郡山のプロ家庭教師 合格への道 高校受験・大学受験(現代文/古文/漢文)指導

勉強が得意、教えるのが得意…というだけの家庭教師ではありません。生徒との信頼関係を一番に考え、、相手の立場に立ちながら教えることが何より重要であると考えております。。一人一人、目標はそれぞれです。教える相手の気持ちに寄り添う家庭教師です。

「どうしたらいい?」ではなく「どうなってたらいい?」と聞く 受験生を持つ親のためのメンタルトレーニング

time 2015/09/18

どうしたらいい?と方法論にばかり意識が向いてしまって、考えがまとまらず、結果が出せない子どもは多いものです。

そういう子どもには、「どうなってたらいい?」と、自分がこうありたいと思う姿に意識を向けられるようにサポートをしてあげましょう。

子どもが「英語の成績が上げるにはどうすればよいのか?」ときいてきたら、

「英語の成績が上がるというのは具体的にはどのような状態なのか?」とたずねます。

すると子どもは「英語のテストでいい点数が取れる状態です。」と答えました。

わたしは「英語のテストでいい点が取れるというのはどんな状態ですか?」とたずねると、

子どもは「長文の配点が高いので、長文で得点できるような状態です。」

そこでその子は気がついたようです。

「そうか、長文で点が取れる工夫をすればいいんですね。」

このように、目指す姿が明確になると、どうしたらいいか、やるべきことは何かということが自然と考えられるようになります。

down

コメントする

Count per Day

  • 268593総閲覧数:
  • 261今日の閲覧数:
  • 584昨日の閲覧数:
  • 212155総訪問者数:
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー