福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【大学受験】大学受験の勉強は何から始めればいいのか?

time 2022/10/26

【大学受験】大学受験の勉強は何から始めればいいのか?

大学受験の勉強は何から始めたらいいのでしょうか?

大学生になってキャンパスライフを楽しみたい』『もっと勉強したいから大学生になりたい』と、大学受験を漠然と考えて高校生活を送っている人もいるでしょう。しかし、いつ、どこから勉強を始めたらいいのかわからないという人も多く、周りよりも勉強を始めた時期が遅かったことに気づくという人も少なくありません。

大学入試に注目する時期や復習方法をチェックすることで、大学入試を成功させることができます。今回は、受験を控えた高校生とその保護者の方に、大学受験の勉強を始める時期やその方法について詳しくご紹介します。

大学受験の勉強はいつから始めればいいのでしょうか?入試勉強を始める時期

高校では毎日勉強と向き合うことになりますが、大学受験が目標であれば、授業だけでなく大学受験を意識した取り組みが必要になります。では、大学受験の勉強はいつから始めればいいのでしょうか?

大学受験のために本格的に勉強を始めるのは、高校3年生の春からという人が多いと言われています。しかし、この時期から本格的に受験勉強を開始し、1年生や2年生から受験に特化した学習習慣を身につけることができます。

2021年度入試から大学入試が変わります。一般選抜でも調査書を課す大学が増え、総合選抜や学校推薦選抜でも学力を測るテストが必須となる。高校3年生からテスト勉強を始めると、間に合わなくなります。志望校合格のためには、高校2年生の夏から入試に必要な科目の勉強を始めることが大切です。

高校2年生は、過去問より基礎の勉強を!

志望校の過去問に取り組むことは、入試勉強の有効な手段です。しかし、高校2年生から受験勉強を始めても、いきなり過去問にチャレンジするのは難しいでしょう。高校3年生で過去問に取り組むのが効果的です。

高校2年次には、基礎知識の定着を優先してください。文系なら英語と国語の基礎問題、理系なら英語と数学を中心に、高校3年間で解く応用問題や過去問に対応できるようにしましょう。

問題集を使う場合は、何冊も買うより、1~2冊を何度も繰り返し取り組むのがベストです。

先取り勉強の習慣をつける

試験勉強を始める前に、勉強する習慣を身につけるとよいでしょう。

受験勉強を始める前に勉強する習慣を身につけないと、勉強する気が起きなかったり、勉強の仕方がわからなかったりして、思うように勉強が進まないことがあります。そのため、なるべく早くから勉強する習慣を身につけるようにすることが大切です。

勉強する習慣をつけるのが難しい場合は、授業料の受講を検討することをお勧めします。志望校のレベルにもよりますが、2年生の秋から3年生の春にかけて補習授業を受ける生徒が多く、早ければ1年生から始めて学習習慣を身につける生徒もいるようです。

まずはここからスタート 大学入試の準備を始めるために必要なことを確認する

大学に出願する前に、十分に準備しなければならないことがあります。大学入試対策は、準備の良し悪しで大きく質が変わります。入試の準備や勉強を始めるために必要なことは、こちらでチェックしてください。

志望大学・学部・学科を決める

まず、どの大学、学部、学科に出願するかを決めることが重要です。自分が行きたい大学、学びたいことを具体的にイメージする必要があります。準備段階では、志望大学・学部を1つに絞らず、いくつかの候補を挙げておくとよいでしょう。候補者のリストができたら、入試要項を確認し、集中的に勉強する必要があることを確認します。希望の大学が思い浮かばない場合は、大学のホームページやオープンキャンパスなどを利用して、自分のイメージに合った勉強ができるものを探してみましょう。

入試のタイムテーブルを確認する

次に、希望する大学の入試の時間割を確認する。入試のタイムテーブルを知ることで、いつ何をすればいいのか、逆算することができるのです。

大学共通入学試験は1月中旬、私立大学の一般選抜は1月下旬から2月下旬、国公立大学の前期日程は2月中旬、中期日程は2月下旬から3月上旬、後期日程は3月中旬に予定されています。 志望大学によって入試方法が異なるので、事前にどの試験を受けるか確認しておくとよいでしょう。一般型や学校推薦型の選考を考えている方は、一般型選考とは内容や時期が異なるため、特別な準備が必要です。

模擬試験で自分の現在の学力や苦手な分野を確認する

自分の現在の学力と弱点を知った上で、受験勉強の計画を立てる。志望大学の試験に向けて効果的な勉強をするためには、現在の自分の実力に合った対策をとることが必要です。

模擬試験を受けることで、自分の苦手な科目や単元、今後重点的に取り組むべきことが可視化され、受験勉強の計画を立てやすくなります。
また、模擬試験には、現在の成績が数値で示されるため、モチベーションを高める効果もあります。受験勉強を始めてからも、定期的に模試を受けることをお勧めします。

大学生なら覚えておきたい! 受験勉強で大切な5つのルール

大学受験の準備が整ったら、実際に受験勉強を始めましょう。受験勉強の内容は、志望する大学・学部・学科によって異なりますが、受験勉強の進め方には共通点があります。試験勉強で大切な5つのルールをご紹介します。

入試までの具体的な目標を設定する

今から入試までの間にやりたいことを整理し、入試までの具体的な目標を設定する。

目標を持たずに勉強を続けていると、目標が見えなくなってしまい、モチベーションが下がってしまうことがあります。受験勉強は長期間にわたって努力する必要があるため、具体的な目標を立てることが大切です。試験前に定期的に勉強の進捗を確認する方法として、模擬試験を利用することができます。模擬試験は定期的に行われるので、毎回決まった目標を設定することで、目標が定まり、モチベーションを維持することができます。模擬試験の目標点数を決めて、その点数を達成するように勉強すると効果的です。

受験勉強は日常生活の一部と考える

毎日の受験勉強を楽にするために、生活の一部とする。勉強しなければならない」と思っていると、なかなかやる気が出ないものですが、勉強することが当たり前になれば、自然と勉強するようになるものです。机に向かう習慣がなくても、『歯を磨いた後は必ず5分かけて英単語を暗唱する』など、勉強と日常生活をリンクさせれば、簡単に生活の一部になるはずです」。

「時間」よりも「理解度」に重点を置く

勉強時間を指標にすると、「〇時間勉強したから大丈夫だろう」と思いがちですが、勉強時間は必ずしも理解度に比例するわけではありません。大切なのは、勉強時間ではなく、「どれだけ理解し、実際に問題を解けたか」です。試験勉強をするときは、時間ではなく、自分の理解度を重視し、問題がうまく解けるようになることを目標にしましょう。

合理的な学習計画を立てる

受験勉強は毎日の積み重ねです。試験に合格するために過酷な時間割を組む人もいますが、無理をすると体調を崩したり、目標が達成できずにイライラしたりして、かえって勉強の遅れを招いてしまうこともあります。大学受験の勉強では、確実に消化できる、ストレスを感じないスケジュールを立てることが大切です。

モチベーションを維持する方法を見つける

「勉強が楽しい」「絶対に合格したい」と思えるように、モチベーションを維持する工夫が必要です。大学受験は長時間の勉強が必要なため、高いモチベーションを維持することが難しく、挫折しそうになることもあるでしょう。しかし、あなたがイライラしているときでも、他の学生は勉強しているのです。また、小テストや定期テストの結果を目につくところに掲示するなど、成績をモチベーションにすることもできます。学生は自分に合った方法を見つけて、モチベーションを維持することが大切です。

大学受験のための効率的な勉強法!?

大学受験では、いかに効率よく勉強するかということが重要です。自分に合った勉強法を見つけることで、勉強が効率よく、楽しくなります。では、学生が自分に合った勉強法を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか。大学受験生に向けた効率的な勉強法を紹介します。

必須学力の習得を優先させる

最も重要なのは基礎学力です。基礎学力を身につけずに応用問題に挑むと、『そもそもどこでミスをするのか』がつかめなくなります。基礎学力が身についていれば、何を勉強すればいいのかがわかり、疑問にもチャレンジできる。基礎学力は大学入試の合否を左右する大きな要素なので、優先的に身につけましょう。高校1年生のうちは、基礎学力を固めるとともに、得意な科目を伸ばすことを意識するとよいでしょう。

苦手な問題を優先的に解決する。

勉強するときは、どんな問題を解くべきかを意識する。解決できる問題を繰り返しても、ほとんど意味がありません。点数アップのためには、過去に学習した分野を何度も見直して、解けない問題をなくすことが大切です。受験勉強では、苦手な単元に絞って類似問題に挑戦し、苦手な科目や解けない問題を減らす必要があります。

すきまの時間を有効活用する

また、電車やバスで過ごす時間は、受験生にとっては貴重な時間です。限られた時間の中で効率よく試験勉強をするためには、この時間を無駄にせず、有効に使うことが大切です。単語帳を開いて暗記したり、ノートを開いて復習したりと、移動中も使える勉強道具を持参するようにしましょう。

スタディサイクルの作成

また、試験勉強をする際には、勉強のサイクルを作ることも重要です。規則正しい学習サイクルで、勉強時間を一定に確保する。週の初めに、1週間のスケジュールをもとに勉強時間を決め、試験勉強をする習慣をつけるようにしましょう。また、学習リズムを安定させるためには、起床時間や就寝時間を決めることも大切です。睡眠不足は集中力や意欲の低下につながるので、十分な睡眠をとるようにしましょう。日曜日は模擬試験が行われることが多いため、調整日に設定されることが多いのですが、模擬試験のない日は、その週の復習に充てることもお勧めします。

先生やチューターに助けてもらう

試験勉強をしていると、どうしても理解できない箇所や、自習だけでは解けない問題が出てきます。そんなとき、頼りになるのが学校の先生や家庭教師です。勉強の専門家を頼れば、学力特性や性格に応じた的確なアドバイスが受けられる。また、勉強する習慣が身につかない場合は、授業料教室に通うことで身につけることもできます。

まとめ

大学受験では、どの科目をどの程度勉強すればいいのか、何時に何をすればいいのかなど、志望大学の試験に合わせて計画的に勉強することが大切です。しかし、効率的に勉強することが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。

塾では、自分の選んだ大学に適した指導を受けられるので、無駄なく質の高い受験勉強ができます。 独学で効率よく勉強できても、受験のプロに役立つ情報を聞けば、合格に近づけるはずです。大学受験を成功させるために、塾への入塾を検討してみてはいかがでしょうか。

 


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

Count per Day

  • 659028総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 15今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー