare for the new school test and ability test!

Compared to the leisurely and fun elementary school days, junior high school studies are much more extensive and difficult.

However, if you are studying hard but your grades are not improving, you can solve the problem with your study methods.

I have helped many junior high school students improve their grades.

I have helped many junior high school students raise their test scores from the 20s to the 70s, and from the 40s to the 60s.

We do not teach in a Spartan style, nor do we teach for hours at a time.

The only condition to improve your grades is that you practice the right study methods that I taught you.

If you are a junior high school student or a parent who is having trouble improving your scores on tests and mock exams, I will teach you how to study.

First, let’s analyze the scores of the ability tests and mock exams.

Preparation is the key to improving your grades.

Analyze the reasons why you are not getting good scores, and clarify what you need to study.

The first step is to analyze why you can’t get the score you want.

Specifically, check your past tests and question collections to see where you are making mistakes.

If you have already taken mock exams, it is convenient to use a personal score report (personal chart).

Depending on the results of the analysis, each person’s study method will be different.

Check the questions you got wrong, and figure out which units or areas you are weak in.

For example, you may be able to answer math function questions correctly, but you are not good at numerical regularity questions; in science, you may have a high percentage of correct answers in biology and geology, but a low percentage in physics and chemistry; in social studies, you may be good at history, but not so good at geography… Reviewing past test results will help you see your weak points.

If you are good at basic questions in all areas, but not so good at applied questions, you can find out that it is better to practice basic questions quickly and concentrate on applied questions.

In this way, by identifying your weak areas, it will be easier for you to know what you need to focus on.

In order to improve your score efficiently with less study time, it is important to first identify the areas that you need to study effectively.

When should I start studying for the new test?

Sometimes students think that the test is just a test to test their ability, so they don’t need to study for it. There are some people who take the tests without any preparation.

Of course, such people will not be able to get a high score.

In order to show your ability on the day of the test, you need to be in the peak state of remembering what you have learned so far on the day of the test.

The only way to achieve this is to practice and rewrite the questions thoroughly.

No matter how smart you are, you need at least two weeks to study intensively for the test.

However, usually even two weeks is too short.

If you are a high school student and want to get a high score on the test, you should study for the test for the rest of the year, except for the two to three weeks before the test.

How to study for the test 3 days before the test

In order to maximize your performance on the test, you should only re-solve the problems three days before the test.

In other words, you should finish solving new problems in the past practice tests at least four days before the test.

The most we can remember is about three days ago at most.

We don’t remember anything from a week ago unless it has a big impact on us.

We remember more about what we studied three days ago than we do about what we studied a week ago.

Therefore, if you have made mistakes in the questions you have solved in your study for the new test, you should concentrate on reviewing them from three days before.

Because of the wide range of questions on the test, it will take at least three days to review.

Here’s the best set of questions to prepare for the New Test of Educational Research & Competency!

To improve your study efficiency, a shortcut is to use the best question bank.

People who don’t score well compared to how much they study are spending most of their study time memorizing.

In order to raise your test score, you need to be able to solve the problems on the day of the test.

Therefore, you should spend more time practicing and solving problems in order to be able to solve them.

In order to be effective in a limited amount of time, the best and best quality question bank is a must for the purpose.

The best question bank for studying for the new teaching test & ability test is past papers.

At cram schools, they have a stock of past papers for the test, so you can practice with them, but it is difficult for those who don’t attend cram schools to get past papers for the test.

However, it is difficult for those who do not attend cram schools to obtain the past papers of the new test.

If you subscribe to Sun-Ei Net Service, you can practice the past papers of the new test for a reasonable fee.

By solving the huge amount of past papers updated every month, you will be able to practice and revise the past papers of the test.

If you don’t want to take the Shinkakuken test, but only want to take the Junior High School Achievement Test, Sunei Net Service is also a strong ally.

The reason for this is that the new test and the ability test are almost identical.

Maybe the same company makes the questions.

Practicing the past questions of the new test on Sun-Ei Net Service can be a good way to study for the JLPT.

What’s more, members of Sun-Ei Net Service can also use materials other than the Shinkakuken test & ability test preparation, such as preparation questions for regular tests, preparation questions just before exams, and original equation training questions.

For more information, please visit this site.

For 2022] Sunei Net Service

This is the best cost-performance preparation for the new test.

If you practice and revise the questions thoroughly with the materials from Sun-Ei Net Service, you are sure to improve your score on the new test.

Regular study is also important!

In order to raise your score on the JLPT, it is important to study during your regular classes.

Most of the time junior high school students spend studying is during school hours, so it is important to be able to make school hours effective.

People who look like they are not studying but get good grades, or those who are balancing club activities and studying, are concentrating on their school work.

Take classes with the intention of understanding as much of the content as possible in that class time.

If you understand a certain amount of the material at school, you will only need to review it at home and will not need to relearn it.

There are some tips on how to take notes to deepen your understanding of school lessons.

Many junior high school students copy from the blackboard, but copying from the blackboard is not memorable because it does not require the use of the brain.

The most effective way to take notes in class is to take notes while understanding the content of the class.

You may think that taking notes while understanding is extremely difficult, but it’s not.

You can easily take notes while understanding in the following ways.

Look at the blackboard to understand.
Take your eyes off the board (this is important!)
Take notes while remembering

If you take notes without looking at the blackboard, instead of while looking at the blackboard, you will be able to memorize it in your mind for a moment.

If you still can’t remember, look at the blackboard again, memorize it, and then fill in your notes again.

By taking your eyes off the blackboard and writing in your notebook once, instead of looking at the blackboard, you can memorize the first time during class.

In other words, the review at home becomes the second memorization.

All the students who have learned this note-taking technique and have actually practiced it in class have improved their grades.

The note-taking method is effective even after entering high school.

Overcome what you didn’t understand in school on weekends

If you have trouble understanding something at school, make sure to work on it during the weekends.

It is important not to leave what you don’t understand unanswered in order to improve your grades.

Especially in mathematics and English, if you don’t understand the previous class, you may not be able to follow the subsequent classes.

Ask questions to your teachers at school or cram school, or to your family members to make sure you understand what you don’t understand.

If you don’t have anyone close to you to ask questions, you may want to listen to the video explanations on Study Supplement Junior High School Course.

Conclusion

Don’t ever think that you don’t have the talent to study just because your grades don’t improve.

You don’t need to be talented to keep improving your personal best on achievement tests.

Anyone can continue to beat their personal best if they study the right way and spend enough time studying.

Hard work does not always pay off, but compared to sports or art, it is no exaggeration to say that hard work in studying almost always pays off.

All you need is the right method and effort.

Study the right way and your grades will go through the roof!

 

彻底解释如何在新的教学测试和能力测试中提高分数! 让我们以正确、高效的学习方法为目标,提高自己的成绩吧! 这是新测试和能力测试的最好的问题手册!

在这篇文章中,我们将看一下提高考试分数的一些最佳方法。

然而,即使你努力学习,你的成绩也没有提高,原因在于你的学习方式。

我曾帮助许多初中生提高成绩。

有可能将分数从20提高到70,或从40提高到60。

我们不是以斯巴达式的方式进行教学,也不是每次都要教几个小时。

提高成绩的唯一条件是,你要练习我教给你的正确学习方法。

如果你是一名初中生,或者是担心在考试或模拟考试中得不到好成绩的监护人,我将教你如何学习。

首先,让我们分析一下能力测试和模拟考试的分数。

准备工作是提高成绩的关键。

让我们来分析一下你不能取得好成绩的原因,并明确你需要学习的内容。

首先,你应该分析一下为什么你不能得到一个好的分数。

具体来说,你应该检查你过去的测试和问题集,看看你在哪里犯错。

如果你已经参加过模拟考试,使用个人分数报告(个人图表)是很方便的。

根据分析的结果,每个人的学习方法会有所不同。

检查你做错的问题,并弄清楚你在哪些单元或领域是薄弱的。

例如,你可能能够正确回答数学函数题,但你不擅长数字规律性问题;在科学方面,你可能在生物和地质方面有很高的正确率,但在物理和化学方面的正确率却很低;在社会研究方面,你可能擅长历史,但在地理方面却不太擅长……回顾你过去的考试成绩,可以帮助你看到自己的薄弱环节。

如果你擅长各方面的基础题,但不擅长应用题,你可以发现,你应该迅速完成基础题的练习,集中精力做应用题。

这样一来,通过确定自己的薄弱环节,就能更容易了解自己应该重点学习的领域。

为了用很少的学习时间有效地提高你的分数,首先必须确定你需要有效学习的领域。

我应该何时开始学习新的考试?

有时学生认为他们不需要为考试而学习,因为考试是对他们能力的测试。 有的人在没有任何准备的情况下参加考试。

这是很自然的,但这样的人无法获得高分。

为了在考试当天展示你的能力,你需要在考试当天处于记住你迄今为止所学知识的高峰状态。

实现这一目标的唯一途径是彻底练习和改写问题。

不管你有多聪明,你至少需要两周的时间为考试进行强化学习。

然而,即使是两个星期通常也太短了。

如果你是一个高中生,你想在考试中获得高分,你应该在考试前两到三周以外的时间段进行学习。

如何在考试前3天复习备考

为了在考试中显示你的最大能力,你应该在考试前3天才重新解决这些问题。

换句话说,你必须在考试前至少4天完成解决过去练习考试中的新问题。

我们能记得的最多的是大约三天前。

我们不记得一周前的任何事情,除非它对我们产生了很大的影响。

我们对3天前学习的内容的记忆比对1周前学习的内容的记忆更多。

因此,你应该集中精力复习你在3天前准备新考试时犯过的错误的题目。

因为考试的范围很广,至少需要三天时间来复习。

这里是准备新的教育研究和能力测试的最佳题库!

为了提高学习效率,使用最好的题本是一条捷径。

与所做的学习量相比,得不到高分的人把大部分学习时间花在了记忆上。

为了提高你的考试分数,你需要在考试当天能够解决这些问题。

因此,你应该把时间花在练习和解题上,以便能够解决考试。

如果你想在有限的时间内取得成效,你必须拥有最好的、质量最好的题本,以达到你的目的。

学习新学校测试和成绩测试的最佳题库是过去的试卷。

在补习班,他们有过去的考试试卷,所以你可以练习它们,但对于那些不去补习班的人来说,很难得到过去的考试试卷。

然而,如果你不参加补习班,就很难得到考试的过去试卷。

如果你订阅了Sun-Ei Net Service,你可以用合理的费用练习新学问考试的过去试卷。

通过解决每月更新的大量新学问考试过去的试卷,你将能够练习和复习新学问考试和能力考试。

即使你不参加新高考,只参加初中成绩考试,苏尼网服务也是你的强大盟友。

原因是新测试和能力测试的格式几乎相同。

可能是同一家公司生产了这些问题。

通过在Sun-Ei Net Service上练习考试的以往试卷,你将能够为JLPT做准备。

此外,Sun-Ei Net Service的成员还可以使用其他教育材料,如定期测试的准备问题、高考前的准备问题、原始方程式训练问题等。

欲了解更多信息,请访问本网站。

2022年考试] 苏内网服务

这是对新教育机构测试和成就测试最好的成本性能准备。

如果你利用Sun-Ei Net Service的材料进行练习和解题,你一定会提高你的考试分数。

定期学习也很重要!

为了提高你在Jikken考试中的分数,在正常的课程中学习很重要。

初中生花在学习上的时间大部分是在学校的时间,能够让学校的时间变得有效是很重要的。

那些看起来不学习但成绩很好的人,或者那些兼顾社团活动和学习的人,都在专注于学校工作。

上课时,要尽可能多地理解课堂内容。

如果你在学校理解了一定量的材料,你只需要在家里复习,不需要重新学习。

有一些关于如何做笔记以加深对学校课程理解的提示。

许多初中生抄写黑板上的内容,但由于抄写时没有动脑筋,所以要花很多时间和精力,而且不能留下深刻的印象。

在课堂上做笔记的最有效方法是在理解课堂内容的同时做笔记。

你可能认为在理解时做笔记是非常困难的,但事实并非如此。

你可以通过以下方式轻松地在理解时做笔记。

看黑板,了解
把你的眼睛从棋盘上移开(这很重要!)。
边记边做笔记

如果你不看黑板而直接做笔记,而不是看黑板,你就能在脑海中暂时记住它。

如果你就是想不起来,就再看看黑板,记住它,然后再填上你的笔记。

把眼睛从黑板上移开,在笔记本上写一次,而不是看黑板,就可以在课堂上第一时间背诵。

换句话说,在家里的复习成为第二次背诵。

所有学习了这种记笔记技巧并在课堂上实际练习过的学生都提高了成绩。

记笔记的方法即使在进入高中后也是有效的。

在周末克服你在学校不懂的东西

如果你在学校有不明白的地方,你应该在周末的时候努力克服它。

重要的是,不要让你不懂的东西不被回答,以提高你的成绩。

特别是在数学和英语方面,如果你不理解前一节课的内容,你可能就无法跟上后面的课程。

请向你在学校的老师、补习班或你的家人提出问题,以确保你明白你不明白的地方。

如果你身边没有人可以问问题,你可能想听一下学习补充初中课程的视频讲解。

总结

不要因为你的成绩没有提高就认为你没有学习的天赋。

你不需要有天赋来不断提高你的考试分数。

如果你以正确的方式学习,并花足够的时间学习,任何人都可以继续击败他们的个人最好成绩。

艰苦的工作并不总是有回报的,但与体育或艺术相比,艰苦的学习工作几乎总是会有回报的。

你所需要的是正确的方法和努力。

用正确的方法学习,你的成绩会突飞猛进!

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

おすすめ教材

ここからは、中学生にお勧めの教材を紹介します。高校生にお勧めの教材はこちらをご覧ください。

英語

キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル 改訂版 キクタン【Entry】2000

キクタンは文字通り耳で覚える単語集(CD2枚収録)。教科書に出てくる単語だけでは不十分。定期テストは乗り切ることができても、実力テストでは教科書に出ていないものもバンバン出てきます。中学生必携の単語集です。

ひとつずつすこしずつホントにわかる

文法事項が詳しく説明されています。この参考書の良いところは動画で授業をしてくれるところ。英語嫌いの生徒でもすんなり頭に入るでしょう。

英語をひとつひとつわかりやすく

「ホントにわかる」シリーズよりも内容は易しめ。監修は山田暢彦先生。このテキストを使ってYouTubeでとってもわかりやすい授業を公開しています。

NOBU先生のやさしい解説で中学英語

こちらのテキストは教科書準拠。丁寧な解説に教科書の内容に沿った問題で学習を進めることが可能です。付属のCDでリスニング対策もばっちり!

高校入試合格BON!英語

中学3年間の基礎がコンパクトにまとまっています。高校入試の準備として使うと効果的です。

数学

ひとつずつすこしずつホントにわかる 

とても見やすく、動画付きで理解もしやすい教材。基礎から徹底的に学習するのにぴったりです。

中学チャート式数学

数学と言えば数研出版。中学生用のシリーズもご多聞に漏れず秀逸です。数学が好きな生徒にはピッタリ。自学でもメキメキ実力アップ。

高校入試合格BON!数学

中学数学の総まとめ教材。カラーページが多く、数学嫌いの生徒や数学が苦手な生徒でも取り組みやすくなっています。

国語

出口の国語レベル別問題集―高校受験 (理論編)

現代文のカリスマ講師、出口汪による教材です。中学生向けに書かれていますので、わかりやすい表現になっています。文章の読み方、問題の解き方などを徹底的に解説。現代文が苦手な高校生にもおすすめです。

出口の国語レベル別問題集 (基礎編)

国語は一度得意科目にしてしまえば、勉強をしなくてもコンスタントに高得点がとれる教科です。理論編で問題の解き方を学んだあとは、こちらの問題集で力を定着させましょう。

理科

マイスタディガイド 中学理科

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。理科の暗記学習はこれでばっちり!

ひとつずつすこしずつホントにわか

付属のネット動画がとてもわかりやすく、まるで家庭教師の授業!基礎から標準レベルの力をつけるためには最適なテキストです。

図でわかる中学理科1分野・2分野

タイトル通り、図や表がふんだんに盛り込まれたビジュアル参考書。勉強の仕方も説明されているので、テキスト通りに勉強を進めていけば、中学理科の各分野の理解が深まります。

高校入試合格BON!理科

基礎から標準レベルの知識を効率的に身に着けることができます。一人でも学習を進めやすく、編者のこだわりが随所に感じされます。

社会

マイスタディガイド中学社会

マイスタディガイドは手書き風イラストで分かりやすい参考書。社会の暗記学習はこれでばっちり!

学研パーフェクトコース

ハイレベルな参考書。社会が大好きな生徒はこの一冊でどんどん自学を進めるとぐんぐん実力がアップします。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学地理

地理はやみくもに暗記してモス部に忘れてしまいます。地図と関連付けながら覚えていくのがポイントです。こちら教材の動画を見なが具体的なイメージを描いて勉強を進めていくことができます。

ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中学歴史

歴史の勉強は、頭の中に年表を作ることが重要。この教材は動画と連動した学習で、現代までの時代の流れを無理なく覚えていくことができます。

チャート式基礎からの中学歴史

数学に定評のある数研出版社のテキスト。社会の教材ではことらがおススメです。演習書が付属しており、定期試験対策だけでなく、自高校入試の対策にも最適です。

まんが攻略BON!中学歴史 

こちらの教材は問題集ではありませんが、苦手教科の対策の第一歩としておすすめの教材です。名前の通りマンガで解説されていますので、スイスイ読み進めることができます苦手な人が多い歴史、公民、古文などをはじめとして、ほぼ全教科がそろっています。毎日気軽に触れることで苦手意識がなくなっていきます。

中学公民をひとつひとつわかりやすく。

公民は身の回りの生活に深くかかわっており、内容的に社会の中で最も理解しやすい分野です。こちらのシリーズで定評のある動画授業でぐんぐん理解が進みます。

わからないをわかるにかえる中学公民

公民が苦手な生徒にはこちらがおススメ。基本からしっかり教えてくれるます。

高校入試対策

「やさしくまるごと」シリーズ

基礎基本をしっかりと身に着けたい生徒向け。YouTube動画の授業で無理なく勉強を進めることができます。この教材でまずは偏差値40台を目指しましょう。

「高校入試合格BON!」シリーズ

偏差値50を目指す生徒におススメ。標準レベルの内容で3年間の学習内容を総復習できます。このテキストを完ぺきにこなせるようになったら、上のレベルにすってっぷアップしましょう。

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 

受験生の50%以上が正解できた入試問題だけを集めているため効率的に基本問題を復習することができます。全ての問題に「受験生のどれくらいが解けた問題なのか」という正答率が表示されています。1ページあたりの問題量も少ないため無理なく進められ、モチベーションアップにつながります。

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題

こちらの問題集は受験生の50%以下の生徒しか解くことができなかった難しい問題を集めた問題集です。偏差値は相対評価なので、みんなが解けない問題を解くことができるようになれば偏差値60が突破できるようになってきます。こちらの問題集もすべての問題に正答率がついています。正答率30%以下の問題が解けるようなれば、実力は相当なものです。何度も何度も繰り返し解いて応用力を伸ばしましょう。

「高校入試 塾技」シリーズ

Z会の現役塾講師が、塾独自の理科「塾技」を公開。  学校では教えてくれない「塾技」が学べます。偏差値60台前半の子には難しいところがあるようですが、偏差値70超の子にはほどよいらしく、よくまとまっていて良いと喜ばれました。基礎的なことを勉強したい人より、さらに難しいことを勉強したい人向けです。著者運営サイト「塾講師が公開! 高校入試 理科 塾技80」で、無料補充問題を公開しています。

 全国高校入試問題正解シリーズ

偏差値60以上の生徒向け。前年度の公立高校と主な国立・私立および高等専門学校の入試問題を収録した過去問集。電話帳並みのボリュームなので、自分の苦手なパターンの問題をピックアップして取り組んでみましょう。過去問は、入試のための実力養成に最適の問題集です。

「高校入試虎の巻」シリーズ

都道府県ごとに出版されています。自分が受験する都道府県の虎の巻を使って過去問練習をすることで、自分の実力を確認することができます。各教科単元別に編集されていますので、苦手分野を集中的にトレーニングすることも可能です。

最高水準問題集高校入試数学 

難関国私立高校入試で出題された問題を中心に編集されています。学校や塾の勉強では全く物足りない方はこちらの問題集でトレーニングをしましょう。こちらの問題集は超難問でも得点できる力をつけるための勉強として取り組んでほしい教材です。かなり骨のある問題が掲載されていますが、この問題集の良いところは解説が丁寧である点です。この問題集の全問制覇はとてつもなく難しいです。偏差値70未満の生徒は手出しをしないでください。

おすすめ教材

コラム

勉強のコツ

受験情報

受験生の保護者様へ

国語

大学受験対策

数学

未分類

生徒募集

社会・理科

英語

試験対策

Count per Day

  • 544769総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
  • 173昨日の閲覧数:
  • 18今日の訪問者数:
  • 148昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー