文章を書くコツ



 

文章を書くコツはずばり

「読み手がわかりやすいように気 配りする」

ことです。

 

文章が下手な人には、

文章の技法に走 る人がいます。

つまりあえて難しい表現を使ったり

難解な漢 字を使ったりして格好つけるわけです。

 

文章は日記以外、人に読んでもらうために書くわけ です。

それをあえてわかりにくく書くのは茅着しています。

シンプルに言えばいいのに、

わざとまわりくどい表現をして 読者に苦痛を与える。

それは自己満足以外の何ものでもあり ません。

 

もう1つの文章の下手な人のパターンとしては、

「言葉が 足りない」人です。

「たぶんこれだけ伝えれば読み手はわか るだろう」

と勝手に思い込んでしまい、

読み手の立場で文章 を書かないということです。

 

1度読んだだけですんなり頭に入る文章が

読者にとってやさしい文章なのです。

どうことを最初に伝えれば相手は理解しやすいか。

書きたいことから書くのではなく、

相手にとってわかりやすいかどうか に重点をおく。

そして自分の書いた文章を何度も読み直す。

「自然に理解できるか?」

「文と文とのつながりはおかしくないか?」

「余計な部分はないか?」

 

逆に言えば文章を書くとはとても簡単なことなのです。

格好つけずに

読み手がわかりやすいように

シンプルに書くだけなのです。

 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村






コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ