福島県郡山市のオンライン家庭教師

福島県専門の高校受験・大学受験オンライン家庭教師です。完全1対1個別指導のプロ講師が学力アップ&志望校合格を徹底的にサポートをいたします。分かりやすい授業と徹底した問題演習で志望校合格を目指しましょう!

【英文法85】代名詞 再帰代名詞

time 2023/12/24

【英文法85】代名詞 再帰代名詞

目次

–self型代名詞の用法

myselfのような代名詞を再帰代名詞と呼びます。自分が取った行動が再び自分に返ってくるイメージです。

以下、具体的な用法です。

 

動詞・前置詞の目的語となる

The singer killed himself.
そのかしゅはむずから命を絶った

主語と目的語は同じ時は必ず再帰代名詞を使います。The singerとhimselfは同一人物です。The singer killed himであれば他殺になります。

 

強調する(文の要素として不要。)

He files his taxes himself, rather than paying an accoumtant to do it for him.
彼は税理士に税金を払うのではなく、自分で申告している。

この文はSVO(He files his taxes)で文が完結するので、himselfはなくても大丈夫です。あえて入れることで「他の人ではなく、自分自身で」という部分が強調されるわけです。

 

–self型代名詞を使った熟語

enjoyは直後に目的語(-ing/名詞/oneself)置いて使います。単に楽しんだと言いたいときは、「I enjoy myself」をつかいます。ちなみに、海外のレストランでは店員が食事を出した後、「Enjoy!」といいますが、このような決まった表現以外では必ず目的語おくようにしてください。enjoy oneselfのような–self型代名詞を使った熟語をチェックしてみましょう。

–self型代名詞を使った慣用表現

1.動詞+oneself

enjoy oneself /楽しむ

seat oneself/座る

behave oneself/行儀よくする

take care of oneself/自分をいたわる

excuse oneself/セルフ退出する

 

2.動詞 oneself 前置詞

help oneself ~/~を自由に飲食する・使う

devote oneself to~・dedicate oneself to~/~に専念する

 

3.make O C「OをCの状態にする」を使ったもの

make oneself at home/くつろぐ

make oneself understood/自分の考えが通じる

make oneself heard/自分の声が届く

 

4.その他

say to oneself/独り言を言う

keep to oneself/~を言わないでおく

 

5.前置詞+oneself

by oneself/一人で・自力で

for oneself/自分のために・自力で

in itself/それ自体では

beside oneself/我忘れて

in spire of oneself/思わず。

 

oneselfが省略されるときもある

behave oneselfはbehaveだけでもOKです。この傾向を知っていると、She drive herself to the airport.「彼女は空港まで車で行った」という文、もともとはこの形で、そこから oneselfが省略されてdrive to(She drove to the airport.)が生まれたんだなと推測できます。辞書によっては、oneselfの省略と書かれています。 enjoy oneselfのように省略できないものも多いので、勝手に省略はしないようにしましょう。

 


正しい勉強法を知り、実践すれば成績アップは簡単です。

マンツーマンの個別指導で自己ベストを更新!

大切なお子様の学習指導は、駿英家庭教師学院にお任せください

  • 小中一貫校の中学校受験
  • 中学生の高校受験対策
  • 高校生の大学受験対策
  • 高校生の看護学校受験対策 など

経験豊富な講師陣がお子様の夢の実現をお手伝いいたします

お問い合わせはこちら↓まで

家庭教師・マンツーマン個別指導の御用命は駿英家庭教師学院へ

 

 

TOPへもどる

Count per Day

  • 824029総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 365昨日の閲覧数:
  • 25今日の訪問者数:
  • 297昨日の訪問者数:
  • 2014年1月1日カウント開始日:

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー