高校受験生の夏休み 数学の勉強の仕方

受験を半年後に控えた中学3年生が夏休みにやるべき勉強についてお話しています。

今回は数学の勉強法についてです。

これから12月までに取り組んでほしい問題集はこちら。

2015-2016高校入試問題正解 分野別過去問 数学 数と式

(2015 2016年受験用 全国高校入試問題正解 分野別過去問)

 

2015-2016高校入試問題正解 分野別過去問 数学 図形

(2015 2016年受験用 全国高校入試問題正解 分野別過去問)

 

このうち夏休み中に取り組むのは,「数と式,関数,資料の活用」の方です。

進度の遅い中学校でも平方根までは学習がすんでいると思います。

既習内容の問題はどんどん解き進めていきましょう。

 

過去問演習に共通の注意事項は次のとおりです。

必ず守ってくださいね。

・答えはノートに書く。

・間違えた問題には印をつけておく。

・印をつけた問題は解きなおしをする。

 

夏休みの期間中にすべてを終わらせるのは難しいと思いますが,

3年の1学期までに学習した単元の過去問はすべて終わらせることを目標に取り組んでください。

2学期が始まると,まとまった勉強時間を確保するのが難しくなりますので。

 

上記の2冊の問題をすべてとくことができた人は,こちらの問題でさらに実践力を伸ばしましょう。

来年の1月頃からはじめれば十分かと思います。

2016年受験用 全国高校入試問題正解 数学

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ