夢をかなえる勉強術

中学受験 高校受験 大学受験 勉強法 1対1個別指導 

ピンチに弱い子のメンタルを強くする8つの方法 1

time 2015/10/29

緊張して、テストで思うような結果を残ることができない子には、

「落ち着け」と声をかけるのではなく、「息を吐いてみろ」といってあげましょう。

 

息を吐くだけで、自律神経はコントロールできます。

腹式呼吸は、息を吐くだけでリラックスをすることができます。

大したことではありません。

「緊張したら、息を吐きなさい。」たったこれだけで大丈夫。

腹式呼吸で、おなかを引っ込めながら息を吐いてもらいます。

さらに息を吐くときに、細く長く吐くと効果的。

ストローを咥えて息を吐くイメージで行うといいでしょう。

これを3回ぐらい繰り返すこと。

緊張したときにリラックスする方法を知っている、ということが安心感と大きな自信につながり、ミスも減っていきます。

 

呼吸と自律神経には密接な関係があります。

人間は息を吸うと、自律神経のうちの交感神経が活性化する性質があります。

この交感神経が活性化すると、緊張が高まってしまいます。

一方息を吐いた場合は、自律神経のうちの副交感神経が活性化されます。

この副交感神経が活性化すると、人間はリラックスすることができるようになるのです。

したがって、緊張感が高まった場合は、息を吐くことで副交感神経を優位にするようにすればよいのです。

 

緊張しているときに「落ち着け」と言われても、落ち着けることができるどころか、余計に緊張してしまうのが普通です。

息を吐くと、副交感神経が活性化されて、リラックスできる、という人間の性質をうまく利用しましょう。

down

コメントする

Count per Day

  • 650401総閲覧数:
  • 62今日の閲覧数:
  • 97昨日の閲覧数:
  • 40今日の訪問者数:
  • 74昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

twitter

レンタルサーバー

カテゴリー