国語力がアップする一番簡単な方法




 

さてここでは、

もっと具体的な国語力の訓練方法をお伝えしていきたます。

 

 

その前に国語の重要性について

もう一度違う角度から述べてみたいと思います。

 

以前記事で国語力とは「咀嚼力」だと言いました。

そして人間の経済活動というものを考えた時、

噛み砕いて理解したものを、

有効な形に出力するということだと考えられます。

 

 

例えば、外回りの営業の仕事を考えた時、

商品知識を叩き込んだり、

先輩の経験を学んだり、

トーク技術を書籍で学ぶといった作業が「入力(インプット)」です。

そしてこれをもとに、

自分なりの営業スタイルを実践することが「出力(アウトプット)」です。

 

技術開発者であれば、

大学で数学、物理などの学問を学んだり、

専門書籍を読みこなしたりすることが入力であり、

れを商品や論文という形に変えていくことが出力です。

 

また業務で言えば、

会議で話し合われたことを把握(入力)して、

自分の頭でよく整理し、

上司や部下に報告(出力)するという図式も成り立ちます。

 

最近の高校入試の国語問題や推薦入試には

作文を課されることが多くなりました。

自分の体験(入力)したこと

文章という形に「出力」する作業も

この図式にあてはまります。

 

このように国語力とは、

単に文章を読解する能力ではなく、

情報を上手に「入力」し、

上手に「出力」する能力だと考えられます。

 

このような力を高めるためにぴったりの課題は、

「文章の要約」です。

具体的には短編集 (短編小説) や

読解問題の説明文などを要約します。

 

要約は次の点に注意します。

・この話を読んだことのない人にもわかるように、できるだけわかりやすく書く。

・できるだけ文章が短くなるように考えながら自分の言葉で書く。

 

実際に中学生の要約を添削してみると、

読解力がどの程度あるのかが実によくわかります。

「この子は細部までよく理解しているな」

「この子は書いていないことも自分で想像しているな」

「この子はわかっているのだけど話が伝わるようにかけていないな」

「この子は文章を部分的に抜き出しているだけだな」

「この子は小学校3年生くらいの語彙力、読解力しかないな」

などなど、さまざまな感想をもちました。

 

まじめにこつこつとやってくる子に関しては、

急にできるようなことはないですが、

やればやるだけ要約ができるようになっていきます。

そして実際に要約を練習させた子に関しては、

国語の定期試験も少しずつ上がっていますし、

なんと言っても国語が苦手だと思っていた子は、

国語に対する苦手意識がなくなったと言つています。

おまけに多くの子は模試の作文問題に苦労することはなくなりました。

 

しかし基本的に勉強をやらされているという意識の子は、

当然伸びませんでした。

やらされているという意識の子は

まだまだ精神年齢が低いのです。

これは個人差ですから精神性が大人になるのを待つしかありません。

人差はいろいろあるかもしれませんが、

この書くという作業を加えたことで、

ある大きな効果が期待できるわけです。

 

それは語彙方です。

自分の知らない言葉、言いまわしを実 際に使うことになるので、

単に読んで理解するよりも語彙が定着するようになります。

そしてもっといいことは

要点が自然とわかってくるということです。

要約する作業は、

どこを綴って伝えれば相手に伝わるように書けるか

ということを考えなければいけません。

それを繰り返しているうちに要点が見えてくるようになります。

国語の問題はその要点から出題されるわけです。

ですから自然と国語の問題もできるようになっていくのです。

 

実際に使う教材としましては、短編小説でもいいですし、

国語の問題集 (自分のレベルに合ったもの) を購入して、

こに使われている説明文・論説文を繰り返し要約してみてもいいでしよう。

もちろんわからない漢字、慣用句などは自分で調べたり、

周りの人に聞いたりしてください。

 

小説の場合は浅田次郎の短編集の「鉄道員」(集英 社)はいい教材になると思います。

それからSF作家の星新 ーはショートショート(超短編)の神様と呼ばれ、

小学生。・中学生が初めて要約するにはもってこいの教材です。

1つの 話が5〜10ページ程度で完結するので

要約の練習としては最適です。

 

そしてもしできれば家族や家庭教師の先生を利用して、

自 分が要約したものを読んでもらうといいでしよう。

自分では よくわかるつもりでも、

人に見てもらうと、

「書いているこ とがぜんぜんわからない」なんて言われたりします。

それは まさに自分本位で文章を書いている証拠です。

大事なことは自分で書いたものを人に見てもらって感想を聞き、

自分の書いた文章のどこがどういけなかったのかを

しっかり分析することです。

そしてそのことを次に生かすことです。

 

週に1、2回のペースでかまいませんので最低3カ月間、

間をあけずに継続してください。

きっと成果が出るはずです。

ちなみに感想文はあまりお勧めできません。

読書量も少なく語彙力もないのに、

さらに自分の感じたこ とまで織り交ぜて書くことは

訓練を阻害します。

私情は交えずに、書かれているものだけを

単純に自分の言葉で伝えることに集中したほうが

効果はあると思います。

 

国語力を上げる最大のポイントは「出力」にあります。

すから本を読んで文章で要約するのもいいですし、

話して伝えるだけでもいい練習になります。

 

実際に大人になってから大事な能力は

まさに「出力」する能力です。

そのために要約して文章に書き出すという訓練は

ものすごい威力があるのです。

さらに受験生にとっては小論文や作文対策に非常に効果が期待できます。

というわけで

次は作文や論文で文章を書くコツを申し上げておきたいと思います。

 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村





コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ