福島県の中学生&高校生専門のオンライン家庭教師 福島県の高校受験専門

福島県の高校受験・高校入試専門のプロ講師によるオンライン個別指導!福島県の中学生、高校生専門のオンライン家庭教師です。郡山市の完全1対1個別指導塾「駿英家庭教師学院」のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【高校受験】 高校受験の塾選びのポイント! 失敗しないためのコツも紹介!

time 2022/11/18

【高校受験】 高校受験の塾選びのポイント! 失敗しないためのコツも紹介!

高校受験のために子どもを塾に入れたい、塾に通わせることを検討したいという親御さんは多いのではないでしょうか。しかし、多くの塾があるため、どの塾を選べばいいのか悩む人も多い。また、塾を選ぶ前のこの段階で、『そもそも本当に塾に通わせるべきなのか』など、悩む親御さんも多いのではないでしょうか。今回は、高校受験で塾を検討している方のために、失敗しない塾の選び方を解説します。

高校受験のための塾選びはいつから始めるべき?

高校受験のための塾はいつから始めるべき?では、塾選びはいつから始めればいいのでしょうか。つまり、塾選びはなるべく早くから行い、良い塾が見つかったらすぐに受講を開始することをお勧めします。というのも、公立高校の入試問題の約7割は、中学1・2年の授業範囲に該当するからです。また、1・2年生の内申は、高校入試の合否に大きく影響します。ですから、受験の準備を始めるのは、中学1年生からでも遅くはありません。補習授業を受けることで、自然と学習習慣を身につけることができます。高校受験の復習で一番大変なのは、学習習慣を身につけることだと言っても過言ではありません。早くから塾の授業を始め、勉強する習慣を身につければ、受験勉強に対する抵抗感がなくなり、理想的な状態で受験勉強に臨むことができます。

高校受験で塾に通うメリット

次に、高校受験塾を利用するメリットについてご紹介します。受験対策やテストは学校でも行われますが、塾では得られないものがあります。入試に関する情報を得ることができます。高校受験対策を行っている塾では、高校入試や近隣の高校に関する情報を常に収集し、生徒や保護者に最新の情報を提供しています。生徒や保護者が自分で情報収集するのは大変ですし、貴重な勉強時間を削ってしまうことにもなりかねません。塾に通っていれば、必要なときに高校受験の情報を得ることができます。塾によっては、特定の入試科目の指導を行っているところもあります。学力や志望校の異なる生徒が集中する学校では、教科別の指導が難しいこともあり、これは塾ならではのメリットといえるでしょう。

面接が必要な高校を受験する生徒のために、面接対策を行っている塾もあります。その分、学校よりも時間や手間がかかるので、ぜひ指導を受けるとよいでしょう。
さらに、今後はコロナ対策として面接を遠隔で行うことも考えられるが、塾であれば、そうしたイレギュラーな事態にも、これまで培ってきた受験ノウハウに基づいた柔軟な対応を期待できる。塾は、入試の勉強だけでなく、情報収集や面接対策の場としても大きなメリットがあります。

塾の仲間から刺激を受けることができる。

塾に通う生徒は、高校受験に向けて努力しています。同じ目標を持った仲間が近くにいること自体が刺激になります。塾で頑張っている友達を見て、自分も頑張ろう」というように、自然と切磋琢磨するようになるのです。また、チュートリアルクラスの生徒同士で情報交換をすることも可能です。自分の中学校では得られないような情報を、他の中学校の生徒から得ることができるかもしれません。高校入試に直結する情報だけでなく、効率的な勉強法やおすすめの教科書などの情報もお届けします。高校入試は厳しいので、苦しい思いをすることもあります。自信をなくしたり、辞めたいと思うこともあるかもしれません。そんなとき、一緒に頑張る塾の友達や、指導してくれる先生が心の支えになります。受験勉強中は孤独を感じるかもしれませんが、精神的に支えてくれる人がいれば、より受験勉強を頑張ることができます。ですから、塾は勉強する場であると同時に、友達を作る場でもあるのです。

一元化された学習環境

家では勉強に集中できず、ついついサボってしまうという学生も少なくありません。しかし、塾は勉強するための場所なので、気が散ることはほとんどありません。塾に行くと、自然と勉強のスイッチが入る “という声も多いですね。教室で勉強できるのはもちろん、塾によっては自主学習用の自習室があるところもあります。
家での勉強が難しい場合は、塾や自習室で集中して勉強することができます。また、個別指導では宿題や試験もあり、学校の勉強と並行して他の勉強もこなさなければならないので、必然的に勉強量や勉強時間は増えていきます。そのような環境で勉強していれば、自然と勉強する習慣が身につき、やがて受験勉強にもつながっていきます。

わからないことを質問することができる

学校では、一人の先生が大勢の生徒を教えるので、わからないことを質問しにくいこともあります。また、学校の教材以外でわからないところがあっても、学校の先生に質問しにくいこともあります。塾では、高校受験などの対策をしてくれる先生がたくさんいます。また、学校ほど生徒も先生も多くないので、わからないことがあっても質問しやすいはずです。講師だけでなく、学校の仲間に質問することも、お互いのモチベーションアップにつながります。分からないところを1つでもそのままにしておくと、分からないところが増えていき、結果的に苦手意識を持ってしまう可能性があります。高校入試の勉強では、わからないことを無視することは避けた方がよいでしょう。

高校受験のために、どんな塾を選べばいいのか?

ここでは、塾選びの基準をご紹介します。

塾選びの基準(1)】授業の形式

個別指導と集団指導の2種類の授業があります。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。個人授業の利点は、生徒一人ひとりに合わせた授業ができることです。各講師のクラスは数人しかいないため、授業内容は生徒一人ひとりに合わせたものとなっています。学習者は自分に合った方法で学習することができるので、非常に効率的です。デメリットは、同じ学校の他の生徒と接する機会が少ないことです。授業は少人数で行われるため、多くの生徒と話をする機会が少ない。そのため、集団塾に比べると、多くの仲間やライバルを獲得することにつながりにくい環境といえます。

集団指導のメリットは、同じ学習塾に通う生徒から刺激を受けられることです。自分の志望校に合格しようとする他の学生の姿は、良い刺激になるはずです。また、学校の仲間と情報交換をしたり、励まし合ったりすることもできます。デメリットは、生徒数が多いため、きめ細かい指導ができないことです。個人指導に比べ、生徒一人ひとりへのケアやサポートは少なくなります。また、授業レベルや学習スピードが合わない可能性もあります。

個別指導塾を選ぶ際には、まず、個別指導と集団指導のどちらが自分に合っているのかを事前に検討しましょう。

塾選びの基準(2)】個別指導の費用について

個別指導塾を選ぶ際には、費用の面も確認する必要があります。予算に合わせて学習塾を選ぶことは大切ですが、単純に総費用を比較すると、コストパフォーマンスの悪い学習塾を選んでしまったり、自分に合わない授業形態になってしまったりする可能性がありますので、注意が必要です。

一般的に、個人授業料は団体授業料よりも割高になります。これは、個別指導の授業は、生徒一人ひとりのニーズに合わせて行われるため、より高価になるからです。

補習塾の年間費用は40万〜60万円、進学塾では難関私立や国公立高校を目指す生徒で80万〜120万円と言われています。私立・公立に関わらず、難関高校をターゲットにした場合、補習塾の費用が高くなることがあります。しかし、塾の種類や科目数、通塾回数、短期講習の有無などによって、費用は大きく異なる。

塾選びの基準(3)】成功の成果

個別指導の総合的な合格率や、志望校の合格率も重要な指標になります。合格者数だけでは、全体の何パーセントが志望校に合格できたかはわからない。絶対的な数字ではなく、相対的な割合を見ることで、塾の指導力を確認することができます。

合格率が高いということは、それだけ指導力があるということです。また、通っている生徒の多くが志望校に合格しているのであれば、志望校に合った対策が期待できます。学校の合格率から、その学校の実力を知ることができる。

塾選びの基準(4)】体験入学の有無

塾を選ぶときは、体験入学があるかどうかを確認しましょう。良さそうな個別指導の教室を見つけても、実際にレッスンを受けてみないと合うかどうかはわかりません。体験授業を受けることができれば、実際に参加する前に、授業の雰囲気や進め方をある程度把握することができます。

塾選びで失敗しないための注意点は?

最後に、実際に塾を選ぶ際に大切なポイントをご紹介します。

友達に合わせるのはNGです。

塾を選ぶとき、「同じ中学校に通う親友と同じ塾に通いたい」と考える人も多いのではないでしょうか。しかし、友達に合わせるために、自分の実力や志望校に合わない塾を選ぶのは得策ではありません。塾は勉強するところです。友達の紹介で自分のレベルに合わない塾を選んでしまうと、高校入試の準備そのものがうまくいかなくなる可能性があります。友達と一緒にいること」を優先してしまうと、塾の授業を受ける目的を見失ってしまいます。塾の授業を受けることで何を実現したいかを考え、試験とゲームの切り替えができるようにする。

安さだけを学校選びの基準にしてはいけない。

子供を塾に通わせようと考えている親にとって、塾にかかる費用は見過ごせないものです。なるべくコストを抑えたいと思うのは当然です。また、学生自身も、授業料が高額になると、親に負担を求めることが難しくなります。しかし、価格だけで塾を選ぶと、高校受験対策が十分でなかったり、指導やサービスが悪かったり、環境が悪かったり、成績が悪かったりする塾に入ることになる可能性があります。また、費用が安いように見えても、高額な教材費が別途必要な場合もあります。総額は普通の塾と同じか、もっと高いかもしれません。もちろん、とんでもなく高い授業料のクラスを選ぶ必要はありません。重要なのは、費用対効果が高いかどうかです。
志望校の受験対策にどんな塾が必要なのか、どんなサービスを提供しているのかを調べることで、自分に合った塾を問題なく選ぶことができるはずです。

自宅からの距離を確認する

自宅から学校までの距離も、学校選びの重要なポイントです。学校が遠いと、通学に飽きてしまい、負担に感じるかもしれません。距離的に授業に参加することが精神的な負担になるようでは、勉強どころではありません。あまりに時間がかかる授業料はお勧めできません。しかし、近ければ良いというものではありません。塾までの道のりで「勉強モード」に切り替わる人も多い。あまりに自宅から近い学校だと、考え方を切り替えるのが難しいかもしれません。自宅から塾までの距離は個人差があるので一概には言えませんが、「ちょうどいい距離感」を意識することが大切です。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

 

Count per Day

  • 659002総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 477昨日の閲覧数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 213昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー