福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】塾無しで高校受験に合格することは可能か?

time 2022/11/22

【高校受験】塾無しで高校受験に合格することは可能か?

中学生の保護者の中には、「中学生に補習は無理」「補習しなくても高校入試は受けられる」と思っている方も多いのではないでしょうか。むしろ、塾に通う費用を節約できれば、親としては助かる。しかし、中学校での勉強は小学校の勉強とは違い、徐々に難しくなっていきます。さらに、高校入試では正確な情報を提供することが肝要となる。この記事では、高校入試を授業料なしで受験することは可能なのか、客観的な情報をお伝えしています。

塾なしで高校入試を成功させることはできますか?

保護者としては、お子さんに「高校受験のために勉強を頑張ってほしい」と心から思いますよね。しっかり勉強してほしいという思いがある一方で、「できれば塾なしで高校入試を乗り切ってほしい」という思いもあるのはなぜでしょうか。では、補習を受けずに高校受験に成功するには、どのような条件が必要なのでしょうか。

なぜ、塾の授業を受けずに高校入試に合格できるようにするのか。多くの親御さんが、塾の授業を受けずに高校受験を乗り切ってほしいと思う理由はいくつかあります。例えば、塾の費用を経済的な負担と捉えていることも理由の一つでしょう。また、スポーツや音楽など他の趣味を持っていて、習い事に通う時間が取れないお子さんもいらっしゃいます。 また、中学生は放課後に個別指導塾やクラブに通うため、帰宅時間が遅くなりがちで、体力的にきつい子もいます。そのため、塾の授業はお金がかかる、時間がかかる、体力的にきついという認識が、塾なしで高校受験をしようとする理由の一つになっています。

高校入試を塾なしで受験するための条件は何ですか?

塾の授業を受けずに高校入試を成功させるためには、次の3つを自力で行う必要があります。

  • 高校入試について、できる限りの情報を集めましょう。
  • 自発的に勉強する習慣を身につける。
  • わからない、苦手な科目や分野を克服する。

塾は専門的な知識を持ち、高校入試の情報も豊富です。ですから、塾の授業を受ければ、高校入試に必要な情報は毎回手に入ることになります。しかし、塾なしで高校受験をすると、受験のための情報がすべて入ってこないので、必ず生徒や親が自分で情報を集めなければなりません。また、塾に通う場合は、必ず学校の授業時間内に勉強することが求められ、通う塾のシステムによっては、宿題の提出を求められることもあります。そのような環境に身を置くことで、自然と学習習慣が身につくのです。しかし、塾に頼らず受験勉強をする場合、机に向かい勉強時間を確保する強い意志が必要です。また、自分で学習計画を考え、その都度進捗状況や定着度を確認しながら自主的に学習する必要があります。また、個別指導の授業であれば、授業や自習でわからないところをすぐに先生に質問して解決することができます。しかし、独学で勉強していると、その場で問題を解くことができず、結局理解できないまま終わってしまうことがあります。 そのため、学校の先生に質問する時間が必要な場合があります。先生によっては、学校から指定された教科書や参考書以外からの出題に抵抗がある場合もあります。

高校入試に必要なもの(1):情報収集

高校入試のためには、正確で有益な情報を集めることが大切です。具体的にどのような情報を押さえておけばいいのか、順番に確認していきましょう。

最適な教材選び

受験勉強を効果的に行い、結果を出すためには、お子さまの学力や志望校の難易度に合わせた教材選びが重要です。志望校の受験では、学校の教材だけでは不十分な場合もあり、受験勉強に使う教材の質も合否に影響すると考えておくことが大切です。塾では、受験勉強を効率よく進めるために、質の高い教材を使っているので安心です。また、志望校の試験を受けるために、教材のどの論点に取り組めばよいかをアドバイスします。生徒自身や保護者が選んだ教材で学習する場合、インターネットで評判の良い教材の情報を得ることはできますが、必ずしもお子さんの学習姿勢や志望校の出題傾向とは一致しない場合があることに注意が必要です。

学力の正確な把握

高校入試の際には、生徒自身が日頃から自分の学力を把握する必要があります。塾では、必要に応じて適性検査や模擬試験を受けることを推奨しています。 その結果を先生と一緒に分析することで、「現在の自分の学習能力はどの程度か」「子どもの志望校合格の可能性はどの程度か」といった情報を得ることができます。自分の学力を分析し、理解することができれば、今後取り組むべきことが見えてくるので、受験勉強も効率的に進めることができます。定期的に模擬試験を受けることも、試験への適応に有効です。自分で模擬試験を受けることもできますが、結果を分析して今後に生かすためにも、塾に通うのがおすすめです。

選択した学校についての具体的な情報

志望校が決まり、高校入試の勉強を本格的に始めたら、志望校の具体的な出題傾向を把握することが必要です。塾はデータやノウハウを蓄積しているので、各高校の出題傾向をアドバイスするだけでなく、その学校が自分に合っているか、同じ学校を受験する場合に必要な情報は何かを教えてくれるのです。補習のない高校を受験する場合、これらの情報は自分で集める必要がありますが、入手した情報が正しいかどうか、生徒や保護者だけでは判断がつきません。

受験に必要な手続きに関する情報、例えば塾では、受験の手続きから志望校への合格まで、必要な情報を提供してくれます。生徒にも保護者にも手厚いサポート体制が整っており、何か疑問があれば直接聞けるので安心です。塾を通さずに受験する場合は、受験に必要な勉強内容や手続きなどの情報を集め、時間割を管理する必要があります。時間割を作成し、見逃さないようにするなど、スケジュール管理を徹底してください。

高校入試に必要なもの(2):継続的な学習

継続的な学習は、高校入試だけでなく、他の試験でも必要です。継続は力なり」という言葉がありますが、中学生が自分らしく勉強するのは難しい。中学生が受験勉強を続ける上で大切なのは、次の3点です。

  • モチベーション
  • ペースメーカー
  • 勉強に集中できる場所。

モチベーション

受験勉強を続けるコツは、モチベーションを高く保つこと。塾では、同じようにそれぞれの志望校に向けて勉強を頑張る仲間がいるので、自然とモチベーションも上がります。一緒に頑張っている仲間がいると、自分も頑張らないといけないという気持ちになり、競争意識が芽生え、お互いに励まし合うことができます。塾なしで受験勉強をする場合、モチベーションを維持するのは簡単ではありません。家に一緒に頑張る友達がいないケースも多く、自分の部屋がある子どもにとっては、ゲームやマンガなどの誘惑もある。学生自身が強い動機づけをしない限り、なかなか勉強がはかどらないこともあります。

ペースメーカー

シニアの復習は長期間にわたる地道な取り組みが必要なので、学習を計画的に進めるためのスケジュール管理が重要です。塾では、高校入試に向けた効果的な学習プランを立てることができます。目的意識を持って勉強すれば、高校入試に間に合うように時間割を作ることができます。マラソンレースで言えば、塾はペースメーカーのようなものです。ペースメーカーなしでマラソンをすると、速く走りすぎて息切れしたり、遅く走りすぎて完走できなかったりすることがあります。同様に、お子さんが塾の授業を受けずに受験勉強をする場合、勉強が億劫にならないように勉強量を確保しつつ、志望校に必要な範囲を抜けなく勉強するプランが必要です。
また、時間割に沿って勉強をやり遂げる意志も必要です。

勉強に集中できる場所

勉強に集中できる自分の部屋がある」と思っているお子さんもいらっしゃるかもしれませんが、必ずしも自分の部屋が集中できる場所とは限りません。子どもたちにとって、自分の部屋は勉強部屋というより、くつろぐ場所です。そのため、自分の部屋以外に勉強する場所があるとよいでしょう。お子さまの身近に、勉強に集中できる場所をいくつか探してみてください。お子さんが塾に通っている場合、そこには自習室があり、学校の授業時間外でも集中して勉強ができるようになっています。図書館などの公共施設も勉強する場所としておすすめですが、他の利用者の態度によっては集中できないこともありますし、自習のための席の利用ができないこともあります。

高校受験に必要なもの(3):わからない問題を解決する手段

試験勉強を成功させるためには、わからない問題を素早く解決する手段が必要です。わからない問題の解き方を教えてくれる人が周りにいなければ、解けないままの問題は徐々に増えていきます。

自主的に勉強していると、わからない問題にぶつかることがあります。場合によっては、数式を見直したり、身の回りの単語や熟語を整理したりして、自分なりに答えを導き出すことができるかもしれません。しかし、解決方法がわからなければ、考え続けても時間を浪費するだけです。その点、チュートリアルなら先生にすぐに質問できるので、学習スピードが上がるだけでなく、問題がわからないというストレスもなくなります。しかし、塾に通っていない人は、難しい問題の解き方をわかりやすく教えてくれる人が必要です。学校の先生や友達でもいいですが、自宅で勉強する場合は、両親や家族の協力も必要です。子どもがわからないことをすぐに聞いて、その場で解決できるような環境を作ることが大切です。

そもそも何がわからないのか、わからないという中学生も多い。一人で勉強していると、『どこがわからないのか』『どの部分の学習が不足しているのか』など、基本的なことがわかりにくいことがあります。理解できない問題自体にどう対処したらいいのかもわからないかもしれません。塾には先生がいるので、理解度が落ちているところを見抜きやすいのですが、塾なしで勉強する場合は、教科書を読み直して、しっかり復習することをおすすめします。テキストは読み流すだけでなく、できれば音読し、わからない公式や言い回しは調べたり、助けを求めたりしましょう。教科書には基本的なことが書かれているので、わからないことは教科書を読めば自分で調べやすくなります。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

 

Count per Day

  • 658991総閲覧数:
  • 476今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数:
  • 212今日の訪問者数:
  • 188昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー