福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】中等教育学校の「内申書」とは?内申点アップの方法を徹底解説

time 2022/11/15

【高校受験】中等教育学校の「内申書」とは?内申点アップの方法を徹底解説

中学校の「内申書」って何ですか?内申点アップの方法を徹底解説

中学生の頃、「内申書」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。高校入試では、内申書が合否に大きく影響することが少なくありません。内申書は、中学校の3年間の学習成果を反映するものなので、短期間に一気に内申書を改善することは考えにくいです。早い段階から準備に取り組むことが大切です。高校入試を克服するためには、まず内申点制度を理解し、内申点の上げ方をマスターする必要があります。

内部監査報告書の仕組みは?

まず、内申書そのものの仕組みについて理解を深めましょう。

内申書とは、生徒が高校に提出する、中学校3年間の総合的な成績を示す内申書のことである。内申書が記載された書類を「内申書」といい、学校によっては「調査書」とも呼ばれる。内申書のマークは「内申点」と呼ばれている。内部試験の成績は、各学年とも9教科を5段階で評価し、合計45点を成績として書き込む。主に年度末の3月に行われる成績は、その年度の総合成績として社内報に掲載され、自分で閲覧することができます。

似たような文書に「通知表」があり、成績を記載する点では同じと思われがちだが、実際の内容は異なる。成績表とは、各学期の学業成績が記載された書類で、主に学生が自分の成績を記録するために使用するものです。一方、内申書とは、生徒一人ひとりの学業成績や学校生活全般の成果をまとめたもので、中学校の教員が評価・作成し、受験する高校に提出するものである。つまり、生徒が自分の成績を知るために作成する「成績表」と、志望校が自分の成績を知るために作成する「内申書」は別物なのです。

内申書は高校受験にどう影響する?

内申書は受験する高校に提出され、成績の判断材料になりますが、実際に内申書は高校入試にどう影響するのでしょうか?ここでは、高校受験の際に内申書も意識した方が良い理由について解説します。

高校受験は、入試の結果だけで決まるものではありません。地区によって差はあるが、多くの高校が内申書の成績や活動内容を判断材料の一つとしており、入学の可否を決定する際にも考慮されている。入試当日の成績が良くても、内申点が足りず、合格できない場合もあります。特に、推薦入試では内申点が重視されることが多いため、公立・私立を問わず内申点の高い生徒が入試で有利になると言えるでしょう。

内申点と学力テストの両方を向上させることが重要です。しかし、いくら偏差値が高くても、内申点が低ければ、志望校に合格できる可能性は低くなってしまいます。しかし、内申点を上げることばかりに気を取られ、学力の向上がおろそかになると、厳しい入試を突破することは難しくなります。あるいは、内申点の高さだけで合格して学力が足りないと、入学後にカリキュラムについていけなくなる可能性もあります。

高校入試では、内申点や学力検査にこだわるのではなく、どちらも良い成績を残せるように日々努力することが大切です。

中学校の内申書の中身を拝見

内申書には、中学3年間の成績のほか、生徒の活動状況も記載されます。内申書にどのような情報が記載されるかを事前に確認し、スコアアップにつなげましょう。内申書に記載されるのは学業成績だけではありません。内申書は、その生徒がどんな中学校生活を送ってきたかが一目でわかるようになっています。そのため、内申書には学力や成績のほか、部活動、英語検定や漢字検定などの試験成績、生徒会や学校行事での活動、課外活動の実績なども記載されています。これらの活動を文章で表現するのが一般的です。課外活動が多いほど、学生としての評価は高くなり、記述も充実してきます。

年度末の成績はそのまま内申書に反映されます。

内部試験成績表は、3学期制、2学期制にかかわらず、年度末の3月の成績を反映したものとなります。ただし、E受験を控えた中学校3年生の生徒だけは、学年末の成績が間に合わないため、受験時に一定の範囲内で成績が決定されることになっています。

高校入試で使われる内申書の内容は、各都道府県によってさまざまです。高校入試で使われる内申書の内容は、県によって異なります。例えば、中学1年の内申書しか評価しない県もあれば、中学3年の内申書も評価する県もあります。自分の県のどの結果が高校入試に影響するのか、事前に確認しておくとよいでしょう。ただし、「今年度の内申点だけ気をつければいい」と決めつけず、毎日気をつけるように努力することをおすすめします。

内申点はどのように決まるのですか?

採点方法について説明しています。内申点の点数はどのように決まるのですか?

内申点は、各教科ごとに各学校が定めた観点で採点されます。学力だけでなく、総合的な考え方や学習態度も採点時の評価に含まれます。また、2021年以降、中学校の学習指導要領が改訂され、内申点も従来とは異なる方法で行われるようになりました。新しい評価基準では、学生の質と能力を評価する「3つの柱」が主軸となります。では、内部評価がどのように行われるのか、詳しく見ていきましょう。

学習能力、人間性など

最初の採点ポイントは、勉強への取り組み方です。評価基準は、授業中に忘れ物をしていないか、提出物をきちんと出しているか、自分から発言しようとするかなど、普段の授業態度にあります。教育課程の改訂の目的のひとつは、現代社会で「生きる力」を身につけることです。 そのため、このセクションでは、”あなたは社会や世界とどのようにつながっていますか?”といった、積極的な学習姿勢が求められます。 とか、”より良い人生を送るために努力しているか “ということです。 .

知識・技能

2つ目の採点項目は、学習の習熟度です。評価基準は、勉強で理解したこと、できるようになったことが基準になっています。例えば、覚えた単語や公式を暗唱すれば試験で良い成績が取れるかもしれませんが、本質的に理解できていなければ学力が身についたとは言えません。したがって、このセクションでは、各教科で学んだ内容を体系的に理解し、応用可能な形でアクセスできるようにする必要があります。同様に、技能についても、スポーツや芸術などの実技教科に必要な技能を理解し、習得することを目的としています。

思考・判断・表現など

3つ目の採点項目は、「自分で考える力」です。これは「ライフスキル」の中でも最も重要なもので、問題解決能力に関するもので、理解したことをどれだけうまく使えるか、できるようになったかを評価するものである。学習した知識やスキルを使って、様々な問題に対して主体的に考え、答えを導き出すことができるかを評価するテストです。また、授業中に問題を発見し、仲間と一緒に解決する能力も求められます。

科目によって重視する項目は異なります。

内申点は前述の通り3つの分野で評価されるが、教科によって重視する項目は異なる。主要5教科では、テストのルーチン・スコアが重視され、実技教科では授業態度などのルーチン・スコアが重視される傾向がある。文部科学省は、地区間の成績評価の統一を図るよう努力すべきであるが、地区間、学校間、教科間の差異を完全に回避することは不可能であると助言している。

高校入試に向けた内申点アップの方法を説明

志望校合格のために、内申点を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?内申点アップのために今できることを解説します。

授業に参加する

まずは、日々のレッスンへの取り組み方を変えてみましょう。授業に積極的に参加することで、自分のやる気をアピールし、理解を深めることができます。しっかりメモを取り、挙手を求められたら発言の機会をつかむ。また、授業でわからないことがあれば、授業後に先生のところへ行き、質問するのもよいでしょう。わからないことを解決しようとする姿勢を見せることが、内申点アップにつながるのです。

授業中の姿勢や態度に気をつける

授業中の姿勢を見直す。うつむいているのか、誰かと話しているのか?授業中に遊んでいる人よりも、真面目に授業を受けている人の方が先生から好印象を持たれるのは言うまでもないことです。授業中はおしゃべりをせず、体をボードに密着させてください。足を組まず、良い姿勢で椅子に座る。こうしたちょっとした姿勢や心構えを変えることで、授業に集中しやすくなるはずです。

5分前に移動するようにする

ベルが鳴った後に授業の準備をするのは、良い授業態度とは言えません。休息モードから勉強モードへの切り替えができないまま授業が始まってしまい、思うように授業に集中できない。ベルが鳴ったら教科書やノートなど、授業に必要なものをすべて机の上に置いておくこと。社会人になってからも、タイミングよく行動することが大切です。まだ中学生のうちから習慣づけましょう。

部活や受験にチャレンジ

内部進学試験には、部活動や生徒会活動など、授業以外の活動も含まれるため、できるだけ多くのことにチャレンジしてください。課外活動は、内申点の向上だけでなく、勉強以外でも多くの機会を与えてくれます。また、学校生活を豊かにするものでもあるので、無理のない範囲でできるだけ多くの活動に参加するようにしましょう。また、多くの中学生が英語検定や漢字能力検定を受けています。各種検定は内申点アップにもつながりますし、大学受験や就職・アルバイトの材料としても魅力的なので、取っておいて損はないでしょう。受験勉強で培った学力を試す絶好の機会でもあるので、ぜひ挑戦してみてください。

定期テストの点数アップ

定期テストの点数を上げることは、内申点を大きく上げるために有効な手段です。内部試験には様々な採点ポイントがありますが、成績の中心は学力です。定期テストがうまくいかないと、内申点が上がらないだけでなく、高校入試の合格率も必然的に下がります。高校入試に学力テストが絡んでくるので、学力向上も重要です。定期テストは受験勉強の一環と考え、より高い点数の獲得に向けて努力する。独学で勉強するのが難しい場合は、授業料で受講するのも一つの方法です。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 658978総閲覧数:
  • 463今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 209今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー