福島県郡山市のオンライン家庭教師

福島県専門の高校受験・大学受験オンライン家庭教師です。完全1対1個別指導のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【中学高校英語】英語長文読解リスニング トレーニング教材75 When will Ukraine join NATO?(ウクライナはいつNATOに加盟するのか?)

time 2023/07/18

【中学高校英語】英語長文読解リスニング トレーニング教材75 When will Ukraine join NATO?(ウクライナはいつNATOに加盟するのか?)


amazon LINK
楽天市場



読解・リスニング練習用の本文は「News in Levels」からの引用です

The text for reading and listening practice is taken from News in Levels

NATO、ウクライナ加盟へ3要素構成のパッケージ合意 – 旅行業界・航空業界 最新情報 − 航空新聞社

目次

高校受験用・中学レベル

※音読トレーニングの方法は記事後半で解説しています。

native音声(出典元へのリンク)

News in Levels “When will Ukraine join NATO? – level 1”

スクリプト

When will Ukraine join NATO? – level 1

NATO will ask Ukraine to join the alliance. But only if everyone agrees. Also, Ukraine must do certain things.

Secretary General Jens Stoltenberg says this at a meeting in Vilnius, Lithuania. Ukrainian President Volodymyr Zelenskiy is not happy. He says that NATO does not give a time for joining. He cannot believe it.

Stoltenberg says that NATO supports Ukraine strongly. Other countries which join NATO before also do not have time. But they must meet some conditions. Ukraine will join when it meets the conditions. And when all member countries agree with it.

和訳

ウクライナはいつNATOに加盟するのか?- レベル1

NATOはウクライナに同盟への参加を要請するだろう。ただし、全員が同意した場合に限る。また、ウクライナはあることをしなければならない。

イェンス・ストルテンベルグ事務総長は、リトアニアのヴィリニュスでの会合でこのように述べた。ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は満足していない。彼は、NATOは加盟の時期を提示していないと言う。彼はそれを信じることができない。

ストルテンベルグ大統領は、NATOはウクライナを強く支持していると言う。以前にNATOに加盟した他の国々にも時間はない。しかし、いくつかの条件を満たさなければならない。ウクライナはその条件を満たしたときに加盟する。そして、すべての加盟国がそれに同意したときだ

 

大学受験用・高校レベル

native音声(出典元へのリンク)

News in Levels “When will Ukraine join NATO? – level 3”

スクリプト

When will Ukraine join NATO? – level 3

NATO Secretary General Jens Stoltenberg announced that Ukraine will be invited to join the military alliance once certain conditions are met(満たす) and all members agree.

This statement aligns(一致する) with the language(文言) used in a communique(公式声明) issued by NATO leaders at a summit in Vilnius, Lithuania. Ukrainian President Volodymyr Zelenskiy expressed the expectation(期待) that NATO leaders would provide a timeframe(時間枠) for membership, considering it’d be absurd(不条理だ) not to.

Stoltenberg responded to Zelenskiy’s criticism by emphasizing(強調) the strong message of support and the path(道筋) toward membership that NATO is conveying(伝える). He mentioned(言及する) that previous(これまでの) accessions(加盟) to the alliance didn’t have specific timelines but were based on conditions.

和訳

ウクライナはいつNATOに加盟するのか?- レベル3
NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、一定の条件が満たされ、すべての加盟国が同意すれば、ウクライナを軍事同盟に招待すると発表した。
この声明は、リトアニアのヴィリニュスで開催されたNATO首脳会議で発表されたコミュニケの文言と一致している。ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、NATO首脳が加盟の期限を提示することなされないことが不条理であることを考えれば、NATO首脳がウクライナの加盟の期限を提示することを期待すると表明した。
ストルテンベルグ氏はゼレンスキー氏の批判に対し、NATOが伝えている強い支持のメッセージと加盟への道筋を強調した。ストルテンベルグ氏は、これまでの加盟には具体的な期限はなく、条件に基づいていたことに言及した。

単語・イディオム

align
他動
〔~を〕一直線[平行]にする[並べる]
〔部品などを〕調整する、調節する
〔大義や方針で~を〕同じ立場に置く、提携させる
自動
整列する、一直線になる、一列に並ぶ
・Because of tilt, one card stack side aligns against sidewall. : カードスタックは傾斜しているスタッカーの側壁に当たって側面がそろえられる。
〔部品などが〕調整されている
〔大義や方針で〕同じ立場で考える、提携する
レベル11、発音əláin、カナ:アライン、変化《動》aligns | aligning | aligned、分節a・lign

communique

〈フランス語〉公式(の)報告[発表・声明]
レベル11、発音kəmjùːnikéi、カナ:コミュニケ、変化《複》communiques、分節com・mu・ni・que

expectation

予想、期待、切望、待望
・I don’t think I can meet your expectations. : 期待に応えられないかも。
予想[期待]されるもの
〔遺産相続などの〕見込み◆通例、expectations
《数学》〔確率変数の〕期待値
レベル4、発音èkspektéiʃən、カナ:エクスペクテーション、エクスペクティション、変化《複》expectations、分節ex・pec・ta・tion

absurd

〔常識・道理などを欠いて〕不条理な、ばかげた、ばかばかしい
・The claim is so absurd. : その主張[要求]は、あまりにばかげている。
・This is absurd! : こんなこと、ばかばかしい!
・They should stop that absurd fighting. : 彼らはあんなばかげた争いをやめるべきです。

《the ~》不条理
《the Absurd》不条理劇◆【同】The Theatre of the Absurd
レベル5、発音[US] əbsə́ːrd | [UK] əbsə́ːd、カナ:アブサード、分節ab・surd

considering

~を考慮すれば、~にしては、~の割には、~を考えれば
接続
~であることを考えれば
レベル5、発音kənsídəriŋ、カナ:コンスィダリング、コンシダリング、分節con・sid・er・ing

emphasize
他動
〔重要性などを〕強調する、力説する
・The doctor emphasized the importance of health. : その医者は健康の重要性を強調しました。
・”Honesty” is emphasized in our corporate culture. : 我が社では「誠実さ」が重要視されています。
・Our boss emphasized the importance of company loyalty. : 私たちの上司は会社への忠誠心の重要性を強調しました。
〔物や特徴などを〕目立たせる、際立たせる
レベル4、発音émfəsàiz、カナ:エンファサイズ、変化《動》emphasizes | emphasizing | emphasized、分節em・pha・size

convey
他動
〔荷物などを〕運ぶ、搬送[運搬]する◆【類】carry ; transport
〔意思・感情・情報などを〕伝達する、伝える、告げる◆【類】communicate
・I have received your card conveying Season’s greetings. : あなた様からの季節[時候の挨拶]のカードを受領[ちょうだい]致しました。
・His messages were conveyed by e-mail to all the employees. : 彼のメッセージは全従業員に電子メールで送られた。
・Your tone of voice conveys a sense of worry. : 君の声のトーンから、不安が伝わってきます。
〔財産・権利を〕譲渡する◆【類】transfer
レベル5、発音kənvéi、カナ:コンヴェイ、変化《動》conveys | conveying | conveyed、分節con・vey

mention
他動
〔話・文書などの中で~に〕触れる[言及する]、〔~について〕述べる、〔~のことを〕話に出す、〔~を〕口にする
・The name of the company should always be mentioned first. : 〔電話に応答するときは〕必ず最初に社名を述べること。◆就業規則
・You should have mentioned that earlier. : そういうことはもっと早く言ってくださいよ。
・She didn’t mention seeing you. : 彼女はあなたに会ったとは言わなかった。
・The report mentions the importance of the work environment. : その報告書は職場環境の重要性について述べています。
《軍事》〔報告書で人の名前を挙げて〕勇気をたたえる、顕彰する

言及、名前を挙げること
・No mention was made of the failure. : その失敗については誰も何も言わなかった。
《軍事》〔報告書での勇気ある行動の〕顕彰
〔一般に功績などの〕顕彰、表彰
《イ》メンション◆ツイッターにおいて、@ユーザー名を含むツイートのこと。◆【参考】Twitter
レベル2、発音ménʃən、カナ:メンション、変化《動》mentions | mentioning | mentioned、分節men・tion

previous

〔時間的に〕前の、以前の、事前の、これまでの
・Our sales last year were less than half those of the previous year. : 昨年の当社の売り上げは前年の半分以下でした。
・The previous owners of this house moved to England. : この家の以前の持ち主はイギリスに引っ越した。
〔順序が〕前の、先の
・Unfortunately, I’ve got a previous appointment. : 残念ながら、先約があります。◆【場面】誘いを断る。
〈話〉性急な、早計な

〈英話〉〔犯罪の〕前歴
レベル3、発音príːviəs、カナ:プリーヴィァス、プリーヴィアス、プレヴィアス、分節pre・vi・ous

accession

接近、到達
〔権利・財産などの〕取得、継承
〔王・大統領などへの〕就任、即位
増加、追加、付加
加入、加盟、登録
〔博物館・美術館などの〕新規収蔵品
レベル12、発音ækséʃən、カナ:アクセッション、変化《複》accessions、分節ac・ces・sion

音読のポイント

  1. 1日1回以上音読するようにしましょう。
  2. スラスラ読めるようになるまで音読しましょう。
  3. 英文の意味を頭の中で逐語訳しながら音読しましょう。
  4. 全ての単語の意味が分かるようになるまで音読しましょう
  5. 「2.~4.」を達成したら次の長文音読に取り掛かりましょう。

リスニングトレーニングの方法

1.聞き読み

「聞き読み」とは、英語の音声を聞きながら、スクリプトを黙読する練習です。この学習方法を実践すれば、英語を語順通りに読み下す習慣が身につきます。英文を日本語に訳しながら聞いているため、音声のスピードでは内容を理解できない場合に有効です。

音声を聴きながらスクリプトを読み、その意味を把握しましょう。「聞き読み」のポイントは、英語の語順に慣れることです。英語の音声にリードしてもらいながら英語を読んでいきましょう。

2.オーバーラッピング

「オーバーラッピング」とは、英語の音声を聞きながら、自分でスクリプトを音読することです。自分で発音してみることで、頭の中で想像している音と実際に耳で聞いた音の違いに気づくことができます。英語の音声についていけない場合は一文ずつ音声を再生し、一時停止して、英語の文章のリズムや音の強弱をよく聞いて、聞こえてくる音を真似して発音してみます。

3.シャドーイング

「シャドーイング」は、英語の音が流れるとそれを真似して発音し、できるだけ早く復唱するというものです。これは、前項の繰り返し(一文ずつ暗唱する)よりも、間髪入れずに聞き取り、話さなければならないので、より厳しいものとなっています。詰め込みすぎや繰り返しと同様、聞き慣れない音が多い方におすすめです。スクリプトを見ないで「シャドーイング」をするのが理想ですが、負担が大きいと感じたら、スクリプトを補助的に見ることもできます。最終的には、スクリプトを見なくても、その文章を真似して暗唱できるようになることを目標にしましょう。

「シャドーイング」のポイントは、抑揚、音の強弱をよく聞いて真似することです。そうすると、重要な単語が力強く、リズミカルに発音されていることが納得でき、聴いたときにその重要なポイントを聞き取ることができます。最初は時間が足りず、ついて行くのに精一杯かもしれませんが、同じパッセージを何度も辿って、正確に言えるようになるまで頑張ってください。

「シャドーイング」の仕上げの段階では、スマートフォンやテープレコーダーで録音するとよいでしょう。録音して客観的に聞くと、自分の発音とお手本となるネイティブスピーカーの発音の違いを明確に認識することができるようになります。面倒くさい、恥ずかしいと思うかもしれませんが、リスニングと同時にスピーキングも鍛えられるので一石二鳥です。

4.ディクテーション

「ディクテーション」とは、音声を聞いて、一つ一つの単語を正確に書き取る学習方法です。この方法は、ある音が聞き取れないが、なぜ聞き取れないのかがわからないという方におすすめです。

「ディクテーション」はリスニング力を高める方法の一つですが、リスニング力だけでなく、ライティング力を強化することもできます。単語は聞こえても、スペルがわからないところがあるかもしれません。正しいスペルをチェックして、文章力をアップさせましょう。


うちの子の成績が全然上がらない…そんなお悩みをお持ちではありませんか?間違った勉強法を続けていては成績は上がりません。正しい勉強法に変えるだけで成績は面白いほど伸びていきます。勉強ができないのは、頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。間違った勉強法で勉強をしてしまってるだけなのです。実際に正しい勉強法に変えてくれた生徒たちは、定期テストや実力テスト、新教研もぎテストの点数がアップしています。

正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新し続けてみませんか?

駿英家庭教師学院専任講師による授業で成績アップ!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師の御用命は駿英家庭教師学院へ

大学受験おすすめ教材

英語の勉強法

数学の勉強法

国語の勉強法

理科の勉強法

社会の勉強法

 




 

TOPへもどる

Count per Day

  • 862817総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
  • 784昨日の閲覧数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 313昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー