福島県郡山市のオンライン家庭教師

福島県専門の高校受験・大学受験オンライン家庭教師です。完全1対1個別指導のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【英文法93】代名詞 mostとalmostの違い

time 2024/01/05

【英文法93】代名詞 mostとalmostの違い

目次

品詞の観点から見た違い

mostやalmostの使いかたは3つのポイントから考えることができます。まずは品詞の観点から考えてみましょう。

 

形容詞の用法

one、some、many、most、allなどは形容詞と代名詞の用法があります。形容詞の用法は名詞を修飾するので、形容詞と名詞・代名詞は相性が良いです。

many boysのmanyは形容詞です。

 

代名詞の用法

「代名詞+of」の形でよく使われます。 many of the boys「その少年たちの中の多くの少年」では、「many」は代名詞です。manyが変化したmostも同じです。

 

almostは副詞

almostは副詞なので。名詞を修飾しませんし、代名詞用法もありません。他にもeveryにも代名詞用はありません。

almostはall、everythingなどなら修飾することができます。 almost all boysのallは形容詞なのでalmostで修飾できます。元が形容詞の代名詞ならalmostでも修飾することができます。 Almost all of the boysのallは代名詞ですが、修飾OKです。allはもともとが形容詞なので。almostと相性が良いと言えます。また、一部に形容詞を残す単語ならOKです。everything、everyonoeは、everyの部分が形容詞なので修飾OKです。 almost every one、almost everyoneなどの用法があります。

 

ofの有無について

A of Bで「 Bの中のA」という意味になる時、部分集合と全体集合の関係になります。例えばone of the boys、some of the boys、many of the boys、most of the boysの中でof前の単語が部分集合を後ろの単語が全体集合を表します。

all of the boysは「部分集合=全体集合」となります。「A of B」が「A=B」になり、ofが=の役割になっています。この時のofは省略可能です。 All of the boysはall the boysと表わしても構いませんし、all of my parents はall my parentsと表すこともできます。これに対して。most of the boysはofを省略することができません。 All of themのofも省略することはできません。前後が「=」にならないofは省略ができないというのが原則です。ただし。 2倍と1/2倍になっている時だけofが省略できます。 half of the priceはhalf  the price、twice of the priceはtwice  the priceで表すことができます。twiceやdoubleに至ってはofが省略された形が普通です。

 

ofの後ろには特定名詞がくる

「A of B」の形で、部分のofの後ろには特定名詞がきます。特定名詞の三つのパターンは以下の通りです。

  • theがつく one of the boys
  • 所収穫がつく one of my friend
  • 代名詞がくる one of them

部分のofの後に特定名詞が来るというルールです。「部分 of 全体集合」の形で部分を語るには、全体を特定しておく必要があります。いきなり「大半は~」と言われても、「何の大半なのか」がわからないので。全体集合を特定化する必要があるわけです。

 


正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。

マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師・マンツーマン個別指導の御用命は駿英家庭教師学院へ

 

 

TOPへもどる

 

Count per Day

  • 824035総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:
  • 365昨日の閲覧数:
  • 31今日の訪問者数:
  • 297昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー