福島県郡山市のオンライン家庭教師

福島県専門の高校受験・大学受験オンライン家庭教師です。完全1対1個別指導のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【英文法121】文型4 第2文型 SVC

time 2024/03/09

【英文法121】文型4 第2文型 SVC

目次

第2文型ではS=C

SVCの判断

  • SV+形容詞 → SVC
  • SV+名詞 → S=名詞ならばSVC/S≠名詞ならばSVO

2文型(svc)では必ず‘’S =C”が成り立ちます。Cは「補語(主語の内容を補う語)」で形容詞・名詞です。SVCでよく使われる動詞の代表格はbe動詞です。be動詞は「イコール」の意味が中心で、「いる・ある」の意味であれば第1文型になります。

第2文型をとる動詞

以下の動詞は第2文型によく使われる動詞です。これらの動詞を見たときに「SVCになるのでは?」と予想することが大切です。

  • 存在・継続:be 「~になる・~である」/ keep-remain・stay・hotd・lie 「~のままでいる」
  • 変化 become・get・turn・grow・come・go・fall 「~になる」/ prove・turn out「~だとわかる」
  • 感覚 seem -appear「~のようだ」/にok r~に見える」/ feel「~のように感じる」/ sound 「~に聞こえる」/ taste 「~の味がする」/smell「~のにおいがする」

be動詞の感覚

第2文型をとる動詞はどれも根底にbeがあるイメージです。

The children are happy. 「子どもたちは楽しんでいる」

The children look happy.「子供たちは楽しんでいるように見える」

そもそも分詞には形容詞の働きがあるので、Cにくることが可能です。この点を理解しておくとCに分詞(-ing/p.p.)がくる表現も理解しやすくなります。Cに名詞がくるとき

Cに名詞がくるとき

Cには主に形容詞(分詞)がきますが、名詞がくることもあります。

After deciding to become a teacher(C=名詞), Ken became serious(C=形容詞) about studying.
気候科学者になると決意してから、エリカは理科の授業での勉強に本腰を入れるようになった。

seem/appear の用法

  • seem(appear)+形容詞=「形容詞のようだ」
  • seem(appear) to~「~のようだ」

実際には「seem(appear) to~」を1つの助動詞と考えるほうがわかりやすいでしょう。toの後には必ず「状態動詞(beなど)」がきます。ある状態に対し「~のようである」と推量するのが、このseem/ appear の働きであるためです。

The creature appeared to be a bear.
その生き物は熊のようでした。

第2文型の動詞の意味は「=(イコール)」

SVCでは、Cに形容詞がくることが多いので、これを逆手にとると動詞+形容詞(-ing / p.p)の形であればSVCになると予想できます。

We must stay(V) curious(C=形容詞) about each other.
我々はお互いに興味を持ち続けるなければならない

第2文型におけるcomeとgoの違い

SVCでよく使われる動詞で、ニュアンスに特徴がある代表例がcomeとg0です。どちらもSVCでは「~になる」という意味ですが、ニュアンスは真逆です。

  • come 「良い状態になる」「元の状態になる」 ※本来「中心に向かう」
  • go 「悪い状態になる」 ※本来「中心から離れる」

comeは本来「中心に向かう」で、日本語で「行く」という場面でも、話の中心に向うならcomeを使います。goは「中心から離れる」ことから悪い意味に使われます。comeよりgoを使った熟語語はたくさんあります。

comeを使った熟語 ※中心に向かう→良い状態に「なる」/元の状態になる

  • 良い状態に「なる」】come true「実現する」/ come right「うまくいく」
  • 元の状態に「なる」】come loose「ゆるむ」/come undone(untied) 「ほどける」

goを使った熟語 ※中心から離れる→悪い状態に「なる」

  • go wrong「うまくいかない・故障する」
  • go bad「悪くなる・腐る」
  • go sour「(牛乳・ョーグルトなどが)酸っばくなる・腐る」
  • go mad(crazy) 「正気でなくなる」
  •  go bankrupt 「破産する」
  • go flat「パンクする」
  • go blind「目が見えなくなる」
  • go deaf「耳が聞こえなくなる」
  •  go astray「道に迷う」
  • go viral「ネットで拡散される(パズる)」
  • go green「環境に配慮するようになる」

 


正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。

マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新!

大切なお子様の学習指導はお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

※お問い合わせはこちらまで

 

 

TOPへもどる

Count per Day

  • 844802総閲覧数:
  • 98今日の閲覧数:
  • 180昨日の閲覧数:
  • 76今日の訪問者数:
  • 122昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー